心のアンテナが敏感なあなたへ贈る

扁桃体をいたわる言葉

 

2019年10月

 


 

夕焼け空の画像その10

2019年10月15日
 
我慢していると「平気なんだ」と勘違いされてしまう。
大げさに苦しんで見せると、そのまま「大げさだな」と思われてしまう。
他の方法を考えましょう。
 


2019年10月14日
 
我慢することや
周囲に合わせることよりも
バランスを取ることに
力を注いでみる。
 


2019年10月13日
 
今の世の中、
儲けなくても
充分に生活できる。
 


2019年10月12日
 
人生は虚しい。
そう、あなたは決して間違ってはいない。
 


2019年10月11日
 
あなたが家族にやられていたことを、あなたは「普通」だと思っていた。
だから当たり前のように外でやったら嫌われた。
不条理だよね。
 


2019年10月10日
 
自分だけが悪いわけではない。
ましてや相手だけが悪いわけではない。
ただ「世界」がそのようにできているだけ。
 


2019年10月9日
 
悔しい。
見返したい。
認めさせたい。
それが透けて見えるから
誰も協力してくれないのかもしれません。
 


2019年10月8日
 
もうこれしかないのだな。
そう諦めきれるところまで
とことんやってみる。
 


2019年10月7日
 
悲しみや恐怖だけじゃない。
怒りや恨みも心の傷になる。
 


2019年10月6日
 
照らすものがなければ
光は光と呼ばれなかっただろう。
 


2019年10月5日
 
どうしてみんな、私の嫌がることばかりするのだろう。
なのになぜ、私ばかり責められるのだろう。
 


2019年10月4日
 
自分が間違っている可能性を
微塵も検討せずに相手を注意する人。
もっとも甘えている人。
 


2019年10月3日
 
「こんどこそ大丈夫!」
それでもやっぱり調子は落ちるもの。
慎重にいきましょう。
 


2019年10月2日
 
調子がいいときに合わせて
環境を整えてしまうと、
調子が悪くなったときに
耐えがたいほどしんどくなる。
 


2019年10月1日
 
調子には波がある。
その波が大きい人も小さい人もいる。
 

<扁桃体をいたわる言葉>

Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)