人生に疲れ果てたとき

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第23回
人生に疲れ果てたとき

 
私たちには、苦しみをしのぐ時期というものがあります。
 
とくに長いあいだ悩みつづけて、人生に疲れ果て、力尽きてしまったあと。
 
自分の性格や考え方を変えようと奮闘し、仕事や人間関係の問題を解決しようと努力しつづけたことで、ついに身も心もボロボロになり、苦しみを耐え忍ぶしかなくなってしまう時期です。
 
もはや、どうしたらいいのかわからない…。
 
結果的に、今までとは違う角度から自分自身と深く向き合わざるをえなくなる。
 
それは、人生の仕切り直しとも言えるかもしれません。
 
この時期を、ただ苦しみ嘆いて過ごすこともできます。
 
しかし、人生のモデルチェンジをする準備期間に入ったのだととらえることで、その後の人生が大きく違ってくる。
 
人生に疲れ果て、自分と深く向き合うこの時期は、人生のモデルチェンジがまさにスタートしたところなのです。
 
この時期に重要となるテーマがあります。
 
それは、
 
「あきらめること、あきらめないこと」
 
を自分自身に問いかけること。
 
人生のモデルチェンジをするために、何を手に入れ、何を手放すのかを自分の中でしっかりと選択していくのです。
 
何も失わずして、人生のモデルチェンジを果たせればそれに越したことはありません。
 
しかし、現実がそんなムシのいい話を受け入れてくれるほど甘くはないことは、あなたもよくご存知のとおり。
 
両手いっぱいに抱えたままでは、何も受け取れないのです。
 
だから「あきらめること、あきらめないこと」を、自分に問いかけてみる。
 
とは言うものの、あきらめるという行為は口で言うほどやさしくはありませんよね。
 
なぜなら、あきらめるかあきらめないかは、自分の意志次第であるという面が大きいからです。
 
変えられるか変えられないか、できるかできないかは、事実次第である面が大きいでしょう。
 
でも、あきらめるかあきらめないかは、事実だけではなく、感情が強くかかわってくるのです。
 
本気で生きていればいるほど、その感情は強く積み重なっているものでしょう。
 
生きづらい人は、本気で生きている人が多い。
 
だから、あきらめることへの抵抗感がとても強いのです。
 
ではじっさいに、この時期にはどんなことをあきらめていく場合が多いのでしょうか。
 
一つは、目標です。
 
自分自身の理想像、仕事や暮らしといった日常的なものから、夢と呼べるような大きなものまで、じっさいに自分が手に入れようとしている精神的、物質的、環境的なものをあきらめていく。
 
夢のあきらめ方」に書いたのは、まさにこれらのことをあきらめるための具体的な方法です。
 
もう一つは、理解です。
 
自分がどんなことで苦しんでいるのか、どれほど苦しんできたのかを理解してもらいたい。
 
これは、「わかりにくい不幸」にも書かせていただいたとおり、本当にしつこく根強い感情です。
 
その根強い感情をあきらめていくのです。
 
あきらめるという言葉を使うとき、「諦める」のではなく「明らめる」のだと説明されることがよくあります。
 
無理やり断念するわけではなく、
 
「これ以上は追い求めても無駄なのだ」
 
「これは自分には必要のないことなのだ」
 
と明らかに見ていくという考えです。
 
とても冷静で理にかなった考え方ですよね。
 
もちろんそういう視点が必要であることはたしかです。
 
本当にそのとおりだと私も思います。
 
しかし「明らめる」のではなく、はっきりと「断念」せざるをえないときがある。
 
もう自分には手に入らないのだと「諦める」ことも、苦しみをしのぐ時期には求められるのです。
 
なんだかこんなふうに言われると、人生の仕切り直しなんて、苦しい時期に苦しみを上塗りするだけのものでしかないように思えてくるかもしれません。
 
でも重要なのは、あきらめることそのものではありません。
 
「その代わり何を手に入れるのか?」
 
ということが重要なのです。
 
あきらめるのは、「あきらめないこと」のため。
 
手に入らないからあきらめるのではなく、何か別の大切なものを手に入れるためにあきらめるのだということ。
 
かけがえのない新たな価値を手に入れるために、あきらめるのだということです。
 
あきらめるのは、自分を責めるためではない。
 
あきらめるのは、自分を苦しめるためではない。
 
あきらめるのは、自分の価値を下げるためではない。
 
あきらめるのは、前へ進むため。
 
人生を仕切り直し、人生のモデルチェンジをするためなのです。
 
何を手にするためにあきらめるのか。
 
じっくりと向き合ってみる。
 
何をあきらめるのか。
 
じっくりと向き合ってみる。
 
それが人生に疲れ果て力尽き、苦しみをしのぐ時期におこなうこと。
 
大切なものを捨ててでも、自分がいったい何を手にしたいと思っているのか。
 
切実な今だからこそ聴こえてくる声がある。
 
自分の奥底にある魂の叫びを聴きとることが、あなたに求められているのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ