TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | ネガティブ思考を変える適切な方法


ネガティブ思考を変える適切な方法

 

ネガティブ思考を変える適切な方法

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第28回
ネガティブ思考を変える適切な方法

 
私たちはよく、考え方を変えたいと願いますよね。
 
とくに自分を苦しめる後ろ向きな考え方、
 
「ネガティブ思考」
 
を変えたいと思うことが多いのではないでしょうか。
 
カウンセリングの現場でも、生きづらさを感じている方から「ネガティブ思考を変えたい」というご相談をよくお受けします。
 
たとえば、
 
・将来のことを考えるとすぐに不安を感じてしまう
・ちょっとしたミスで自分を責めて落ち込んでしまう
・ささいなトラブルでツイてないと感じやる気をなくしてしまう
 
など、まとわりつくネガティブ思考をなんとかしたいと悩んでいらっしゃるのです。
 
そこで多くの方は、次のように自分に言い聞かせます。
 
「不安なんて感じちゃダメだ。もっと自信を持たないと。」
 
「落ち込んじゃダメだ。もっと前向きにならないと。」
 
「ツイてないなんて思っちゃダメだ。もっといいところにも目を向けないと。」
 
でも、どうしてもうまくいきません。
 
それどころか、よけいに不安になったり、落ち込んだり、やる気を失ってしまう「いつものパターン」にハマり込んでしまうのです。
 
いったいなぜなのでしょうか?
 
なぜいつも、同じネガティブ思考のパターンにおちいってしまうのでしょうか?
 
それは、
 
「思考は自動で進んでいるから」
 
です。
 
私たちはついつい、思考を自分でコントロールしているつもりになっています。
 
しかし、じっさいは違います。
 
思考はみずから思考を進めている。
 
私たちは、思考を自分の意識で制御していると思い込んでいるだけなのです
 
理論物理学者であり、思考についての深い洞察でも著名なデヴィド・ボーム博士は言います。
 
「思考には、思考が何かをしているにもかかかわらず、それをしていないと言う性格が備わっている」
ボームの思考論/デヴィッド・ボーム:著
 
つまり、思考はみずから思考を進めているにもかかわらず、まるで自分は何もしていないふりをしているということ。
 
だから、私たちはそのことに気がつくことができないのです。
 
私たちの思考は、自動で進むアミダくじのようなもの。
 
思考のアミダくじ」です。
 
自動で進んでいき、結論を出します。
 
そして気がつけば、浮かんできたネガティブ思考をまっこうから否定して、考え方を無理やり変えようとするのです。
 
それは言いかえれば、思考のアミダくじの横棒をはずそうとすることです。
 
でも、思考のアミダくじの横棒は、そう簡単にはずせません。
 
はずそうとすると強固に抵抗してきます。
 
結果として、よりその思考を強めてくる。
 
そして、より不安になり、より自分を責めて落ち込み、よりやる気をなくしてしまう「いつものパターン」へとハマり込んでしまうのです。
 
では、どうすればそのパターンを変えることができるのでしょうか?
 
それは、
 
「思考と距離を取る」
 
ことです。
 
思考のアミダくじの進み具合を、距離を取って眺めてみる。
 
自分の思考がどのように進んでいくのかを、気づいた時点からでいいので、遠巻きに眺めてみるのです。
 
すると、思考のアミダくじがストップします。
 
そこで無理にネガティブ思考をコントロールしようとせず、まったく別の方向へと思考のアミダくじの横棒をかけていくのです。
 
カウンセリングでも、よくそのワークに取り組みます。
 
そして生きづらさを抱えている方が、上手にネガティブ思考に対処できるようになっていかれます。
 
ネガティブ思考を変えるためには、思考と距離を取り、思考のコントロールを手放す。
 
自動で進んでいく思考を遠巻きに眺めることで、ネガティブ思考に冷静に対処できるようになっていくのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。