TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 好きなことを仕事にする…?


好きなことを仕事にする…?

 

生きづらい人生の歩き方第36回 好きなことを仕事にする

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第36回
好きなことを仕事にする…?

 
好きなことを仕事にしよう。
 
そんな魅惑的な言葉をよく見かけます。
 
たしかに、「好きなこと」がそのまま収入につながるのだとしたら、人生においてこれ以上の素晴らしい環境はないように思えます。
 
だから、じっさいに多くの人がチャレンジしているのでしょう。
 
しかし、生きづらさを抱えている人は、「好きなことを仕事にする」というこの言葉を、あまり真に受けない方がいいかもしれません。
 
なぜなら生きづらい人は、のめり込むような「好きなこと」をもともと持っていない場合が多い。
 
さらに、以前「趣味、やりたいことが見つからない」でご説明したとおり、生きづらい人は「好きなこと」を見つけにくい性質を持っているからです。
 
そのため、「好きなこと」を手に入れようと探しはじめると、あっという間に「好きなこと探しの迷宮」に入り込んでしまいます。
 
結果として、「私は、自分の好きなことすら見つけられない…」という自己嫌悪におちいってしまうケースが多いのです。
 
にもかかわらず、本やネット、セミナーなどをとおして「好きなことを仕事にしよう」と、私たちに語りかけてくる人が、たくさんいます。
 
もちろんその人がビジネスマンであれば、そう語っていたとしても、とくに問題はないでしょう。
 
多少なりともビジネス的な成功に興味がある人に向けて語っているわけですし、受け取る側もそのつもりで聞くはずです。
 
しかし、なかには「心理カウンセラー」と名乗っている人まで「好きなことを仕事にしよう」と平然と語っているので、あまり本気にさせられないよう、注意する必要があるでしょう。
 
誰もが「好きなこと」を持っているわけではない。
 
かんたんに見つけられるわけでもない。
 
だからこそ、多くの人が苦しんでいるのですから。
 
そもそも「好きなことを仕事にする」という発想は、リア充的であると言えるかもしれません。
 
「好き」という自我を中心に、ものごとを考えているわけです。
 
もちろん、それ自体は悪いことではないですよね。
 
しかし、生きづらい人はそこに安易にのめり込むことができない。
 
「つまらない」「虚しい」と感じてしまう人が多いのです。
 
だからこそ苦しんでいる。
 
そこで私は今まで、実存を充実させる「ジツ充」という生き方をご紹介してきました。
 
その「ジツ充」を、仕事をとおして実現するためには、どうしたらいいでしょうか?
 
それは、この世界において自分が担うことのできる「役割」について考えてみることです。
 
生きづらさを感じるほどの真面目な人は、「好きなこと」という浮かれた感覚を追い求めるよりも、自分の「役割」について考える方がよほど真剣に取り組めるはずです。
 
では、生きづらい人は「好きなことを仕事にする」ことを、あきらめなくてはならないのでしょうか?
 
もちろん、そんなことはありません。
 
なぜなら「役割」を見つけ、それをつづけていくことで、「好き」という感情につながるからです。
 
たとえばあなたが、みずからの「役割」を見出したとき。
 
まだよくわからないなりに、それを仕事としてはじめてみたとします。
 
すると、必要な情報や身につけるべきことが、だんだんとわかってくるはずです。
 
そして、必要な情報の収集や、身につけるべきことの体得に取り組んでいく。
 
そのようにして「役割」を少しずつ育んでいくと、その仕事の魅力がわかってくる。
 
愛着が湧いてくる。
 
やがて、その仕事を「好き」になっていくのです。
 
ちなみに、私も「好きなこと」だからカウンセラーをはじめたわけではありません。
 
ただ、自分にとっての「役割」を考えていったら、自然とカウンセラーにたどり着いたに過ぎません。
 
じっさいにはじめてみたら、思ったよりも向いているかなと感じ安心した点もありましたが、それ以上に、本当に向いていないなと思うことがたくさんありました。
 
それでも、時間をかけて「役割」を育んでいくうちに、だんだんとカウンセラーという仕事の魅力がわかってきました。
 
愛着が湧いてきた。
 
そして、熱烈ではないにしても、今ではカウンセラーという仕事が「好きだ」と言えるようになりました。
 
「しのぶさんは、好きなことを仕事にできたからいいですね」と言われることがあります。
 
でも実は、さかさまなのです。
 
「好きなこと」を仕事にできたわけではなく、できる仕事を育てていたら「好きになった」のです。
 
私たちは、「好きなことを仕事にする」という言葉に、あまり踊らされないようにしたいものです。
 
無理をしてまで「好きなこと」なんて見つけようとしなくていい。
 
「好きなことを仕事にしよう」なんて思わなくていい。
 
まずは「役割」について考えてみる。
 
その「役割」という木の苗を、ほんの少しずつでいいから本気で育ててみる。
 
そうして大切に愛でた木の枝に、やがて小さな「好き」という実がなるのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。