TOP | 生きづらさ体験談 | ギャラクシー | グルグル思考にハマるのは「理解してもらいたい」から


更新日:2021年2月8日

グルグル思考にハマるのは「理解してもらいたい」から

 

グルグル思考にハマるのは「理解してもらいたい」から

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらさ体験談

文:ギャラクシー

 

第15回
グルグル思考にハマるのは「理解してもらいたい」から

 

┃理解してもらいたいから、イメージが浮かぶ

 
つらい記憶などのイメージが浮かんでくる理由のひとつに、
 
理解してもらいたい
 
という思いがあるのかもしれません。
 
過去のつらい記憶。
 
未来への不安。
 
さらに最悪の展開になるのではないかという、グルグル思考。
 
グルグル思考を他人に否定されるイメージ。
 
それらを打ち消すには、怒りのマグマを強く持つしかなかったのです。
 
そんな苦しみを誰かに理解してもらいたい。
 
どんな言葉でイメージすればわかってもらえるのか。どんな臨場感のある場面を伝えればわかってもらえるのか。
 
わかってもらいたい、助けてもらいたいという思いがあるからこそ、イメージは膨らんでいきます。
 
この苦しみを誰かに理解してもらうにはどうすればいいのか。それを考えるため、
 
さらにグルグル思考のループに飛び込むのですが、
 
最後はいつも苦しいイメージにコテンパンにやられてしまい、
 
毎日不快な思いをして過ごすことになってしまうのでした。
 
だから、記憶のイメージをつなげないようにしたほうがいいと考えました。
 
つまり、浮かんでくるイメージと距離をとり、記憶の引き出しに入れないようにするということです。
 
 

┃記憶しないようにする

 
あなたは、友達がデートをしている場面を見てしまった時など、
 
「見なかったことにしよう」
 
と思って、記憶に留めない努力をしようとした経験はありませんか?
 
本当はそんなこと自体を覚えていないのが普通なのかもしれませんが、
 
複雑な悩みを抱えたあなたならば、そんな場面が1つ2つ思い当たるのかもしれませんね。
 
わたしは、つらいイメージが浮かんだ時も、
 
「これは見なかったことにしよう」
「来るな!」「あっちへ行け!」
 
と思って、記憶のイメージをつなげないようにすることにしました。
 
何度も思い出して記憶として強化する必要はどこにも無いのです。
 
 

┃「自分には関係ない」と言ってみる

 
家庭や職場や学校でつらい思いをしている人がいる。
 
そんな記事を頻繁に目にします。
 
決して他人事ではないのはその通りですが、
 
だからといって、「自分のこととして立ち向かわなければいけない」といつも思っていては、
 
記事に書かれていることの当事者になったような気持ちに襲われてしまいます。
 
そしてまた激しいイメージが膨らみ、あなた自身の苦しみとなってしまうでしょう。
 
だから「俺には関係ない」と唱えるくらいでちょうどいいのではないでしょうか。
 
あなたは心の底から「関係ないね」と言えるような人ではないのだと思います。
 
だからせめて、口だけでも「関係ないね」と唱えて、
 
必要以上に苦しみを背負わないようにしたいものです。
 
 

┃どうせ理解されないのだと思い知る

 
あなたが悩んでいることを打ち明けたとき。
 
「みんなそうだよ」「気にしないほうがいいよ」
 
まったく伝わった気がしない。
 
自分の悩みの土俵に上がってもらえた気がしない。
 
わたしも、理解してもらえないのだなと何度も思い知りました。
 
だから、グルグル思考を膨らませる時は、
 
聞き手にこの苦しみをどんな言葉で伝えようかという方向にだんだんとなっていきますよね。
 
そんなあなたには、
 
グルグル思考の最後に、「どうせこんなこと言ってもわからないんだろうな」「だから言わないほうがいいな」という締めをつける方法をオススメします。
 
誰かに理解してもらいたいという思いは、イメージを膨らませる力になります。
 
その力は、「どうせ理解されないのだから、理解してもらわない」とイメージすることに使うこともできるのです。
 
理解してもらいたい気持ちを、こうして最後には手離すことで、
 
つらいイメージはあなたから離れていきます。
 
 

┃自分で自分をわかってあげる

 
浮かんできたイメージに対して、売り言葉に買い言葉で真正面から飛び込むのではなく、
 
「あっち行け!」「俺には関係ない」「どうせわかってもらえない」と、
 
記憶の引き出しに入れない努力をすること。
 
これはコントロールすることではなく、
 
「立ち向かわなければならない」という考えから離れ、
 
不快になりたくないという自分自身の思いに居場所をつくること。
 
こうして自分の思考と距離をとることで、
 
メタ視点で考えることもできるようになっていき、
 
自分で自分のことをわかってあげられるのだと思います。
 
文:ギャラクシー
 
LinkIconギャラクシーのプロフィールはコチラ
 

関連するコラム

誰もわかってくれない
自分を最強の味方にする方法
もう傷つきたくないなら
生きづらい原因への対処法
 

 

おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。