TOP | コラム | 生きづらい人生の歩き方 | 悩み解決書で悩みが解決しない理由


「悩み解決書」で悩みが解決しない理由

 

生きづらい人生の歩き方第32回 悩み解決書で悩みが解決しない理由

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第32回
「悩み解決書」で悩みが解決しない理由

 
世間には、たくさんの「悩み解決書」が出ていますよね。
 
たとえば、
 
「〇〇すれば人生は絶対うまくいく」
「〇〇を手に入れるたった一つの習慣」
「〇〇の悩みをズバリ解決します」
「人生が劇的に変わる〇〇の言葉」
「お金を引き寄せる〇〇の法則」
「〇〇になれない本当の理由」
「〇〇がしんどいと思ったら読む本」
「〇〇流、誰でも幸せになれる方法」
 
などなど・・・。
 
どれも魅力的なタイトルの本ばかりです。
 
そのタイトルにひかれ、じっさいに買って読んでみると、だいたい同じようなことが書かれています。
 
・目標をもとう
・達成したイメージをしよう
・感謝しよう
・いいところに目を向けよう
・ポジティブな言葉に言いなおそう
・相手を思いやろう
・人をよろこばせよう
・人を許そう
・自分を大切にしよう
・好きなことをやろう
・自己投資しよう
 
などなど・・・。
 
タイトルは違えど、中身は同じ。
 
どれも自分がすでに取り組んできたことばかり。
 
あなたはガッカリすると同時に、やはり自分の努力が足りないだけなのかと思ってしまうのです。
 
そして「悩み解決書」に書かれていた、「感謝する」「ポジティブな言葉に言いなおす」といった努力を、さらにつづけることになります。
 
しかし、悩みは解決されるどころか、無理を重ねて追いつめられるはめになり、さらに苦しさが増していってしまうのです。
 
いったいなぜ、このようなことがくり返されるのでしょうか?
 
それは、ほとんどの「悩み解決書」の取りあつかっている悩みが、「浅くて単純」だから。
 
生きづらさを感じているあなたの悩みのように、「深くて複雑」ではないからです。
 
もちろん、「浅くて単純」な悩みだから悪いとか、価値がないということではいっさいありません。
 
そして、「深くて複雑」な悩みだからといって、偉いわけでも高尚なわけでもない。
 
ただ、
 
「悩みの階層」
 
が違うのです。
 
「悩み解決書」の著者の方の多くは、ご自身の経験を語っています。
 
こんな悩みがあったのだが、こんな方法で解決したと。
 
ただその悩みというのが、多くの場合「浅くて単純」な悩みばかりなのです。
 
その「浅くて単純」な悩みを、たとえば人に感謝するようにしたら解決することができた。
 
また、ポジティブな言葉を使うようにしたら、前向きになれた。
 
今までそんなことを考えたこともなかったが、やってみたらあっさり解決できた。
 
つまり、自分を変えるを努力してなかった人が、はじめて努力をしたらうまくいったという内容がほとんどなのです。
 
もっとストレートに言うと、
 
「ただ努力してなかっただけ」
 
というパターンがとても多いのです。
 
長いあいだ、自分を変える必要に迫られるほど追いつめられることもなかった。
 
それが、離婚の危機や子供の反抗、リストラや事業の失敗など、物理的な「わかりやすいピンチ」におちいってはじめて、努力せざるをえなくなった。
 
そうしたらうまくいった。
 
やろうと思ったらできるポテンシャルがあったのに、たんにやっていなかっただけという物語によって、多くの「悩み解決書」の内容は構成されているのです。
 
でも、なぜそのような「浅くて単純」な階層の本ばかりが出版されるのでしょうか。
 
それは、その階層にいる人が、この社会のなかで圧倒的に多数だからです。
 
ほとんどの「悩み解決書」に書かれていることは、正しいことばかりです。
 
というか、とても当たり前のことが書かれています。
 
でも、その当たり前の努力すらしたことのない人が、ほとんどなのです。
 
世の中の人のほとんどは、深く悩んだこともなく、自分を変えようと努力したこともない人ばかり。
 
そういった努力をするほど苦悩した経験がない人によって、この社会は埋め尽くされているのです。
 
でもあなたは違う。
 
「悩み解決書」に書かれている当たり前のことに、真面目に取り組んできた。
 
それでも解決できないから、また別の本を買ってみた。
 
同じことが書かれているから、これはきっと自分の努力が足りないだけなのだと感じて、さらに努力を重ねてきた。
 
チャレンジをくり返してきた。
 
そして、ついに力尽きてしまった…。
 
もうあなたは、そのチャレンジをくり返す必要はないのかもしれません。
 
「浅くて単純」な階層には、十分に取り組んできたはず。
 
これからは、別の階層でチャレンジしていく。
 
「深くて複雑」な階層にチャレンジする段階がきているのです。
 
もしこの先も、書物にアドバイスを求めるのなら、その本が「深くて複雑」な悩みを取りあつかっているものか見極めてみましょう。
 
その本が自分の「悩みの階層」にしっかりとマッチしていれば、きっとあなたに、「新たな視点」をもたらしてくれるはずです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
 
<次回更新予定 2018年6月25日(月)>

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ