他人の目が気になる人へ

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第12回
他人の目が気になる人へ

 
他人の目が気になって仕方がない。
 
そんな切実な悩みがあります。
 
自分がどう見られているか気になる。
 
そのせいでいつもオドオドしてしまう。
 
自分の言いたいことも言えず、人と会うのも怖い。
 
日常生活を送るだけでクタクタになってしまうのです。
 
本当にしんどいですよね。
 
他人の目が気になることで、人生は生きづらさを増していきます。
 
しかもその度がすぎると、思いもしない大きな悲劇を招いてしまうことすらあるのです。
 
今回は、他人の目が気になってしまう人が、そんな大きな悲劇におちいらないために、とても大切な教訓をご紹介したいと思います。
 
こんなお話があります。
 
明治から大正にかけて活躍した小説家、森鴎外が史実にもとづいて書いた物語、
 
阿部一族
 
です。
 
江戸時代初期に肥後藩主の細川忠利が亡くなり、その側近たちが次々に殉死(あとを追って死ぬ)をします。
 
ただ、殉死は藩主の生前の許可なくすることができません。
 
そのため、たった一人だけ許可をしてもらえなかった老臣の阿部弥一右衛門は、藩主の死後も切腹をしませんでした。
 
弥一右衛門は仕事をつづけますが、当然、藩内の「他人の目」が気になります。
 
二、三日経つと「弥一右衛門は命を惜しがっているのだ」という噂まで耳に入ってくるようになります。
 
弥一右衛門は、その汚名を返上するために、身内を呼び寄せて目の前で切腹するのです。
 
しかし、今度は「許可なく殉死した」と問題視されます。
 
藩からのあつかいに不満を持った弥一右衛門の長男は、公式の場で失礼な行動をとり、縛り首にされてしまいます。
 
度重なる屈辱に、阿部一族は屋敷に立てこもり、皆で命を絶つ決意をします。
 
老人や女性は自殺し、小さな子供は身内が刺し殺し、残った者は討ち死にしました。
 
つまり、「他人の目」によって一族が全滅してしまったのです。
 
今とは文化も違いしますし、武士の誇りを守ることが第一の時代だったとは言え、なんとも恐ろしいお話だと思いませんか?
 
この物語から得られる教訓とは、いったい何でしょうか?
 
それは、他人の目が「気になる」ことよりも、他人の目に、
 
「振り回されてはいけない」
 
ということ。
 
実は、その方が重要だということです。
 
他人の目が気になるのは仕方がありません。
 
それは今も昔も変わらないことです。
 
阿部一族」の舞台も江戸時代。
 
内容は史実と違う点もあるそうですが、少なくとも江戸の昔から私たち人間は今と変わらず他人の目を気にする習慣を持っていたということでしょう。
 
他人の目が気になるのは、脳の扁桃体が敏感であれば当たり前のこと。
 
つまり「生理反応」です。
 
生きづらい人であれば、特にその反応は強いもの。
 
本人に責任はありません。
 
だから肝心なのは、他人の目が気になってしまったあとに、
 
「他人の目に振り回されないこと」
 
なんです。
 
カウンセリングの場でも、どうしたら他人の目に振り回されなくなるかというワークに取り組むことがよくあります。
 
他人の目に振り回されたあげく、自分の人生が台無しになってしまったら、悔やんでも悔やみきれないですからね。
 
阿部一族」という物語の中で忘れてはならないのは、弥一右衛門が自害しても、結局他人からの評判はまったく変わらなかったという点です。
 
それどころかさらに評判が悪くなりました。
 
そんないい加減な「他人の目」という基準に振り回されて生きるなんて、バカバカしいですよね。
 
他人の目が気になってしまっても、それに動じることなく充実した「自分の人生」を生きる。
 
それが実現できたときに、ふと気がつけば、他人の目が気にならなくなっているのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ