TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 「ジツ充」の極め方


「ジツ充」の極め方

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第13回
「ジツ充」の極め方

 
今回は、
 
「ジツ充の極め方」
 
をご紹介いたします。
 
「ジツ充」とは、実存を充実させて生きている人のこと。
 
人生におけるすべてが、
 
「私にしかできないこと」
 
で埋め尽くされているという事実に目覚め、魂の奥底からわき上がってくる充実感に全身が包まれている人のことです。
 
「ジツ充」になることで、目の前の一瞬一瞬がいかに価値ある大切なものであるかが見えてきます。
 
心が震え、「私にしかできないこと」をやり抜くエネルギーが満ちてくるのです。
 
しかし「ジツ充」を実感したとしても、実際に自分と似たようなことを隣で誰かがやっていたら…。
 
「私にしかできない」という充実感は、やがて薄れてしまうもの。
 
だんだんと自信がなくなっていき、しょせん「ジツ充」でいられるのは、人にはない特別な才能がある一部の人だけ…、そんなふうに感じてしまうかもしれません。
 
でも、ご安心ください。
 
「ジツ充」は、誰でも実現できるもの。
 
「私にしかできない」という実感を高めつづけることさえできれば、やがて「ジツ充」であることが当然だと感じられるようになります。
 
つまり「極め方」があるのです。
 
それは自分の中の、
 
「違い」
 
を見出し磨き上げることです。
 
「違い」とは、優劣のことではありません。
 
得意不得意でもありません。
 
「違い」です。
 
その「違い」を磨き上げる。
 
たしかに人生のいかなることに取り組んでも、よほどの才能がないかぎり、はじめは隣の人と大差がないものです。
 
しかし、どこかに必ず隣の人とのあいだに「違い」があります。
 
その「違い」を手がかりに、人生の一つひとつの場面を「私にしかできないこと」という方向に磨き上げていくのです。
 
自分の人格がなければできない、自分の体質がなければできない、自分の経験がなければできない、自分の目的がなければできないというほんの少しの「違い」を見出し、押し広げていく。
 
実存は、そこにこそ最大のよろこびを感じる。
 
私という「個」を極めていく過程にこそ、実存はこの上ない充実感を覚えるのです。
 
人生におけるすべての瞬間が「私にしかできないこと」で埋め尽くされているといくら頭ではわかっていても、その実感を持ちつづけるのはとても難しいものです。
 
しょせんキレイごとだと思えてくる。
 
だからそこにとどまらず、一瞬一瞬をどこからどう見ても「私にしかできないこと」に磨き上げていくというステップが必要なのです。
 
「違い」を磨き上げることで、誰もが「ジツ充」を極めることができます。
 
さらに、生きづらいと感じている人ほど、実は「違い」を見つけやすい。
 
その上、「違い」を磨き上げた成果も実感しやすいのです。
 
生きづらい人の感性や行動は、周囲の人たちとの「違い」に満ちています。
 
だからこそ、生きづらいと感じているわけですよね。
 
「違い」に満ちているということは、「私にしかできないこと」を見出しやすいということ。
 
周囲の人たちとの「違い」が明確であるからこそ、磨けばすぐに「私にしかできないこと」だと実感することができるのです。
 
つまり、生きづらいと感じている人は、「ジツ充」を実現し磨き上げるための好条件がそろっているのです。
 
反対に、生きづらさを感じることなく、あまり悩むこともない人は、周囲の人たちとの「違い」が少ない。
 
わずかの差しかない人たちの中で、「違い」を見出すのは至難のワザだと言えるでしょう。
 
明らかに突出した才能を持っていないかぎりは、「違い」を見出しにくい状態なのです。
 
すると「ジツ充」の実現ではなく、誰もが取り組みやすい「リア充」の実現を自然と目指すことになります。
 
しかし「リア充を目指すより」で書いたとおり、「リア充」を実現するためには、社会からお仕着せられた条件を満たす必要があります。
 
言わば、社会が仕掛けた壮大な「椅子取りゲーム」に参加することになる。
 
席数は決まっている。
 
結果的に、なかなか満足した状態を得られず、慢性的な不満にさいなまれる生き方にハマりこんでしまう人が多いのです。
 
それに比べると、生きづらさを感じている人は、周囲の人たちとの「違い」が明確に打ち出されています。
 
「ジツ充」を目指しやすく、極めやすいのです。
 
あえてくり返しますが、「ジツ充」を極める手がかりとなる「違い」とは、優劣や得意不得意のことではありません。
 
人と人との間にある、あらゆる「差」。
 
「差」が「違い」なのです。
 
その「違い」は、今まであなたが弱点だと思っていたものかもしれません。
 
「違い」を磨き上げることで、あなたにとって弱点だと思っていたものが強力な武器になる。
 
その弱点が強烈であればあるほど、より強力な武器になるのです。
 
生きづらいと感じている人は、強い向かい風の中を歩いているようなものです。
 
しかし風は、あなたが進む方向を変えれば正反対の力をもたらしてくれます。
 
ジツ充を極める生き方とは、
 
「向かい風が追い風になる生き方」
 
なのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。