「リア充」を目指すより

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第7回
「リア充」を目指すより

 
あなたは今、充実していますか?
 
こう問われたとき、私たち日本人のいったい何パーセントが、
 
「はい!」
 
と迷いなく答えられるでしょうか。
 
「リア充」という言葉がありますよね。
 
「現実(リアル)の生活が充実している人」といった意味です。
 
もともとはネットの掲示板だけが居場所の人たちが、「現実世界で充実している人」を指すときに使いはじめた言葉のようです。
 
FacebookやブログといったSNSは、まさにその「リア充ぶり」をアピールする場になっていると言えるでしょう。
 
では、何が「リア充」の基準なのでしょうか?
 
恋人がいる、結婚している、友達が多い、仕事が充実している、素敵な家に住んでいる、熱中できる趣味を持っている、楽しいパーティーや飲み会にいつも参加している…。
 
たしかに、このような基準をクリアしていたら、周囲の人からは、現実の生活が充実していると思われるでしょう。
 
しかし実際には、それ以上のうらやむような基準を超えて暮らしていても、充実していないと感じている人がいます。
 
それどころか「不幸せだ」「苦しい」「生きづらい」と感じている人さえいる。
 
カウンセリングの現場でも、そのような方たちからよくご相談を受けます。
 
いったいなぜなのでしょうか?
 
それは、社会にお仕着せられた基準に合わせているから。
 
「表面的」に充実しているだけだからです。
 
たしかに、社会のお仕着せの基準に合わせることを優先したいと思う人もいるでしょう。
 
「リア充代行サービス」といって、人を何人か派遣してもらい、仲間や恋人と楽しく旅行や飲み会をしているかのような写真を撮り、SNSにアップさせてもらえるサービスも存在しています。
 
自分にはこんなにも仲のいい仲間や恋人がいるんだよと、
 
「リア充であるかのように見せる」
 
ためのサービスです。
 
このようなサービスを利用して、無事に基準をクリアすることで、ご本人が満足するのであればまったく問題ありません。
 
人それぞれです。
 
しかし、それで本当に充実していると言えるでしょうか?
 
社会からお仕着せられた基準を満たせば、たしかに安心したり、満足することはできるでしょう。
 
ただしそれは、心の底からの充実を実感しているわけではないはずです。
 
では、本当に心の底から充実を実感するためには、何を基準にすればいいのでしょうか?
 
本当の充実の基準とは、いったいどこにあるのでしょうか?
 
それは、
 
「実存」
 
です。
 
「実存」を満たしたとき、私たちは人生を本当の意味で充実させることができるのです。
 
「実存」とは、ご存知の方も多いと思いますが、もともとは哲学で用いられてきた言葉です。
 
私は「実存」という言葉を、ここでは「私という存在そのもの」という意味で使いたいと思います。
 
つまり、現実に存在している私という「個」。
 
他に代わりはいない「この私そのもの」ということです。
 
つまり、「実存」を満たすとは、この私そのものの存在意義を問うということ。
 
この私が生きる意味とはいったい何なのか?
 
この私の人生とはいったい何なのか?
 
この私は何を成すことを求められているのか?
 
その一つひとつに明確な答えを探しながら、たった一つの「私の人生」という生き方を見出していく。
 
それが「実存」を基準にする生き方。
 
「実存」を充実させる生き方です。
 
言うなれば、
 
「ジツ充」
 
です。
 
濃いぃ人生ですよねぇ(笑)
 
私は、この「ジツ充」を目指して日々生きています。
 
カウンセリングでも、そのような方向に人生の舵を切りたいという方からのご相談がとても増えているのです。
 
今の日本は、社会の側があなたの充実の条件を決めています。
 
もっとストレートに言えば、あなたの都合は一切無視されて、
 
「これを買って、こんな趣味を持って、こんな仲間や恋人をつくって、こういう仕事のスタイルで、こんなところでこれを食べて、こんな旅行をして、こんな結婚式をあげて、こんな体型になって、こんな街でこんな家に住むと<リア充>です」
 
と、いろいろな商品やサービスの都合、政府の方針や世間の常識に合わせて、あなたの充実の条件を決められてしまっているということ。
 
だから、あなたが必死で条件をクリアしたとしても、実際にはまったく充実を感じられないかもしれません。
 
さらにそれらの条件は、外見を整えるに過ぎない。
 
見かけ上の生活レベルの条件でしかないのです。
 
そんな曖昧で表面的な基準に振り回されるより、「実存」が充実しているかどうかを基準にする。
 
「ジツ充」という人生の基準を持つのです。
 
自分は今、自分にしか送れない、たった一つの人生を送っている。
 
私が私であるからこそ、この人生を選び取っている。
 
その圧倒的な充実感で、心だけでなく自分の奥底にある魂が満たされる。
 
震える。
 
たとえ生活レベルが平凡で、周囲の人たちから「リア充」だと思われていなくても、確実に「実存」が充実している。
 
そんな「ジツ充」を目指す生き方こそが、今の時代の私たちに、必要なのではないでしょうか。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ