生きづらい人生に悩むあなたへ

 

頑張っている画像

 

心地よい人生の便り2

 
<98通目>

完璧主義をやめたい

 
こんにちは。
Brain with Soulの信夫です。
 
あなたは、
なんでもキッチリやろうとする方ですか?
 
いわゆる完璧主義
 
今日は、
その完璧主義をやめる練習法
ご紹介しますね。
 
ちなみに。
 
生きづらさを抱えている人ほど、
 
『明確な基準』
 
に合わせて、
キッチリ完璧に行動しようとするもの。
 
「なんとなく」とか、
「だいたい」とか、
感覚的に動くのがとても苦手です。
 
もちろん、
それが堅実さや誠実さという
良い面としても表れますよね。
 
しかし、年がら年中、
基準に合わせて、
キッチリやろうとし過ぎると。
 
完璧主義で融通がきかなくなり、
息がつまる日々をおくることになります。
 
それは日常の、
ささいな行動にもあらわれます。
 
例えば、
本を読むとき。
 
この章を全部読んだら寝よう、
と決めたら。
 
もう眠くてしかたないのに、
『この章』に合わせて、
眠気と闘いながら読み続けてしまう。
 
例えば、
かぐら呼吸法に取り組むときも。
 
吐くのを10秒、
吸うのを5秒と設定すると。
 
自分の息苦しさよりも、
『10秒』の方に合わせて、
次第に酸欠になってしまう。
 
自分の感覚よりも、
基準の方に合わせて行動してしまうのです。
 
逆に、そういう人は、
基準がキッチリ決まっていないと、
行動をとることが苦手です。
 
例えば、
筋トレをはじめてみようと思ったとき。
 
本を買ってきたものの、
 
何回ずつやればいいのか、
次のターンまで何秒あければいいのか、
何時にやればいいのか、
 
細かい基準ばかりが気になってしまう。
 
例えば、
仕事に取り組んでいるとき。
 
11時までに今の作業を終わらせて、
次の作業に取りかかろうと決めたのに。
 
時間までにその作業が終わらないと、
軽くパニックになってしまう。
やる気をなくしてしまう。
 
明確な基準がないまま、
「なんとなく」「だいたい」で
行動するのがとても苦手なのです。
 
だからいつも、
心も体もキッチリ完璧にやろうとして、
こわばって力んでいる。
 
もしあなたが、
こんな完璧主義の傾向があって、
それをやめたいと思っているのなら。
 
2日間でかまいません。
 
『はからない』練習をしてみましょう。
 
時間も、
回数も、
個数も、
量も、
重さも、
距離も、はからない。
 
とにかく基準になるものを
確認しないようにするのです。
 
そして、
 
『自分の感覚』
 
で「だいたい」「なんとなく」動いてみるのです。
 
カップ麺にお湯を注いでも、
時間をはからない。
 
服を買う時も、
サイズを確認しない。
 
はからずに、
自分の感覚で行動してみましょう。
 
呼吸法も、
秒数を数えない。
 
本を読んでも、
章を気にしない。
 
筋トレも、
回数や時間を意識しない。
 
仕事中に時間が気になっても、
時計を見ない。
 
こうして、
「なんとなく」「だいたい」という
自分の感覚を身につけていくのです。
 
ただこれだと、
社会生活が送れないときもあります。
 
だから無理しない範囲でかまいません。
 
そしてまずは2日間でOK。
 
次第に期間をのばして、
自分の感覚を研ぎ澄ましていきましょう。
 
ストレスにならない程度まで、
慣れてきたら。
 
時計や定規、カレンダーなど、
基準になるものを、
押し入れや引き出しなど、
目につかない場所にしまっていきましょう。
 
完璧を目指しているということは、
知らず知らずのうちに、
 
『明確な基準』
 
を設定しているということ。
 
その基準自体を、
持たないようにすることは、
なかなか難しいことです。
 
だから。
 
『はからない』ことによって、
その基準を、自分の感覚で
「だいたい」「何となく」決めていく練習をする。
 
こうすることで、
キッチリやろうとする
完璧主義をやめられるようになっていきます。
 
これは、三理一体の法則の、
環境快適化の一つです。
 
ぜひ取り組んでみてくださいね。
 
もちろん、
薬の量など命にかかわるようなことは、
ちゃんとはかりましょう。
 
それでは今日もあなたに、
心地よい人生が訪れますように。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ
 


心地よい人生の便り2 <目次>

 
61.自分の使命を見つけたい
62.なぜこれが自分の使命だと思えるのか?
63.苦しみを無くす方法
64.生きていたくない
65.人付き合いがわずらわしい
66.人付き合いをしなくて済む条件
67.生きづらい、生きにくい
68.激しい感情の処理方法
69.なかなか行動にうつせない
70.心と体はつながっている
71.自分を変えるのに必要な期間
72.自分を変える2つの方法
73.理解してもらえない
74.人が怖い
75.自分の弱さが恥ずかしい…
76.長所が見つからない
77.悩んでばかりで嫌になる
78.生きづらさから脱け出すために
79.張り合わない
80.孤独ゆえの幸せ
81.お金より大切なもの
82.職場にいるのがツラい
83.生き方ハラスメント
84.アダルトチルドレンが母の愛を求めてしまう本当の理由
85.悩み解決本との上手な付き合い方
86.すべて運命で決まっているのか?
87.自分は何をやってもダメだと思ったら
88.自信を持つには?
89.同じ悩みでつまずいてしまう
90.感情にふり回されて自信が持てない
91.自分の受け入れ方
92.生きる意味、自分の使命が見つからない
93.頑張ることは良いことか?
94.人を信用できない
95.自分を信じるには?
96.健康法を継続するコツ
97.呼吸を整える本当の理由
98.完璧主義をやめたい
99.人にどう見られているか気になる
100.力んでしまう
101.全身を脱力する方法
102.肩の力を抜く方法
103.生きづらい時、何をすればいいのか?
104.予定どおりに行動できない
105.情けないぞ人類
106.最後に頼りになるのは?
107.自分の受け入れ方 <実践編>
108.なぜ自分で決められないのか?
109.自分で決められるようになるコツ
110.人から拒絶されるのが怖い
111.それでもやっぱり決められないあなたへ
112.ポジティブに考えられない
113.ストレス処理のうまい人
114.上手な逃げ場のつくり方
115.人に利用されてしまう
116.人に利用されないコツ
117.『心の弱さ』と『心の闇』の違い
118.引き合う闇…、共依存を防ぐために
119.見栄を張ってしまう
120.最後にどうしても伝えたいこと(最終回)
 
 
LinkIcon1~60の目次はコチラ