「心の空間」を生きる

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第21回
「心の空間」を生きる

 
この世界には、二種類の「住人」が存在していると私は考えています。
 
一つは「物質空間」の住人。
 
もう一つは「心の空間」の住人です。
 
「物質空間」とは、目の前にある机や仕事といった「物」や「現象」が存在している空間。
 
「心の空間」とは、考えごとや不安といった「思考」や「感情」が存在している空間です。
 
誰もがどちらかの空間に住んでいる。
 
といっても、どちらかの空間に100%住んでいるわけではなく、物質が80%、心が20%というふうに、両方の空間を感じながら住んでいるのです。
 
この世界にいる人々は、「物質空間」の住人がほとんどだと言えるでしょう。
 
ちなみに私は、圧倒的に「心の空間」にいる比率が高い「心の空間」の住人です。
 
自分のすべてが「心の空間」にあって、その中から「物質空間」を遠目に眺めているような感覚すらしています。
 
このように「物質」と「心」という分け方をすると、体と心は別物だという「心身二元論」を思い浮かべる人が多いかもしれません。
 
でも、体と心は一つ。
 
というより体と心は「同じもの」です。
 
体と心は、物理空間プログラムという一つの場所における「現れ方の違い」に過ぎません。
 
だから「物質空間」と「心の空間」も、まったく別の世界だということではありません。
 
一つの世界における「現れ方の違い」なのです。
 
私は、思考や感情、意識も単なる物理現象だと思っています。
 
足元に転がっている石がそこに自然と存在しているように、思考や感情、意識もこの世界に物理現象として自然と生み出され存在している。
 
人間は、とかく意識というものを特別あつかいして、自分たちを他の生命や物質とハッキリ分けたがります。
 
でも私には、足元の石も、自分の意識も同じようなものにしか見えない。
 
違いがあるように思えないのです。
 
すべてが横一列に並んでいる。
 
だから「物質空間」の住人と「心の空間」の住人の違いも、「地上」に住むカワウソと「地下」に住むモグラの違いていどでしかない。
 
どちらも同じ世界の住人なのです。
 
生きづらい人は「心の空間」の住人であることが多いと言えるでしょう。
 
自分の思考や感情が、意識のほとんどを占めているのです。
 
だから、今朝自宅の鍵をかけたかも定かではないことが多いし、眼鏡をどこに置いたかもよくわからなくなる。
 
買い物に行っても買い忘れをして、日々のルーティンワークですらよく間違えることがあります。
 
かと思えば、小さなトラブルで受けたショックの感情をいつまでも引きずり、不安になったり泣いたりもする。
 
つまり「物質空間」と接触している面がとても小さく、「心の空間」と接触している面がとても大きいのです。
 
「物質空間」の住人からすれば、「心の空間」の住人の行動は信じがたいほど低レベルに見え、自己中心的にすら見えます。
 
思わず「直せ」と言いたくなる。
 
でも、直すとか直さないの問題ではなく、もともと住んでいる空間が違う。
 
「心の空間」の住人は、「物質空間」の住人と同じレベルでは行動はできないのです。
 
それは反対にも言えること。
 
「物質空間」の住人も、常に考えごとをしたり、ものごとにいちいち猛烈に感動したりはできない。
 
お互いに自分の意志でどうにかなるレベルではないのです。
 
にもかかわらず「物質空間」の住人は、ささいなことでも自分たちに合わせろと詰め寄ってきます。
 
それは、効率のいい日常生活や組織運営にさしつかえがあるからです。
 
しかしそれ以前に、そもそも二つの空間が存在していることに気づいていない。
 
世界が違って見えていることに気づいていないからです。
 
ここで「心の空間」の住人が、あなたたちとは住んでいる空間が違うと言ったところで、「言い訳するな」と怒られてしまうだけでしょう。
 
でもじっさいに「物質空間」の住人と「心の空間」の住人とでは、見えている世界がまったく違う。
 
どちらの空間が正しいというわけではない。
 
ただ事実として、二つの空間が存在しているのです。
 
私は「心の空間」の住人です。
 
「心の空間」に住むことで、心地よい人生を送ることができています。
 
毎日が充実していて、とても幸せです。
 
と言っても「心の空間」に住むことを選んだわけではありません。
 
そんな器用なことはできない。
 
もともと「心の空間」に住んでいただけ。
 
ただそれに「気づいた」だけなのです。
 
さて、あなたは「物質空間」の住人なのでしょうか、それとも…?
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ