生きづらい人生に悩むあなたへ

 

ストレス処理のうまい人の画像

 

心地よい人生の便り2

 
<113通目>

ストレス処理のうまい人

 
こんにちは。
Brain with Soulの信夫です。
 
世の中には、
ストレス処理のうまい人と、
ストレス処理の下手な人がいますよね。
 
あなたは、
どちらでしょうか?
 
ストレス処理のうまい人は、
あるものをたくさん持っています。
 
そのあるものとは?
 
それは、
 
 
『逃げ場』
 
 
です。
 
家族、恩師、
学生時代からの友人、
気の許せる同僚、
飲み友達、
趣味やサークル活動、
学びや地域活動など。
 
嫌なことがあったときに、
気分を晴らす場や、
 
何気なく相談のできる場を
たくさん持っているのです。
 
逆に、
ストレス処理の下手な人は。
 
こういう『逃げ場』を、
ほとんど持っていないことが多いのです。
 
その代わりに、
あるものを持っています。
 
それは、
 
 
『戦場』
 
 
です。
 
ストレス処理の下手な人は、
あらゆる活動の場を、
人と張り合う場にしてしまうのです。
 
なめられたくない、
バカにされたくない、
あっと言わせてやる、
私は理解されていない、
今度こそ成功してみせる…。
 
だからいつも、
ピリピリしてしまう。
 
警戒してしまう。
 
ムキになってしまう。
 
その雰囲気は、
その場にいる人にも伝わり、
そこが『戦場』になってしまうわけです。
 
あなたにも、
思い当たりますでしょうか。
 
でもこれは、
仕方のないことでもあります。
 
今まで、
あなたの生きづらさを理解せず、
あなたの心を適当に扱う場ばかり
経験してきたのですから。
 
無意識に、人と張り合ったり、
警戒したりムキになるのは、
当たり前のことなのです。
 
ただ、現実問題として。
 
『戦場』ばかりでは、
ストレス対処ができませんよね。
 
ストレスが溜まる一方です。
 
だから。
 
上手に『逃げ場』を作っていきましょう。
 
気晴らしが出来たり、
何気なく相談のできる場を、
作っていきましょう。
 
次回は、
その『逃げ場』を上手に作る方法を、
お便りしますね。
 
それでは今日もあなたに、
心地よい人生が訪れますように。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


心地よい人生の便り2 <目次>

 
61.自分の使命を見つけたい
62.なぜこれが自分の使命だと思えるのか?
63.苦しみを無くす方法
64.生きていたくない
65.人付き合いがわずらわしい
66.人付き合いをしなくて済む条件
67.生きづらい、生きにくい
68.激しい感情の処理方法
69.なかなか行動にうつせない
70.心と体はつながっている
71.自分を変えるのに必要な期間
72.自分を変える2つの方法
73.理解してもらえない
74.人が怖い
75.自分の弱さが恥ずかしい…
76.長所が見つからない
77.悩んでばかりで嫌になる
78.生きづらさから脱け出すために
79.張り合わない
80.孤独ゆえの幸せ
81.お金より大切なもの
82.職場にいるのがツラい
83.生き方ハラスメント
84.アダルトチルドレンが母の愛を求めてしまう本当の理由
85.悩み解決本との上手な付き合い方
86.すべて運命で決まっているのか?
87.自分は何をやってもダメだと思ったら
88.自信を持つには?
89.同じ悩みでつまずいてしまう
90.感情にふり回されて自信が持てない
91.自分の受け入れ方
92.生きる意味、自分の使命が見つからない
93.頑張ることは良いことか?
94.人を信用できない
95.自分を信じるには?
96.健康法を継続するコツ
97.呼吸を整える本当の理由
98.完璧主義をやめたい
99.人にどう見られているか気になる
100.力んでしまう
101.全身を脱力する方法
102.肩の力を抜く方法
103.生きづらい時、何をすればいいのか?
104.予定どおりに行動できない
105.情けないぞ人類
106.最後に頼りになるのは?
107.自分の受け入れ方 <実践編>
108.なぜ自分で決められないのか?
109.自分で決められるようになるコツ
110.人から拒絶されるのが怖い
111.それでもやっぱり決められないあなたへ
112.ポジティブに考えられない
113.ストレス処理のうまい人
114.上手な逃げ場のつくり方
115.人に利用されてしまう
116.人に利用されないコツ
117.『心の弱さ』と『心の闇』の違い
118.引き合う闇…、共依存を防ぐために
119.見栄を張ってしまう
120.最後にどうしても伝えたいこと(最終回)
 
LinkIcon1~60の目次はコチラ
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ