TOP | コラム | 生きづらい人生の歩き方 | 人並みという幻想


人並みという幻想

 

生きづらい人生の歩き方第42回 人並みという幻想

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第42回
人並みという幻想

 
「人並み」という言葉があります。
 
そして、その「人並み」からはずれることを、極端に恐れる人がいます。
 
「人並みからはずれたら、生きていけない」と。
 
たしかに「並み」の暮らしからはずれるわけですから、生きていくだけで一苦労。
 
恐れてしまうのも仕方のないことですよね。
 
でも、本当でしょうか?
 
私たちが耳にする「人並み」は、本当に「人並み」なのでしょうか?
 
「人並み」からはずれることを恐れる人に、「人並み」の基準を聞いてみると、たいてい次のような答えが返ってきます。
 
正社員(正規職員)として勤め、結婚して子供をもうけ、実家の持ち家を継いだり、自分の家を持っている。
 
それができてはじめて「人並み」だと自分を認められる、とおっしゃるのです。
 
しかし、こうして「人並み」の条件をながめてみると、かなりハイレベルではないでしょうか?
 
正規職員という条件だけをとってみても、女性では半分以上の人が当てはまらず、男性も3割程度の人が当てはまりません。
(参照:国民生活基礎調査の概況 2016年版)
 
ここには自営業、フリーランスの人は含まれていないので、当てはまらない人は、もっともっと多くなるはずです。
 
さらに、結婚や子供、持ち家という条件が加わることで、当てはまらない人はどんどん増えていきます。
 
じっさいには、「人並み」からはずれて暮らしている人の方が多くなるでしょう。
 
しかも、これは日本国内だけの話です。
 
世界を視野に入れれば、「人並み」からはずれて暮らしている人は、数えきれないほどの人数になるでしょう。
 
さらに過去の歴史まで視野に入れれば、「人並み」から外れている人は、圧倒的多数になることでしょう。
 
そう考えると、私たちが言う「人並み」とは、まったく「人並み」ではない。
 
ものすごく特異な「超少数派」でしかありません。
 
「ニセ人並み」であり、「人並」という名の「幻想」でしかないのです。
 
では、なぜその「幻想」を信じ、そこからはずれるのを恐れるまでになってしまうのでしょうか?
 
一つは、「親の口癖」が関係している可能性が高いかもしれません。
 
子供の頃から、親が、
 
「せめて人並みに正社員になって」
 
「せめて人並みに結婚して」
 
「せめて人並みに子供をもうけて」
 
「せめて人並みにこの家を守って」
 
「せめて人並みに自分の家を持って」
 
と、「人並み」という言葉を当たり前のように使って話していた。
 
しかも、その求めるレベルが高かった。
 
そのためにハイレベルな条件が「人並み」だと思い込まされてしまったのです。
 
もちろん親だけではなく、学校や自分の住んでいる地域全体が、そのような考え方をしている大人で埋め尽くされていたケースもあるでしょう。
 
その地域限定の「人並み」を、まるでそこからはずれたら生きてはいけないかのように心に植えつけられてしまったのです。
 
さらにもう一つの理由として、「人並み」を実現した人の影響を受けているということが言えるかもしれません。
 
「人並み」を実現した人は、少数派でありながら、社会で地位や発言力を持っています。
 
その人たちが、「私を目指そう」と口にする。
 
さらに、国も「人並み」を中心とした制度を整え、メディアも「人並み」のイメージを、広告や記事、番組に多用する。
 
それによって、ハイレベルな条件が「人並み」になっていったことが考えられます。
 
たしかに、大企業で正社員をしている人は、結婚して子供をもうけて、自分の家やマンションを持っている人が多くいます。
 
でもそれは「大企業に勤めている人並み」でしかありません。
 
またある地域では、正社員になり、実家を継ぎ、そこで家庭を持ち、親を養うことが当たり前とされています。
 
しかしそれも「その地域での人並み」でしかありません。
 
じっさいには、その「人並み」からはずれて生きている人の方が、圧倒的に多いのです。
 
そう考えると。
 
「人並みからはずれたら、生きていけない」なんて、なんだかとても非現実的な考え方なのかもしれませんね。
 
少なくとも、じっさいに「人並み」からはずれて生きている多くの人たちが聞いたら、「失礼な!」と感じることでしょう(笑)
 
私たちが耳にするほとんどの「人並み」は幻想です。
 
どこにも実態はありません。
 
私たちがそれに縛られなければならない理由なんてない。
 
恐れる必要は一つもないのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ