感情に飲み込まれない方法

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第17回
感情に飲み込まれない方法

 
前回のコラム「変えられることの見つけ方」に、私の感情が激しく乱れる場面について書かせていただきました。
 
このようなお話をすると、
 
「心理カウンセラーでもそんなことがあるのですね」
 
と驚かれる方もおられます。
 
たしかに人様の心の悩みを聴き、ときにアドバイスまでするカウンセラーが、冷静さを失うと聞けば残念にも思いますよね。
 
当たり前ですが、カウンセラーもただの人間。
 
さまざまな感情が湧いてきます。
 
感情は、自分の意志でコントロールできるものだと思われがちです。
 
しかし、感情はコントロールできません。
 
なぜなら「反応」だからです。
 
針に刺されたら「痛い」のと同じこと。
 
自然と感じてしまうものなのです。
 
もちろん、感情が生じたあとに対処していくことは可能です。
 
でも最初に生じる感情は、感覚と直結した「反応」です。
 
それを私は、
 
「ファーストエモーション」
 
と呼んでいます。
 
ファーストエモーションは、自分の意志の入る余地がありません。
 
しかも、扁桃体が敏感であれば、ネガティブなファーストエモーションが瞬時にわいてきてしまうのが自然の流れなのです。
 
重要なのはファーストエモーションに飲み込まれないこと。
 
そのあといかに感情をマネジメントできるかということなのです。
 
たとえば先日、私は確定申告をするために税務署の長い行列に並んでいました。
 
順番が近づいてきたので、必要な書類たちをカバンから出して、どうやって提出したらわかりやすいか並べ替えていました。
 
私は、人に指摘を受けるとファーストエモーションとしてショックを受けたり、感情が乱れやすいため、あらためて準備をしていたのです。
 
すると、後ろに並んでいた人から肩を叩かれて、
 
「あなたの番ですよ!」
 
と指摘されてしまいました(笑)
 
指摘を受けないように準備することに集中しすぎて、結局指摘を受けてしまったわけです。
 
二重にショックを受け、私の感情は乱れました。
 
これを読んであなたは、
 
「生きづらさ専門カウンセラーとか言っておきながら、なんたるザマか」
 
と思われたかもしれません(笑)
 
しかし、ショックを受け、感情が乱れるところまではファーストエモーション。
 
私にはどうにもできない部分です。
 
肝心なのは、その感情をどうマネジメントするかです。
 
私たちは、ネガティブなファーストエモーションが浮かんでくると、その感情に飲み込まれてしまいます。
 
そして、それを打ち消すためにコントロールしようとしてしまう。
 
最終的にはネガティブな感情を起こしてしまった自分を、
 
「こんなことくらいで…」
 
と責めてしまうのです。
 
感情に飲み込まれれば冷静さが失われます。
 
また、感情はコントロールしようとすれば反発して大きくなります。
 
さらに、自分を責めれば新たな負の感情が生じてきます。
 
こうした連鎖で、心はどん底へと引きずり込まれていくのです。
 
これを避けるためには、感情マネジメントをすることです。
 
部下を上手に使うように、遠巻きに感情を管理するのです。
 
ちなみに私は、次のようにマネジメントしました。
 
「ショックを受けたのは私のせいではない。人体構造のせいだ。」
 
ファーストエモーションが浮かんでくるのは体の「反応」であり、ショックを受けて感情が乱れたのは私のせいではありません。
 
その事実を、自分自身に冷静に教えてあげたのです。
 
私の感情は静まっていき、3分後には穏やかに笑っていました。
 
カウンセリングの中でも、感情マネジメントの練習をよくおこないます。
 
客観的な事実を知ることで感情は静まっていきます。
 
部下も手取り足取り指導し、真正面からコントロールしようとすれば反発するでしょう。
 
しかし、
 
「お前の得意先の〇〇さん、和菓子が好きらしいぞ」
 
と遠巻きに事実を提供すれば、部下は得意先への土産に自然と和菓子を選ぶでしょう。
 
そして、好ましい結果をもたらしてくれるのです。
 
ファーストエモーションは変えられない。
 
大切なのは浮かんできた感情に飲み込まれずに、感情と距離をおき、マネジメントすることなのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ