TOP | コラム | 生きづらい人生の歩き方 | もっとクヨクヨ考えよう


もっとクヨクヨ考えよう

 

生きづらい人生の歩き方第34回 もっとクヨクヨ考えよう

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第34回
もっとクヨクヨ考えよう

 
私は、昔からものごとをクヨクヨと考えるタチです。
 
あなたはいかがでしょうか?
 
「クヨクヨ考える」という言葉は、ふだんあまりいい使われ方をすることはありませんよね。
 
言葉のうちに、「考え過ぎ」であるとか「根に持つ」とか「暗い性格」といったネガティブな意味が含まれているからでしょう。
 
そのため、落ち込んでいる人に向けた、
 
「クヨクヨ考えるなよ!」
 
という声がけも、純粋な励ましという場合はとても少ない。
 
むしろ、考えても無駄なことをネチネチと悩むんじゃないという、お叱りである場合が多いのではないでしょうか。
 
しかし私は、クヨクヨ考えることに強い意義を感じています。
 
なぜなら、クヨクヨ考えることは、人生を成熟させてくれるからです。
 
以前、こんなことがありました。
 
私がいつもどおり、犬の散歩をしていたときのことです。
 
散歩は私にとって、貴重な考えごとの時間です。
 
また我が家の犬は、過去に突然噛まれた経験があり、犬同士の交流が苦手です。
 
そこに、
 
「あ、同じ種類のワンちゃん!お友達よ!」
 
と、犬を連れて笑顔でかけ寄ってきた女性がいました。
 
夫と思われる男性が後ろからついてきました。
 
私は、軽く会釈をしてとおりすぎようとしました。
 
でも、その女性はかまわず犬同士を接触させてきたのです。
 
案の定、犬たちはすぐに吠え合う状態となりました。
 
私はすぐに犬を引っ込めたのですが、女性はいつまでも笑顔で目の前をどいてくれません。
 
しだいに興奮した相手のワンちゃんが、吠えた拍子に、
 
「パクッ」
 
と我が家の犬の手をくわえてしまったのです。
 
幸い噛まれてはいなかったのですが、相手にそのことを告げると、
 
「うちの子は大丈夫ですよ!」
 
とニコやかに言って、まだ立ち去ろうとしません。
 
いえいえ噛まれそうになったのはうちの方です、と伝えたところ、ずっと気まずそうにしていた旦那さんが女性をうながしてくれました。
 
女性は、不思議そうな顔をしながらも、ようやく目の前をどいてくれました。
 
私は、そのあとにクヨクヨと考えました。
 
こちらがとおり過ぎようとしているのに、なぜわざわざ近寄ってくるのだろう。
 
迷いなく笑顔で立ちふさがったり、うちの子は大丈夫だとか、いったいどこまで前向きなのだ。
 
でも、向こうも悪気があるわけではないし、それだけ犬同士の交流が好きなのだろう。
 
こちらの犬が、そこまで交流が苦手であることも知らなかったわけだし。
 
俺も、もう少し愛想よくすればよかっただろうか。
 
うちの犬にも悪いことをした。
 
次に会ったときには、どう対処するのがいいだろうか?
 
それにしても、どうして犬の飼い主というものは、犬を見ると「あ、お友達よ!」とうれしそうに言うのだろうか。
 
はじめて会ったのだから友達なわけないだろう。
 
犬の立場にもなってみなさい。
 
だいいち、我々人間というものは、いつも自分の世界観を他の生命にも当てはめて、まったくの疑問を持とうともしない。
 
そもそも人間同士であっても、意識の共有は…。
 
と、延々とクヨクヨ考えていたわけです。
 
結果として、今後同じようなことが起きた場合の対処法はもちろんのこと、これからの人生に役立つ多くのアウェアネスを得ることができました。
 
その二日後。
 
まんまと同じ飼い主さん御一行にバッタリ会ってしまったので、あいさつをしてとおり抜けようとしたそのとき。
 
その女性が、
 
「あ、同じ種類のワンちゃん!お友達よ!」
 
と、まったく同じセリフと笑顔で犬を連れてかけ寄り、目の前に立ちふさがったのです。
 
おっと二日前の事件をもうお忘れかと驚いているところを、旦那さんが気づいてくださり、女性はああそうでしたっけと笑顔で立ち去っていきました。
 
それを見て、たいへん失礼ながら私は思ったものです。
 
「もっとクヨクヨ考えようよ」と。
 
この飼い主さんは、交流好きで、前向きで、引きずらない性格。
 
それ自体は、私も一つの貴重な性格だと感じます。
 
場が明るくなり、状況によっては求められる機会も多いでしょう。
 
しかし、今回の状況にかんして言えば、あきらかにその女性の中に見当たらないものがあるのではないでしょうか。
 
それは、
 
「葛藤」
 
です。
 
クヨクヨ考えるということは、まさに葛藤すること。
 
葛藤しつづけることです。
 
その葛藤が、成熟した視点や答えを生みだす。
 
人生そのものを成熟させていくのです。
 
反対に、クヨクヨ考えなければ葛藤は生じません。
 
つまり、迷いがない。
 
迷いなく自分の思いを実行にうつせるのですから、本人は大変気分よく過ごせるでしょう。
 
周囲で誰が傷ついても、本人は気にせず心すこやかに生きていくことができます。
 
それも一つの生き方です。
 
ただ少なくとも私は、やたら前向きになって、自分だけ無邪気でのん気に生きていくくらいなら、クヨクヨ考えて葛藤する人生を選びたい。
 
クヨクヨ考えて、葛藤によって自分を少しでも整え、相手を理解しようとし、状況を活かし、解決力を育み、人生を成熟させていきたいと考えています。
 
たしかに、やみくもにクヨクヨ考えることは、人生をうす暗い粘着質な空間にかえてしまうでしょう。
 
周囲の人も迷惑です。
 
しかし、的確にクヨクヨ考えるその方法さえ身につけてしまえば、「クヨクヨ思考」は人生を発展させる強力な武器にすらなるのです。
 
カウンセリングの場でも、自分を苦しめる「クヨクヨ思考」を上手に自分の味方へと変えていかれる方がおられます。
 
それによって、人生が色を変え、みずからも成熟していくことができるのです。
 
クヨクヨ考えることは、必ずしも悪いことではない。
 
人生を変えていく重要な糧となるのです。
 
だから、私はこの場を借りてあえて言いたい。
 
もっとクヨクヨ考えよう!
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ