「変えられること」の見つけ方

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第16回
「変えられること」の見つけ方

 
前回のコラム「変えられること、変えられないこと」の中で、私はこう述べました。
 
生きづらい人生から脱け出すために、「変えられないこと」にこだわりつづけるのではなく「変えられること」を見つけていこうと。
 
このお話をさせていただくと、多くの方から、
 
「でも何が変えられることで、何が変えられないことなのかがわからないのです…」
 
という声をお聴きします。
 
たしかにそのとおりですよね。
 
すぐに変えられることもあれば、変えるのに時間のかかることもある。
 
いったい今の自分は変わっている途中なのか、それとも変えられないことを変えようとしているのか…。
 
なかなか判断ができません。
 
そこで今回は、その判断の手助けとなる考え方をご紹介したいと思います。
 
それは「変えられるか、変えられないか」で判断しようとするのではなく、
 
「Don'tなのか、Can'tなのか」
 
で判断するという考え方。
 
つまり「やらないのか、できないのか」という判断をしてみるのです。
 
やらないだけなのであれば、やればできるかもしれません。
 
でも、できないことはいくらやってもできません。
 
実際にやってみて、今できないのであれば、少なくとも今自分にとってそれは「Don't」ではなく「Can't」だということです。
 
たとえば、私は電車の網棚に荷物を置くと、かなりの確率で置き忘れて電車を降りてしまいます。
 
しかも置き忘れに気づいたときに、とても激しく感情が乱れるのです。
 
大変好ましくない状況なので、網棚の荷物を忘れないようにいろいろな工夫を試してみました。
 
でもやっぱり忘れてしまい、まんまと感情が乱れます(笑)
 
そこで、私は判断しました。
 
私にとって網棚に荷物を置き忘れないようにすることも、そのあと感情が激しく乱れないようにすることも「Can't」なのだ、と。
 
もちろん他の方法を試しつづけたり、努力をつづければ「変えられる」のかもしれません。
 
でも、実際に今「できない」。
 
他の人がどれだけ簡単にこなしていたとしても、私には実際に今「できない」のです。
 
だから、私は網棚に荷物を置かないことにしました。
 
そのために荷物を少なくする工夫をし、適したサイズのカバンを見つけて持ち歩くようにしました。
 
買い物も主にネットでおこなうようにして、外で買い物するさいも大荷物にならないようにしました。
 
これらの工夫は、一発で簡単にできました。
 
それ以来、網棚は私にとってただの車内のオブジェとなったのです。
 
「やらない」のではなく「できない」のであればあきらめもつき、先の見えない努力から解放されます。
 
「できる部分」で解決していくことができるのです。
 
変えられるのか、変えられないのかで判断しようとすると、何か他の方法を使えば変えられるかもしれないと思うでしょう。
 
自分がその方法を知らないだけであって、正しい方法さえ知れば変えられると思ってしまうのです。
 
そして、変えられないのは自分の努力が足りないだけなのだと自分を責めてしまうことにもなってしまいます。
 
存在するかどうかもハッキリしない「可能性」に期待を持ち、「可能性」によって自分を責めてしまうのです。
 
「可能性」は希望にもなりますが、使い方をあやまれば自分を苦しめる材料にもなるのです。
 
「Don'tなのか、Can'tなのか」という判断には、「可能性」が入る余地がありません。
 
実際にやってみてもできなかったのですから、事実として「Can't」なのです。
 
いろいろな方法を試してみても、その都度「Can't」という明確な答えが返ってくる。
 
くり返し「Can't」だと突きつけられれば、もういいかげん、
 
「ああ、これはやらないのではなく、できないのだ。」
 
と判断せざるを得なくなってきます。
 
そしてもっと違うアプローチから、その問題を解決しようと柔軟な考えが浮かんでくる。
 
自分には今なにが「できる」のかという点に目が向くようになるのです。
 
もちろん、世の中にはやろうともせずに「Can't」だと判断してしまう人もいます。
 
「できない」と開き直って、それを理解しようとしない周囲の人たちを責めてばかりいる人もいます。
 
でも、あなたは違う。
 
かんたんに「Cant'」と言えないからこそ苦しんできた。
 
自分を変えようと、真摯に努力してきた。
 
でも、もうそろそろ、あなたの苦しみと努力を認めてあげる時期がきたのかもしれません。
 
あなたはもう十分に苦しみました。
 
あなたはもう十分に努力しました。
 
それを認めてあげられるのは、あなたしかいない。
 
生まれてからずっとあなたの苦しみと努力を見つづけてきたのは、世界中であなたただ一人だけなのです。
 
「Can't」だと言ってあげられるのは、あなたしかいないのです。
 
変えられること、変えられないことを判断するためには、「Don'tなのか、Can'tなのか」と考えてみる。
 
「Can't」を受け入れ「できる」ことで解決してみる。
 
今「できる」ことの先に、「変えられること」が待っているのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ