「お金もうけ」にとらわれなくなる話

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第6回
「お金もうけ」にとらわれなくなる話

 
カウンセリングをしていて、よく出てくる話題に「お金」があります。
 
お話をうかがっていると、世の中には「お金もうけ」に対しての考え方が、大きく二分しているのがわかります。
 
一つは、お金をエネルギーのよう思い、積極的に「もうけたい」と思っている人。
 
反対に、お金をもうけることを、なんだか「はしたない」と思っている人。
 
実際のところ、お金もうけは「はしたない」ことなのでしょうか?
 
確かに「お金もうけ」をしている人を、悪く言う人がいます。
 
ハッキリ言わないまでも、
 
「あいつは、金もうけがうまいからな。」
 
というような表現をする。
 
そのセリフには、「はしたないヤツ」というネガティブな意味が、暗に含まれていると感じる人は多いでしょう。
 
あいつはどうせズルいことをしている、私にはそこまでできない、と。
 
それに対して、経済的な成功者の中には、
 
「お金もうけを悪く言う人は、本当はお金が好きなのだ。それを隠しているから、お金持ちを悪く言いたくなるのだ。そんなに好きなら、遠慮せずに稼げばいいのだ。」
 
と言い返す人がいます。
 
さらに、
 
「お金がなくて、大切な人の病気を治せなかったらどうするのですか?」
 
と極端な問いを投げかけます。
 
やはりそのセリフの中には、「はしたない」と思われたくない、つまり「お金」へのネガティブなイメージを本人がぬぐい切れてない印象がうかがえるのではないでしょうか。
 
そもそも私たちが「もうける」という言葉を口にするとき、「必要以上に得る」という意味で使うことが多いですよね。
 
そのため私自身は「もうける」ことに対して、「はしたない」というより強い「不安」を感じます。
 
なぜなら今の私の人生に、「もうけたお金」の活躍の場がないからです。
 
それは、心、体、環境という「三理」のバランスを取ることで、生きづらい人生を脱け出し、幸せで充実した人生を過ごせているためだと思います。
 
にもかかわらず「もうけて」しまったら、私はいったいそのお金を何に使ってしまうのだろうか、「三理」のバランスを上手に更新していけるだろうか、という「不安」が自然とわいてくるのです。
 
使う場面があってこその「お金」。
 
目的や使命があってこその「お金」。
 
車も乗られることがなければ、ただの邪魔な金属と布のかたまり。
 
同じように「お金」も使われなければ、ただの金属と紙のかたまり。
 
「はしたない」という文化的な問題以前に、「もうけたい」という欲求が今はわいてこないというのが、私の正直な気持ちです。
 
経済成長期やバブル経済の中で仕事をしてきた先輩方から見れば、私のような存在は、なんとも覇気のない中年に見えることでしょう。
 
もちろん、私もほぼ寝たきりで食うものにも困っていた頃には、「お金」を必要としていました。
 
「お金の便利さ」を心の底から痛感もしました。
 
しかし現在は、今得られている以上に「お金の便利さ」を必要としていません。
 
アルバイト生活の人でもエアコン付きの部屋に住み、海外旅行に行ける昨今、こういう考え方の人は多いのではないでしょうか。
 
今の日本の中において、
 
「お金の価値」
 
があきらかに下がっているのです。
 
「お金より大切なものがある」というのは、よく聞く言葉ですが、それはあくまでもお金にはとても価値があるという前提のこと。
 
この言葉には、その価値あるお金でさえも決して買えないものがあるという、お金に対する「絶対的な価値観」が強く含まれています。
 
しかし、もはやそのようなお金への絶対視が崩れはじめ、
 
「お金の価値」
 
が目減りしているのです。
 
「お金2.0」(NewsPicks Book:刊)という本の中で、著者の佐藤航陽さんも、次のように述べています。
 
「現代で知識そのものがコモデティ化されたことと同様に、お金そのものもコモデティ化し、今ほど貴重なものとは考えられなくなることが予想されます。」
 
コモディティ化とは、高い価値を持っていた商品の価値が下がり、どこにでもあるような一般的な商品になることです。
 
お金でもそれが起こると考えられているのです。
 
その理由の一つとして、佐藤さんはトークンエコノミーによる、「経済圏の分散化」という未来を予想しています。
 
つまり、ポイントや仮想通貨といった「独自のお金」や、その運用を可能にするテクノロジーによって、小さな「経済圏」がどんどん出来あがる。
 
そのため、「お金」(法定通貨、日本で言えば円)を持つことの価値が目減りしていくと予想しているのです。
 
さらに今後、「お金」以外のあらゆる価値が「資産」として考えられていく可能性についても、詳しく具体的に書かれています。
 
その実践の一つとして、ご自身でも「タイムバンク」という、個人の時間を「資産」として持ち合うという画期的なビジネスも展開されています。
 
これはとてもユニークなだけでなく、現実的な考え方だと私は感じます。
 
先述のとおり、お金もうけを「はしたない」と言う人も、またそれに反論し「あなたももうければいい」と言う人も、結局は「お金」が気になっている。
 
こうして「お金」についてのコラムを書いている私も、やはり「お金」が気になっている。
 
「お金」は私たちにとって、気になって気になって仕方のない存在。
 
「はしたない」と言われようが、なんと言われようが、チラチラと横目で見てしまうような、
 
「気になるヤツ」
 
だと言えるでしょう。
 
しかし、これからは違います。
 
せっかくもうけた「お金」も、ため込んでいた「お金」も、使う場のない時代が来るかもしれない。
 
「お金」は、これからの未来を生きる私たちにとって、
 
「たいして気にならないヤツ」
 
になってきているのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ