心のアンテナが敏感なあなたへ贈る

扁桃体をいたわる言葉

 

2017年2月

 


 


2017年2月28日
 
怒るか怒らないかは、
あなたには決められない。
体が決めること。
ただその怒りを
相手に表現するかどうかは
あなたが決めること。
 


2017年2月27日
 
「どっちにするのかハッキリ決めろ!」
誰もがそんな簡単に割り切れるなら、
カレーうどんは生まれなかったのだよ。
 


2017年2月26日
 
「絶不調!」
声に出して言ってみましょう。
そうでもしないと、
あなたは休もうとしないから。
 


2017年2月25日
 
素早い動きは焦りを生み、
ゆっくりとした動きは落ち着きを生む。
 


2017年2月24日
 
ああ、もう、
この地球から出ていきたい。
そんなときもあるよね。
 


2017年2月23日
 
大丈夫。
そんな必死になって
適応しなければならないほど
立派な社会じゃないですよ。
 


2017年2月22日
 
ときには視野をせまくしよう。
余計なことが目に入らないように。
 


2017年2月21日
 
自我と自己を見分ける。
 


2017年2月20日
 
あなたの症状だけではなく、
心を見てくれる人に相談しなさい。
 


2017年2月19日
 
「目先の対処」と「原因への対処」。
両方そろってはじめて
生きづらさから脱け出せるのです。
 


2017年2月18日
 
軽くのけぞりながら
ゆっくりと鼻呼吸。
ほんの少しずつ
心が透きとおっていく。
 


2017年2月17日
 
いかに人と関わらずに
生きていけるか。
そこにこそ本気になり
努力と才能を注ぎこむ人生も悪くない。
 


2017年2月16日
 
『いい人』なんて
目指さなくていい。
誰もが、生きている限り
他の生命を喰らいつづける
残酷な勝者なのだから。
『いい人』なんていないのだから。
 


2017年2月15日
 
たとえ
嫌われ者になったとしても、
孤独という居場所があれば、
安らかに生きていける。
 


2017年2月14日
 
虐待を受けた経験を持つ人、
親の過干渉に苦しんだ人、
そんな人が子育てするとき、
もっとも大切なことは、
一歩下がるということ。
愛という名に化けた
親のエゴを押しつけて、
我が子の成長の邪魔だけはしないこと。
 


2017年2月13日
 
わかり合える人とだけ、
付き合っていけばいい。
 


2017年2月12日
 
科学者による心の健康法は、
現実味のとぼしいものも多い。
それは、苦しんでいる人の
生の声に触れた経験が少なく、
実験結果というより所しかないから。
だからあなたに効果がなくても、
気にする必要はありません。
真に受けるかどうかは、
あなたが決めていいのです。
 


2017年2月11日
 
オギャーと生まれる。
そこから死にはじめる。
一秒も無駄にはできない。
 


2017年2月10日
 
無理して
人と接さなくてもいいんですよ。
それでも生きていける時代に
せっかく生まれたのだから。
 


2017年2月9日
 
心が強く、
あまりクヨクヨ悩んだことがなく、
どこでもグッスリ寝てしまう人に、
激励とかされると腹が立つよね。
 


2017年2月8日
 
「それくらいで弱音を吐いて!」
どうしてあなたにとっての
「それくらい」を
他人に決めることができるのでしょう?
 


2017年2月7日
 
今逃げないで、
いつ逃げるんですか?
 


2017年2月6日
 
バランスの取れた食事を、
毎回は目指さない。
食べるのが好きな人や、
料理が好きな人以外は、
逆に疲れちゃいますから。
 


2017年2月5日
 
朝は脳がネガティブな状態。
朝の自分に惑わされない。
 


2017年2月4日
 
あなたには、
あなたがいてくれるじゃないですか。
 


2017年2月3日
 
他人に興味が持てないのなら
自分の話を
徹底的に聴いてあげましょう。
 


2017年2月2日
 
臆病なままでいい。
臆病な人生を、
大切に育てていけばいい。
 


2017年2月1日
 
『私の不幸自慢』に明け暮れて
一生を終えたいと思いますか?
 

<扁桃体をいたわる言葉>

Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ