TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | お金との上手なつき合い方


お金との上手なつき合い方

 

生きづらい人生の歩き方第40回 お金との上手なつき合い方

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第40回
お金との上手なつき合い方

 
突然ですが、あなたはヤン・ウェンリーという人物をご存知でしょうか?
 
田中芳樹氏によるSF小説の名作「銀河英雄伝説」に登場するメインキャラクターの一人です。
 
ヤンの父親は交易商人なのですが、その父親の語録にこのようなものがあります。
 
「自分でコントロールできる範囲の金銭は、一定の自由を保証する」
 
私たち人間とお金の関係を、これほどうまく言い当てている表現を、私は他に知りません。
 
たしかに、手にするお金が、自分のコントロールできる範囲内であれば、人生のバランスを崩すこともありませんよね。
 
その結果、衣食住や職業、働く時間についての選択の自由があるていど確保されます。
 
反対に、自分のコントロール能力を超えるほどのお金を手にしてしまうと。
 
必要以上に欲望を満たして止まらなくなったり、無謀な事業に手を出して失敗するなど、人生のバランスを崩してしまうでしょう。
 
結果として、大きな借金やトラブルを抱え、もともと手にしていた自由すら失ってしまうでしょう。
 
まさにお金は、上手につき合えば、今の日本において「一定の自由」を保証してくれる大切なものなのです。
 
というと、なんだかお金を持ち上げすぎていて、過去のコラムと矛盾しているように聞こえてしまうかもしれません。
 
たしかにそうですよね。
 
以前、私はこう言いました。
 
お金はたんなる道具である。
 
さらに今、お金の価値は下がってきていて、たいして気にならないヤツになってきていると。
 
でも、お金にまったく価値がないわけではありませんよね。
 
あらゆるものと交換できるという、とても便利な機能を持っています。
 
そして、その機能を上手に使えば、「一定の自由」というたいへん貴重なものまで手に入れることができる。
 
つまり、お金は極端に崇拝する必要もないけれど、極端に遠ざける必要もないということなのです。
 
この点を勘違いしてしまうと、お金を毛嫌いしてしまうことになります。
 
頭ごなしにお金を「全否定」してしまうことになる。
 
そして、無理にシンプルな生活を目指し、節約し、結局その反動で暴発してまい、お金を稼ごうとし、うまくいかず、よりお金を毛嫌いすることになってしまう…。
 
だから、お金を否定する必要はありません。
 
お金を否定するのは、反対にお金を気にし過ぎている状態。
 
自意識過剰ならぬ「おカネ意識過剰」な状態だと言えるでしょう。
 
「おカネ意識過剰」な人は、自分にとって必要な「一定の自由」について、ちゃんと把握できていない場合が多くあります。
 
そのために必要以上に節約しようとしてしまったり、必要以上に稼ごうとしてしまい、人生のバランスが崩れてしまうのです。
 
ちなみに私は今、昔ながらの団地のようなところに住んでいます。
 
4階なのですが階段がないため、荷物や子供、犬を抱えて昇り降りするのは、けっこうたいへんです。
 
でも、なだらかな坂の途中に立っているので、窓からの見晴らしがとてもいい。
 
夕焼けもキレイですし、天気のいい日は遠くに山並みも見えます。
 
私にとって、見たいときに清々しい景色が見られるという「自由」は、どうしても必要なものです。
 
でも、階段の昇り降りについての「自由」は、とくに必要としていません。
 
つまり、自分に必要な「一定の自由」が今の収入で実現できているわけです。
 
しかし、もしここで私の収入が極端に増えると、私は凡人なので、きっと「エレベーターつきのもっと広い家に引っ越そう」などと考えてしまうでしょう(笑)
 
そして、いろいろと不要なものを手に入れ、自分の能力を超えたスピードで事業を拡大しようとするかもしれません。
 
その結果、生活レベルを維持するために働くことが優先され、時間が奪われ、自分にとって清々しい景色が必要不可欠なものだということなど忘れてしまう…。
 
つまり、お金を上手にコントロールできずに、人生のバランスを崩してしまうでしょう。
 
だから私は、自分がコントロールできる範囲内でおさまるように、収入をあるていど調整しています。
 
「一定の自由」と収入のバランスをとっているのです。
 
もちろん、それは脱世間起業をしているからこそ可能なことです。
 
私は、過去にお金の便利な機能に助けられてきました。
 
間違いなく、お金という便利グッズが日本に流通していたから、脱世間起業も成功させることができました。
 
とても便利な道具だと思います。
 
だから、むやみやたらにお金を毛嫌いしすぎる必要はないと考えています。
 
そんなに気にする必要はないけれど、必要なときには手を伸ばす。
 
そのときになければないで困ってしまう。
 
お金はまさに、ハサミやタンスといった「道具」と同じということなのです。
 
あなたもぜひ、自分にとって必要な「一定の自由」について考えてみてください。
 
そして、そのために、お金という「道具」がどれくらい必要なのかをあらかじめ知っておく。
 
それが、お金に振り回されない方法。
 
お金との上手なつき合い方です。
 
どんなに便利でも、自分でコントロールできないハサミやタンスなんて、怖くて使えないですからね。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。