AIと張り合うくらいなら

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第25回
AIと張り合うくらいなら

 
現在さまざまな場面で、人間の代わりにAIが活躍しています。
 
人間に「勝つ」AIもいる。
 
以前「AI時代に生き残る仕事」でもご紹介したとおり、私たちの職業もAIに取って代わられるようになっています。
 
この先も私たちは、AIに居場所を奪われつづけていくのでしょうか?
 
きたるべきAI社会を分析した「AIの衝撃 - 人工知能は人類の敵か」(講談社)の中で、著者の小林雅一さんが、こんな未来のワンシーンを予測されています。
 
--------------------
あるとき、農作業の合間に将棋をしている人たちのところにAIロボットが訪れて、こう尋ねます。
 
「あなたたちはなぜ、そんな時代遅れの、つまらないゲームをして遊んでいるのですか?」
 
私たちの遠い子孫は、このロボットに向かって次のように答えるでしょう。
 
「そうかもしれないね。でも君たちは、そんな頭の悪い我々が生み出したものなんだよ。」
--------------------
 
未来の人間とAIのやりとりですね。
 
つまり人間は知能の面でAIと張り合うのをやめて、「人間らしさ」を楽しみながらAIと共存しているということでしょう。
 
もしかしたら、本当にこのようなのんびりした未来がくるのかもしれません。
 
ただ、少なくともしばらくのあいだは、人間とAIの「知能の競争」はつづくはずです。
 
そして「AIの人間化」が進んでいくでしょう。
 
やがてAIが一定の性能に達したとき、私はごく近い将来、
 
「誰々のAI」
 
というものが流行る時代がくると考えています。
 
たとえば「ニーチェのAI」とか「ブッダのAI」など、まずは過去の賢人の頭の中を疑似的に再現して、私たちにアドバイスを与えるエンターテイメントが話題になるかもしれません。
 
しだいに、それは存命中の著名人へと広がっていき、著作などで自分の考えを多く言葉に残している人の「悩み解決AI」がつくられて、スマホで簡単に相談できるようになるかもしれません。
 
ここまでお読みになったあなたは、
 
「おお、それは面白そうだ。使ってみよう。」
 
「誰のAIができたらいいかなぁ。」
 
と思われたかもしれません。
 
でも、ここで一つあなたにご提案したいことがあります。
 
それは、「誰々のAI」を使う側ではなく「誰々のAI」になる側をイメージしてみるということ。
 
つまり、
 
「自分のAI」
 
が作られるような人生を送るということです。
 
著名人のAIがあるていど流行ったら、きっと「身近な人のAI」を作るブームがくるでしょう。
 
そのための状況も整ってくるはずです。
 
死にあたっても遺言書だけではなく、遺族がさみしがらないように「自分のAI」を残すサービスも生まれるのではないでしょうか。
 
じっさいに現在、3Dプリンターの発展で、故人の3Dフィギュアを残すビジネスの利用者が増えているそうです。
 
お墓の前にいきスマホをかざすと、当人のメッセージつき映像がお墓の前に現れるというサービスもあるそうです。
 
きっと近い将来には、「死後に何かあったら相談してくれ」と自分のAIを家族に残そうとするニーズ、残して欲しいと願う遺族のニーズも増えてくるでしょう。
 
そんな時代が、あなたの生きているあいだに訪れたとき。
 
いろいろな人のAIに頼ってばかりの生き方と、「あなたのAIをつくりたい」と言われる生き方とでは、人生の濃密さが違うのではないでしょうか。
 
それは、誰かのために生きるというキレイごとでもなく、自分の名前を後世に残したいという自己顕示でもない。
 
もっと単純なこと。
 
あなたの「実存」が活かされ、充たされているということ。
 
つまり「ジツ充」です。
 
もしあなたが生きづらさを抱えておられるのなら。
 
きっと毎日毎日悩みつづけてきたはずです。
 
そしていろいろな気づきを得て、人生の苦難を乗り越えてきたことでしょう。
 
それは「AIになりやすい人生」だとは言えないでしょうか?
 
あなたは、あなたが思っている以上に、大きな財産を心の中に持っています。
 
それを整理し、言葉として形にしていくことは、とても有意義な営みです。
 
「誰々のAI」づくりが身近なサービスになったら、自分の情報のインプットは、
 
「では、この1,000個の質問にチェックしてください」
 
といった、なんだか味気ない方法になるかもしれません。
 
でもあなたの生きた言葉が手元にあれば、それをインプットすることで、「あなたのAI」はきっと他の人のAIよりもリアルで切実な力を持ったものになるでしょう。
 
カウンセリングの現場でも、じっさいにご自身の考えを整理し、言葉にするためにセッションを受けているという方が、たいへん多くおられます。
 
カウンセラーとの対話をとおして、自分を見つめ、自分がどんな思考をしているのか、外側に取り出して形にしていくのです。
 
それは、日常では味わえないとても濃密な時間です。
 
現代は、AIに自分の居場所が奪われるのではないかと、なにかと恐れをあおられる時代です。
 
しかし、AIと張り合うくらいなら、自分のAIをつくってしまおうという遊び心があるくらいの方が、これからの時代を豊かで柔軟に生きていくことができるのかもしれません。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ