ジツ充とジコチュウの違い

 

ジツ充とジコチュウの違い

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第26回
ジツ充とジコチュウの違い

 
実存を満たす生き方「ジツ充」を目指す方から、よくお受けする質問があります。
 
それはジツ充を目指すことで、いわゆる、
 
「ジコチュウ」
 
な人間になってしまうのではないかというご心配についてです。
 
たしかに、私という「個」を極めるなどと言われたら、他の人のことなど一切気にしないでワガママな人間になってしまいそうですよね。
 
自分の満足だけを考えるジコチュウになってしまうのではないかと不安になるのもごもっともだと思います。
 
でもご安心ください。
 
ジツ充を目指しても、ただのジコチュウにはなることはありません。
 
なろうと思ってもなれないのです。
 
思い出してください。
 
実存とは「私という存在そのもの」だということを。
 
つまり、むきだしの存在。
 
名前もない、住所も、学歴も、職業も、国籍も、性別も、体もない。
 
むきだしの私。
 
その存在の意義を問うということは、そもそも自分とは何かということを問わざるをえなくなることを意味しています。
 
ここではあまり深い入りしませんが、自分とはいったい何なのかとどこまでも問うていけば、やがて世界と自分との境目なんてあってないようなものなのだということに気がつくでしょう。
 
それを私は著書「生きづらさから脱け出す実践法」の中で、
 
「世界=自分」
 
と表現しました。
 
つまり、一本の井戸を深くふかく掘りつづていくと、やがて地下水脈という水源そのものにたどりつくということ。
 
さらに、その水源をとおして、すべての井戸が実はつながっていると気づくのです。
 
井戸の水と地下水脈の水は同じもの。
 
自分の井戸の水とすべての井戸の水も同じもの。
 
つまり「世界=自分」であると気づかされるのです。
 
これは、人類みな兄弟、世界は一つといった標語的な倫理観とは、まったく別のもの。
 
そして、すべてのものは一つであるといったロマンティックな世界観ともまったく別のものです。
 
「私の欲求」というごく狭い範囲のものだけを満たそうとすることに、とてつもない違和感をおぼえるようになるということです。
 
私を優先するべきか、世界を優先するべきか葛藤せざるをえなくなるのです。
 
これは「実存的葛藤」です。
 
自我を満たすという方向と、自我を失くし世界のために生きるという方向が相反しているという事実に向き合い、葛藤に突入せざるをえないのです。
 
自分だけおいしいものを食べて、満腹になっていていいのだろうかと迷う。
 
人助けをしていても、結局は自己満足なのではないかと悩む。
 
それは、
 
「私だけいい思いをしている」
「困っている人を見殺しにしている」
 
という単なる罪悪感でもない。
 
「一人で生きているのではない。だから助け合わないと」
 
というお道徳でもない。
 
「人助けなんてただの偽善だよな」
 
という安っぽいニヒリズムでもない。
 
そんな簡単に答えを出してはいけないような感覚。
 
頭の中で問うても問うても答えが見つからないような感覚が生じてくるのです。
 
自分だけ満足することが、なぜいけないのか?
 
「世界=自分」なのにもかかわらず、なぜ他人を蹴落としてまで生きようとするのか?
 
なぜ私たちは、こんなにも自分の欲求ばかりを満たそうとするようにできているのか?
 
なぜ、世界に貢献してさえいれば満足できるように作られていないのか?
 
どうして世界はこんなに不公平なのか?
 
そもそもなぜ生きるのか…?
 
そのような問いに答えが見出せずに、葛藤せざるをえなくなるのです。
 
そして自分の人生をとおして、本気でその答え導き出そうとする。
 
その答えを行動でたしかめるようになるのです。
 
やがて、どんなに偉そうに問うても、自分にできることなんてとても限られているという事実をイヤというほど突きつけられる。
 
ジツ充を本気で極めようとすれば、ジコチュウになりようがなく、おごりたかぶりようもないのです。
 
もちろん日常生活レベルでは、ワガママに振るまったり、ついつい調子に乗ってしまうことはしょっちゅうあるでしょう。
 
でも、心の底から実存的葛藤が消えてしまうことはない。
 
問いを目の前にして、
 
「人生なんてそんなものだ」
 
という思考停止では割り切れない。
 
人助けをしたからといって、
 
「私は善人だ」
 
と安心してしまうこともない。
 
法を犯した人を見ても、
 
「なんて悪いヤツだ」
 
なんて簡単には断罪できない。
 
その妥協を限りなくはぶいた実存的葛藤の中から導き出した答えでなければ、実存は満たされないのです。
 
もしリア充を目指していたら、「私の欲求」だけを満足させればいいのですから、実存的葛藤にはおちいりようがありません。
 
葛藤するとしたら「私の欲しいもの」と「私の収入」が相反しているとか、「私の子育て方針」と「私の子供の性格」が相反しているとか、「私のやりたいこと」と「私の能力」が相反しているといった、ごくごく個人的な範囲でしょう。
 
もちろん、人間は誰もがそのような個人的な葛藤を持っています。
 
しかし、ジツ充はそのような個人的な葛藤とは別に、実存的葛藤を持っている。
 
世界と自分との葛藤におちいる。
 
自我を満たさざるをえない現実と、世界の中で使命を果たそうとする衝動がぶつかる。
 
どのように生きていけばいいのかわからなくなるのです。
 
その本気の葛藤の中から導きだされていくのが、私という「個」の役割。
 
その役割が、単なるジコチュウになることはあり得ないでしょう。
 
これは決して楽しいだけではない、濃密な生き方です。
 
ジツ充とは、常に深い葛藤とともに歩む生き方。
 
サラリとした口当たりがいいだけの生き方ではなく、中身のギュッと詰まった、
 
「のど越しのある生き方」
 
なのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ