生きづらい人生に悩むあなたへ

 

人に利用されてしまう人の画像

 

心地よい人生の便り2

 
<115通目>

人に利用されてしまう

 
こんにちは。
Brain with Soulの信夫です。
 
気がつくと、
自分ばかりが忙しい。
 
人の責任まで、
なぜか自分が背負っている。
 
あなたには、
こんなご経験がありませんか?
 
自分では意識していないけれど、
人からいいように使われてしまう。
 
人に利用されてしまう。
 
アダルトチルドレンや、
生きづらさを抱えた人に、
とても多い状況ですよね。
 
あなたとしては、
良かれと思ってやっていたり、
親切だと思ってやっています。
 
また、
これぞ自分の見せ場だ、
自分が役立てる場面だ、
と意気込んでいる場合もあるでしょう。
 
でも、あなたと同じように
親切心や意気込んでやっている人がいても。
 
なぜかあなただけ、
忙しくなってしまう。
 
あなただけは、
責任を負わされる。
 
これはなぜなのでしょうか?
 
その原因の大きな一つは、
 
打っても響かない人にまで、
何かやってあげているということ。
 
砂漠に水をまくように、
あなたの親切心や意気込みを、
吸い取り続ける人にまで、
やってあげているということです。
 
打っても響かない人は、
あなたが何かしてあげると。
 
“それをいいことに”、
何度も同じことを要求してきます。
 
だから。
 
人に利用されないためには、
 
 
『打てば響く人にやる』
 
 
ということが重要です。
 
その見極めが大切なんです。
 
あなたのしてあげたことに、
ちゃんと感謝してくれる人。
 
これ以上迷惑かけないようにと、
真摯に対応してくれる人。
 
そういう人にだけ、
きちんとやってあげればいいのです。
 
ただし…、
 
 
そんな人は、ほとんどいません。
 
 
残念ですが、
それが現実です。
 
だから、
人に利用されないようにするには。
 
まずは、あなた自身が、
やり過ぎないように、
慎重に行動していきましょう。
 
次回は、そのための、
人に利用されないコツを
お便りしますね。
 
それでは今日もあなたに、
心地よい人生が訪れますように。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ
 


心地よい人生の便り2 <目次>

 
61.自分の使命を見つけたい
62.なぜこれが自分の使命だと思えるのか?
63.苦しみを無くす方法
64.生きていたくない
65.人付き合いがわずらわしい
66.人付き合いをしなくて済む条件
67.生きづらい、生きにくい
68.激しい感情の処理方法
69.なかなか行動にうつせない
70.心と体はつながっている
71.自分を変えるのに必要な期間
72.自分を変える2つの方法
73.理解してもらえない
74.人が怖い
75.自分の弱さが恥ずかしい…
76.長所が見つからない
77.悩んでばかりで嫌になる
78.生きづらさから脱け出すために
79.張り合わない
80.孤独ゆえの幸せ
81.お金より大切なもの
82.職場にいるのがツラい
83.生き方ハラスメント
84.アダルトチルドレンが母の愛を求めてしまう本当の理由
85.悩み解決本との上手な付き合い方
86.すべて運命で決まっているのか?
87.自分は何をやってもダメだと思ったら
88.自信を持つには?
89.同じ悩みでつまずいてしまう
90.感情にふり回されて自信が持てない
91.自分の受け入れ方
92.生きる意味、自分の使命が見つからない
93.頑張ることは良いことか?
94.人を信用できない
95.自分を信じるには?
96.健康法を継続するコツ
97.呼吸を整える本当の理由
98.完璧主義をやめたい
99.人にどう見られているか気になる
100.力んでしまう
101.全身を脱力する方法
102.肩の力を抜く方法
103.生きづらい時、何をすればいいのか?
104.予定どおりに行動できない
105.情けないぞ人類
106.最後に頼りになるのは?
107.自分の受け入れ方 <実践編>
108.なぜ自分で決められないのか?
109.自分で決められるようになるコツ
110.人から拒絶されるのが怖い
111.それでもやっぱり決められないあなたへ
112.ポジティブに考えられない
113.ストレス処理のうまい人
114.上手な逃げ場のつくり方
115.人に利用されてしまう
116.人に利用されないコツ
117.『心の弱さ』と『心の闇』の違い
118.引き合う闇…、共依存を防ぐために
119.見栄を張ってしまう
120.最後にどうしても伝えたいこと(最終回)
 
 
LinkIcon1~60の目次はコチラ