死んでも世界はつづくのか?

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第10回
死んでも世界はつづくのか?

 
人間はいつか死ぬ。
 
それは私たちが「肉体」を失い、現在感じている「意識」も永遠に失うということ。
 
その後も、世界は何事もなかったようにつづいていくのでしょうか?
 
それとも「私」の死とともに、世界もなくなってしまうのでしょうか?
 
あなたも、一度はこの疑問をお持ちになったことがあるかもしれません。
 
カウンセリングの場でも、話題になることがあります。
 
生きづらいと感じている方は特に、このような問いにハマりこみやすい傾向にあると言えるかもしれません。
 
自分が死んだあとも世界はつづくのか?
 
この問いの答えを求めるヒントとなる言葉があります。
 
脳内で「意識」が発生する仕組みについて書かれた一冊の本、
 
意識はいつ生まれるのか
(マルチェッロ・マッスィミーニ/ジュリオ・トノーニ:著)
 
の中にある次の言葉です。
 
「もし、脳が体の表面に出ていたら、〔物体に意識が宿る〕という謎が、つねに目に入ってくるはずだ。」
 
つまり、
 
脳という「物体」に「意識」が生じるというとても不思議な現象。これにもっとみんな興味を持とうよ!
 
ということでしょう。
 
たしかに、ただの脂肪やたんぱく質のかたまりである脳に、なぜ「意識」が発生するのかとても不思議ですよね。
 
しかし、実はここに重要なポイントが隠されています。
 
それはこの言葉が、
 
「物体に意識が宿る」
 
ということを前提として語られているということ。
 
つまり「物体」が先にあって、そこに後から「意識」が生じるということが前提になっているということです。
 
もしそうであるならば、私たちが死によって「意識」を永遠に失っても、「物体(世界)」はそのままつづくことになるでしょう。
 
この感覚は、現代の日本社会でもスタンダードなのではないでしょうか?
 
遺言を残すことは当たり前ですし、死後のために先にお墓を買う人もたくさんいます。
 
それを見て「おかしなことはやめなさい!」と止める人は、あまりいないはずです。
 
しかし…。
 
もしかすると「意識」が先にあるのかもしれない。
 
その「意識」が「物体」という幻影を見ているだけかもしれません。
 
言うなれば、「意識」の中に世界があるということです。
 
この考え方なら、死ぬと同時に世界はなくなってしまいます。
 
本気でそう思っている人は、死に支度もせずに死んでいけることでしょう。
 
たとえば自分の死を予感しても、机の奥にしまった過去の日記や、スマホの中の告白メールを処分しようとあわてることはない。
 
ましてやエロ本やアダルトDVDも一切処分することなく、それはもう堂々と死んでいくことができるはずです。
 
ここで一つの事実が見えてきます。
 
それは、死後に世界がつづくかどうかは「物体が先」か「意識が先」かという問題に置きかえると、自分がどう思っているのか答えが見えてくるということです。
 
ちなみに私は、「意識」の中に世界があると考えています。
 
ただ、その「意識」を生み出している「別のもの」が先にあるのかもしれないと考えるのです。
 
そう説明すると、映画の「マトリックス」のような、別の世界に本当の自分の身体があるということかな、と思う方がいるかもしれません。
 
また、「脳は試験管内で育てられていて一種の夢を見ている状態」という、ホラー映画に出てきそうなシーンを思い浮かべる方もいるかもしれません。
 
実は、私の考えはそれとは違うのです。
 
何らかの「存在そのもの」があって、それが「意識」を生み出し、その「意識」の中に「存在そのもの」のほんの一部を組み合わせた世界が創り上げられている。
 
ものすごく簡単に説明すると、そんな感じです。
 
だから私は、死んだあとも私の「意識」の中にあった世界の要素はつづいていくような気がしています。
 
ちなみに、なぜ私がそのような考え方になったのかというと、やっぱり死に支度せずに死ぬ勇気はないな、と思ったからです。
 
死んでから人に見られたくないものもある(笑)
 
かといって、目の前の世界は幻影のようなものだという実感も強くあります。
 
オカルトな意味合いではなく、自然科学のフィルターをとおしても、そう思わざるをえないと感じている方は、実は多いのではないでしょうか。
 
「物体が先」でもあり「意識が先」でもある。
 
私は、その「両極」が成り立っているのがこの世界だと実感しているわけです。
 
この考え方は、拙著、
 
生きづらさから脱け出す実践法
 
にも詳しく書かせていただいておりますので、もしよろしければそちらをお読みいただけたら幸いです。
 
先ほどご紹介した、
 
意識はいつ生まれるのか
 
は、「物体が先」ということを前提とした科学的な名著です。
 
しかし著者は最後の方で、「意識」が科学的な因果関係だけで生じると考えていいのだろうかという葛藤も展開しています。
 
果たして死んだあとも世界はつづくのか。
 
「物体が先」なのか「意識が先」なのか。
 
あなたはどう思われるでしょうか?
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ