心のアンテナが敏感なあなたへ贈る

扁桃体をいたわる言葉

 

2016年11月

 


 

 
扁桃体をいたわる画像

2016年11月30日
 
あの人に認められるために
生きてるわけじゃない。
 


2016年11月29日
 
まずは足元を固める。
飛び上がるのはそれからでいい。
 


2016年11月28日
 
『親心』と『親の役割』は、
まったく違うものです。
混同されたら子供はたまりません。
 


2016年11月27日
 
謙虚とか控えめなんて必要ない。
『分相応』にしていればいいだけです。
 


2016年11月26日
 
あなたがそうして
生き抜いてきた事実。
今そこに生きている事実。
そのことにこそ自信を持つべき。
 


2016年11月25日
 
不幸そのものの苦しみよりも、
不幸に共感してもらえない苦しみの方が大きい。
そしてそれを抱えながら社会の中で生きること。
これこそが本当に苦しい。
 


2016年11月24日
 
見た夢のどこかに、
心の思いが隠されているわけではありません。
心の思いが積み木のように組み合わさって夢になる。
夢は『心の思い100%』で出来ているのです。
 


2016年11月23日
 
まずは行動、そして出会い。
それが運命だと気づくのは、
ずっとずっとあとでいい。
 


2016年11月22日
 
自分で決めたと思っていても。
決めさせられたと心の奥では感じている。
だから人のせいにして、
いつまでも同じことをくり返す。
 


2016年11月21日
 
いやいや従うときも、
いやいや従うことを
『自分で選ぶ』という自覚が大切。
 


2016年11月20日
 
調子が悪いときは、
『探しもの』をやめてみましょう。
 


2016年11月19日
 
義務よりは欲しいを、
欲しいよりは必要を優先してみる。
 


2016年11月18日
 
何かを成さねば、成さねば…。
はからいが多過ぎて疲れていませんか?
 


2016年11月17日
 
どんなに短い時間でも、
穏やかに心をこめて
一緒にいられたら、
それだけで相手はきっと幸せだろう。
 


2016年11月16日
 
予想外の結果になるから、
人生は面白い。
 


2016年11月15日
 
答はない。だから、
『自分なりの答』
を出して進んでいこう。
 


2016年11月14日
 
人生の『使命』とは、
カッコ良く表現するならば、
「このために生まれてきたのだ!」
と思えるほどの確固たる自信であり、
正直に表現するならば、
「この生き方しか残されていない」
という諦めである。
 


2016年11月13日
 
質素な暮らしを自慢している
年配諸氏のありがたいお言葉は聞き流そう。
育った時代も欲の大きさも、
あなたとはまったくもって違うのだから。
 


2016年11月12日
 
できないことを、
やろうとしていませんか?
 


2016年11月11日
 
「逃げるな」という人は、
逃げる勇気がないから道連れが欲しいだけ。
「俺は逃げなかった」という人は、
逃げた自覚がないだけです。
 


2016年11月10日
 
時計も見ずに、
眼鏡もコンタクトもはずして、
ボンヤリと生活してみましょう。
 


2016年11月9日
 
お金を増やそうとするより、
助け合える人を一人見つける方が
結局は幸せへの近道なのかもしれませんね。
 


2016年11月8日
 
偽物時間で生きることは、
砂漠に水をまくようなもの。
延々とつづき終わりはない。
 
本物時間で生きることは、
樹木に水をまくようなもの。
濃密な充実と成長をもたらす。
 


2016年11月7日
 
仕事中、ツラくなったら、
20分間呼吸を意識しながら仕事をする。
そんな余裕もない職場は、
人間のいる場所ではないのかもしれません。
 


2016年11月6日
 
人もなく、
荒涼とした月で死にたい。
 


2016年11月5日
 
お金のために時間があるのではありません。
時間のためにお金があるんですよ。
 


2016年11月4日
 
この世界には、
真剣に向き合う価値のないものが、
山ほどあります。
 


2016年11月3日
 
負けっぱなしでいい。
勝ちっぱなしよりずっといい。
 


2016年11月2日
 
休みどころで頑張って、
頑張りどころで休んでいませんか?
 


2016年11月1日
 
逃げる。とことん逃げる。
一旦安全になってから考える。
 

<扁桃体をいたわる言葉>

Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ