人生が変わる瞬間に必ず起こる問題

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第20回
人生が変わる瞬間に必ず起こる問題

 
私たちは深い苦しみにまみれて、心の底から「人生を変えたい」と願うときがあります。
 
「今までの生き方」を「新しい生き方」に変えたいと望むのです。
 
「今までの生き方」と「新しい生き方」の間には、「現実変更線」というボーダーラインが存在しています。
 
ボーダーラインを越えると、あきらかに人生が変わる。
 
「新しい生き方」が自分の日常となるのです。
 
ただし現実変更線を越える瞬間、必ずある大きな問題が起こります。
 
現実変更線を越えようとするまさにそのときに、自分を「今までの生き方」に引き戻そうとする強い力がはたらくのです。
 
それを私は、
 
「心の引力」
 
と呼んでいます。
 
現実変更線に差しかかった人の心には、次の一歩を踏み出そうとすると、「心の引力」によって、
 
「できない理由」
 
がこれでもかと浮かんでくるのです。
 
「自分には経験がないから」
「この年齢じゃ無理だから」
「お金の目処が立っていないから」
「もう少し準備を整えた方がいいから」
「本当にやりたいことじゃない気がしてきたから」
「以前も試したことがあるから」
「友達がやめた方がいいと言っていたから」
「親に迷惑がかかるから」
「あの人が困るから」
「この人が怒るから」
「その人が悲しむから」
 
ありとあらゆる方向から、現実変更線を越えさせないように「心の引力」がはたらくのです。
 
なぜこのような力が存在するのかと言えば、私たち人間には「行動パターン」を保とうとする本能があるからです。
 
これは、心理学的ホメオスタシスと呼ばれています。
 
そもそもホメオスタシスとは、体温調節や血糖値の調節など、「体内の生理のバランス」を一定に保とうとする性質のことですよね。
 
この性質は「欲求の五段階説」で有名な心理学者マズローも、主著「人間性の心理学」の中で人間の基本的な動機づけの一因として認めている強い本能です。
 
同じように強い本能によって、自分の「行動パターン」を一定に保とうとする性質が、心理学的ホメオスタシスです。
 
自分の行動が、パターンの範囲から大きくはみ出さないようにすることで、危険を避け、自らを守ろうとする。
 
つまり「心の引力」の正体は、自分の身を守るために、「今までの生き方」が崩壊するような行動をとらせまいとする、本能の呼び声なのです。
 
強力なわけですよね。
 
カウンセリングの現場でも、ご相談者様の「心の引力」と向き合わせていただく機会が毎日のようにあります。
 
ご相談者様が変わりはじめ、いよいよ現実変更線を越えようかというそのとき、せきたてられるように次から次へと「できない理由」が挙げられていく。
 
一緒に行動計画を立てていても、セッションの終了時間が近づくと、一気に「できない理由」があふれ出てきて、ご自分で決めた計画をなかったことにしようとなさる場合もあります。
 
また、「問題の引き戻し」をくり返すケースも珍しくありません。
 
今までのカウンセリングの中ですでに解決した問題をあらためて取り出して、はじめて取り組む問題かのように何度も解決なさろうとするのです。
 
もちろん「心の引力」のことは、多くの場合ご相談者様に事前にお伝えしてあります。
 
でも、気づかぬうちに強大な本能に引き寄せられ「できない理由」や「解決済みの問題」を使って、現実変更線を越えなくて済むように振るまってしまうのです。
 
ただしこれは、私たち人間にとって当然のこと。
 
心理学的ホメオスタシスです。
 
「今までの生き方」から「新たな生き方」に移行することは、とても怖いことですよね。
 
未知の場所へと踏み出すわけですから、スムーズに乗り越えられる人は誰一人としていないのです。
 
かく言う私も、新しい講座やサービスをはじめようとすると、毎回「心の引力」の強い力を感じます。
 
いざ準備を開始する日の朝になると、
 
「夜の方がいいアイディアが浮かぶから」
「もっと時間に余裕があるときの方がいいから」
「月末にはじめた方がお客さんに知らせやすいから」
「コラムの執筆の方を優先した方がいいから」
 
とかなんとか言って、あらゆる「できない理由」を挙げはじめる。
 
つまり、新しい講座やサービスを開始することで、日常生活の「行動パターン」が大幅に変わり、未知のできごとがたくさん起こることを、本能が全力で嫌がるわけです。
 
とはいえ、おかげさまでそのような「心の引力」に飲み込まれることなく、しっかりと予定どおりに準備を開始することができています。
 
それは、「心の引力」と距離をとっているため。
 
「心の引力」を客観的にながめて、マネジメントしているからです。
 
ご相談者様もカウンセリングの中で、ご自分の「心の引力」に何度も遭遇することで、だんだんと上手にその力に対処できるようになっていかれます。
 
あなたも、人生を変える局面で「できない理由」が浮かんできたら、「心の引力ではないか?」という視点をお持ちになることをオススメします。
 
もちろん、本当に現実変更線を越える必要がないと思っている場合もありますので、慎重に判断することは大切です。
 
でも「心の引力ではないか?」と客観的に見ようとすることで、「心の引力」と距離をとることができるようになります。
 
やがて強い力に飲み込まれることなく、上手に「心の引力」に対処し、「今までの生き方」から「新たな生き方」へと移行することができるようになっていくはずです。
 
現実変更線を越えるための具体的な方法については、私の著書「生きづらさから脱け出す実践法」の中で詳しく説明しておりますので、どうぞご参照ください。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ