人生を変える方法

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第19回
人生を変える方法

 
あなたは人生を変えたいと思ったことがありますか?
 
人生を変えるという表現はよく見かけるものですが、実際にはどういう意味なのでしょうか。
 
私は、人生を変えるということは、
 
「生き方のお引っ越し」
 
をすることだと考えています。
 
「今までの生き方」から「新たな生き方」へと移り住むのです。
 
その際にどうしても越えなければならないものがあります。
 
それは、
 
「現実変更線」
 
です。
 
現実変更線は、「今までの生き方」と「新たな生き方」の境界線のこと。
 
日付変更線というものがありますよね。
 
経度180度あたりにある海上の線で、それを越えると翌日か前日になってしまう理論上のラインです。
 
それと同じように、現実変更線を越えると「今までの生き方」が「新たな生き方」に変わる。
 
人生が変わるのです。
 
そう考えると、人生を変える方法とは、壮大なお引っ越しの方法と言えるかもしれません。
 
実際に人生を変えるステップは、引っ越しと本当によく似ています。
 
引っ越したいと思ったとき、あなたは何からはじめるでしょうか?
 
まずどんな街や家に住みたいかを決めますよね。
 
そして、めぼしい街に目をつけてインターネットなどでその街の情報や物件、家賃の相場について調べるでしょう。
 
次にとりあえずその街に様子を見にいって、街なかを歩いて雰囲気を感じてみる。
 
スーパーやコンビニ、飲食店はどんなものがあるのか、公園は近くにあるのかなど、自分にとって必要なものがそろっているかも確かめるのではないでしょうか。
 
さらに、周辺の不動産屋さんに貼られた物件情報を見て、気になるものがあったら入店するかもしれません。
 
時間があれば実際に物件を三件ほど見せてもらうこともあるでしょう。
 
そのうちの一件がとても気に入って、契約まではしないけれども、物件を抑えておくためにとりあえず申し込みだけして帰る。
 
あなたはもらった間取り図をながめながら、自宅の家具のサイズをはかり、配置を考える。
 
初期費用の計算書を見て、自分の預金通帳の残高と照らし合わせてみる。
 
引っ越し屋さんのWEBサイトでだいたいの見積もり額を出して初期費用にプラスする。
 
そのうち「よし、この部屋に引っ越そう!」と思い立ち、不動産屋さんに電話して契約の日取りを決め、契約書に調印する。
 
あとは引っ越し屋さんを手配して、荷物を新居へと運び入れて新しい生活をスタートさせるわけです。
 
様子を見にいっただけのつもりだったけれど、翌日にはもう契約に…、といった流れも珍しいことではないでしょう。
 
実はこの流れの中に、人生を変える方法の大きなヒントが隠されているのです。
 
今見た例の中で、あなたが引っ越したいと思ってから新しい生活を実現させるまでのあいだに、いったい何が起きたのでしょうか?
 
何が引っ越しを決定づけたのでしょうか?
 
それは、
 
「現実感」
 
です。
 
あなたは、引っ越したいなと一人頭の中で想像をふくらませていたわけではありません。
 
実際に街に行き、その街の雰囲気に触れ、本物の物件を見て、申し込みをして、引っ越しにかかる具体的な費用という情報まで手に入れました。
 
それによって新しい生活の「現実感」が高まった。
 
言うなれば、
 
「新しい現実感」
 
が高まり、今までの家を離れる決心がついたのです。
 
そして「契約書への調印」という現実変更線を越えたのです。
 
人生を変える方法も同じです。
 
頭の中で「新たな生き方」をリアルにイメージしているだけでは、人生は変えられません。
 
言葉づかいを変えたり、考え方を変える努力をしても、長つづきはしないでしょう。
 
「新しい現実感」が足りないからです。
 
「今までの生き方」から「新たな生き方」に引っ越すためには、「新たな生き方」が具体的に肌で感じられるほどに、
 
「新しい現実感」
 
を高めればいいのです。
 
「新しい現実感」さえ高まれば、現実変更線を自動的に越えて、人生が変わるのです。
 
実際のお引っ越しでも、どんなに住みたい家のイメージをはっきりさせたところで、新しい部屋にお風呂があるのか、家賃がいくらなのかも知らずに、
 
「よし、引っ越そう!」
 
と契約できる人はまずいないでしょう。
 
それは「現実VS妄想」の戦いであり、どんなに妄想を広げても目の前の現実にはかなわないのです。
 
人生を変える方法。
 
それは行先を決めたら現実変更線を越えるほどに「新しい現実感」を高めるということ。
 
「目の前の現実感」に負けないほどの具体的な情報や行動、環境や人間関係によって、「新しい現実感」を高めつづけるということなのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ