変えられること、変えられないこと

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第15回
変えられること、変えられないこと

 
自分を変えたい、でも変えられない。
 
何度も同じ失敗をして、今度こそと思うけれど、やはり変えられない。
 
生きづらいと感じている人であれば、誰もが一度は味わったことのある苦しみではないでしょうか。
 
カウンセリングでも、よくこのようなご相談をお受けすることがあります。
 
どうして私たちは、自分を変えられないのでしょうか?
 
『累積淘汰』(るいせきとうた)という考え方があります。
 
有名な進化生物学者であるリチャード・ドーキンスの著書、
 
盲目の時計職人 - 自然淘汰は偶然か?
 
の中に出てくる生命進化の考え方です。
 
累積淘汰とは、たくさんの「ふるい」にかけられるということ。
 
「ふるい」は、網の中に砂をとおして石などを振り分ける道具のことですよね。
 
私たち生命は、世代をまたぐあいだに突然変異を起こし、新たな性質を身につけます。
 
新たな性質を持った生命は、<生き残る、繁殖する>という「ふるい」にかけられる。
 
一度の「ふるい」にかけられるだけでなく、とおり抜けられたものが、さらに次の「ふるい」にかけられる。
 
そこからさらに…と、数えきれないほどの突然変異と「ふるい」にかけられてきた結果が、今この世界にいる生命だというわけです。
 
それが正しいとすると、私たちの中にそなわっている身体的、精神的なあらゆる性質は、数多くの難関をすり抜けてきたツワモノだと言えるでしょう。
 
その中には、何十億年も「ふるい」をとおり抜けつづけてきた性質もあるはずです。
 
それほどまでに私たちの「命」にベッタリと定着した性質を、努力で変えようとしても…。
 
変えられないのは当然のことと言えるかもしれません。
 
私たちの中には、どうしても「変えられないこと」がある。
 
それを変えようとすれば、苦しみが増すだけなのです。
 
しかし、「変えられること」もあります。
 
わかりやすいたとえでは、最近の日本人はスタイルがよくなったと言われますよね。
 
私も、つくづくそう思います。
 
007という人気映画シリーズに、日本を舞台にした「007は二度死ぬ」という作品があります。
 
公開されたのは今から50年前です。
 
作中に出てくる女性が美しいことで有名なシリーズですが、当作にもたくさんの日本人美女が一度に登場するシーンがあります。
 
当時としてはハイレベルの人たちを集めたシーンなのだろうと考えられますが、お世辞にも「スタイルがよい」とは言えません。
 
現代の女性と比べてしまうと、皆さん子供のような体つきをしています。
 
たった50年足らずで、ここまで変わってしまう性質も私たちの中にはあるのです。
 
ではその間、スタイルのよい人たちばかりが結婚をして、子孫を残していたのかと周りを見渡してみても、誰もYESとは言わないでしょう。
 
つまり、世代をまたいだ長年の累積淘汰を待たずとも、何らかの理由であっさり大きく変わってしまうことがある。
 
それだけは事実です。
 
ちなみに日本人のスタイルが変化した理由としては、
 
・食べ物が変わった(体)
・美しさへの意識が高まった(心)
・生活様式が欧米化した(環境)
 
といった理由が考えられると言われています。
 
どれが正しいかは何十年にもわたる追跡調査が必要ですが、すべてが関連していると考える方が自然でしょう。
 
つまり、私たちは、体(生理)、心(心理)、環境(物理)という三理の力を合わせることによって、意外と短期間で自分を大きく変えられる可能性を持っているということです。
 
何か一つ変えることができれば、それによって自信がつき、行動的になり、たとえば転職に成功し、素晴らしい恋人とも出会うといった、変化の連鎖が起こりはじめるでしょう。
 
大切なのは、「変えられないこと」にこだわりつづけるのではなく、「変えられること」を見つけて、三理一体で取り組んでいくということ。
 
カウンセリングでも、この「変えられること、変えられないこと」を見分けるワークによく取り組みます。
 
そして「変えられること」に焦点をしぼって、三理一体で改善していく。
 
それによって「変えられること」同士が連鎖反応をおこし、人生が大きく変わっていくのです。
 
実はこの柔軟な対応力こそが、ずっと「ふるい」をすり抜けつづけて私たちに根づいた、とても大切な性質なのかもしれません。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ