TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 自己洗脳と自己欺瞞


自己洗脳と自己欺瞞

 

生きづらい人生の歩き方第41回 自己洗脳と自己欺瞞

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第41回
自己洗脳と自己欺瞞

 
生きづらい人の特徴の一つに、自己洗脳や自己欺瞞が苦手というものがあげられます。
 
自己洗脳とは、「これが事実だ」と自分に信じ込ませること。
 
そして自己欺瞞とは、自分をだまして満足してしまうことです。
 
世の中に出まわっている、悩みを解決する心理手法のほとんどは、この自己洗脳や自己欺瞞だと言えるでしょう。
 
先に申し上げておくと、私はこれらの手法が必ずしも悪いとは思っていません。
 
それでご本人が納得し幸せになっているのなら、とくに問題はないと思います。
 
ただ、生きづらい人はどうしてもそれらの手法になじめない。
 
じっさいに私のカウンセリングに来られる方も、自己洗脳や自己欺瞞になじめない方がほとんどなのです。
 
たとえば、自己啓発書や悩み解決書を読んでみる。
 
そこに書かれている、
 
「私はみんなに愛されている」
「誰も私を批判していない」
「乗り越えられないトラブルはない」
「足を骨折、でも首じゃないからラッキー」
 
といった前向きな言葉を自分に投げかけても、まったくそんな気持ちになれず疑問が湧いてくる。
 
またセミナーや宗教系の集まりで、やたらと感謝し合ったり、ほめ合いながら、
 
「人のために」
「元気にイキイキ」
「感謝はエネルギー」
「お金はエネルギー」
 
と言い合っている姿を見ると、どうしても不自然さや矛盾の方に目が向いてしまう。
 
さらには、会ったこともない人たちからSNSで次々に、
 
「お誕生日おめでとうございます!〇〇さんにとって輝く一年になりますように!」
 
とキラキラしたメッセージが送られてくると、心の底からげんなりしてしまうのです。
 
もちろん、はじめからそうだったわけではなく、同じことができるように何度も努力してきた方がほとんどです。
 
でも、自分に嘘をついている感覚がどうしてもぬぐえない。
 
どこかに「そうは言ってもなぁ」と、冷静に見ている自分がいて、罪悪感さえ感じてしまう。
 
つまり、自分を洗脳しきれないし、自分をだましきれないのです。
 
では、いったいなぜ、生きづらい人には自己洗脳や自己欺瞞が効かないのでしょうか?
 
その理由は、
 
「思考停止」
 
をすることが苦手だからです。
 
そのため、自己洗脳や自己欺瞞に気づいてしまうのです。
 
自己洗脳や自己欺瞞というのは、かんたんに言うと途中で考えるのをやめてしまうということ。
 
疑うのやめ、確かめることをやめてしまうことです。
 
つまり、早い段階で「思考停止」すれば、自己洗脳や自己欺瞞に気づかないのです。
 
しかし、生きづらい人はそうはいきません。
 
納得いくまで疑うし、何度もたしかめて、ものごとの本質に深入りします。
 
だから人になじめず、敬遠もされ、ときには「本当のこと」を言って嫌われてしまうこともあります。
 
もちろんここまでのお話は、「思考停止」している人がダメとか、「思考停止」していない方がエラいという話ではありません。
 
誰だってどこかで必ず「思考停止」はしています。
 
だから、生きていられるわけですよね。
 
ただ「思考停止」のポイントが遅く、自己洗脳や自己欺瞞が通用しない人がいる。
 
どうしてもそれらの手法が合わない人がいるのです。
 
合わないにもかかわらず、そのような手法に取り組みつづけることは、自分で自分を追い詰めることになります。
 
「なぜできないのだ」と自分を責めることになり、「努力が足りないだけだ」と無理をしつづけることになる。
 
そして、結果的に自分の心と体を痛めつけることになるのです。
 
だから、もしあなたが「思考停止」が苦手なら。
 
自己洗脳や自己欺瞞の手法には、無理に取り組まなくていい。
 
あなたの悩みの階層に合った手法で、解決に取り組んでいけばいいのです。
 
「思考停止」が苦手であることは、別に悪いことではありません。
 
私は、クヨクヨ考えることをススメているくらいです。
 
「思考停止」しないのは、あなたの個性です。
 
あなたは、その大切な個性を活かした生き方をしていけばいいだけなのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。