TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 気が休まらない…


気が休まらない…

 

生きづらい人生の歩き方第45回 気が休まらない…

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第45回
気が休まらない…

 
「とにかく気が休まらないんです…」
 
生きづらいと感じている方から、よく聞かれる言葉です。
 
いつも気持ちがパンパンに張りつめている。
 
そのせいか、とくに重労働をしたわけでもないのに、すぐに疲れてしまう。
 
そんな自分をだらしない、なまけていると責めてしまい、もっと頑張ろうとする。
 
そして自分を追い詰め、ますます気が休まらなくなっていくのです。
 
あなたにも、そんなご経験がありますでしょうか?
 
もちろん、気が休まらないのにはさまざまな原因があるでしょう。
 
でももしかすると、もっとも大きな原因は、あなたが、
 
心の空間の住人
 
だからかもしれません。
 
心の空間の住人」とは、意識のほとんどが「感情」や「思考」で埋め尽くされている人のことです。
 
それに対して、意識のほとどんがじっさいに目の前にある「物」や「できごと」で埋め尽くされている「物質空間の住人」がいます。
 
生きづらい人は、前者の「心の空間の住人」であることが圧倒的に多い。
 
そのために「二重の苦労」をすることになり、まったく気が休まらなくなってしまうのです。
 
「二重の苦労」とは、どういうことでしょうか?
 
まず、「心の空間の住人」は日常の作業をこなすことが苦手です。
 
だから、ただ生活するだけでもいろいろと苦労が絶えません。
 
さらに「心の空間の住人」には、
 
「物質空間の住人のふりをしなければならない」
 
という重たい苦労が加わるのです。
 
なぜなら、自分が「心の空間の住人」であることを、周囲の人に知られたくないからです。
 
物質空間の住人」に「心の空間」の話題を出しても、残念ながらほとんど通用することはありません。
 
たとえば、
 
「生きる意味」
「漠然とした強い不安」
「身もすくむような恐ろしい想像」
「かたときも頭から離れない不愉快さ」
 
・・・。
 
こんな「心の空間の住人」にとっては当たり前の話をしても、「物質空間の住人」には首をかしげられてしまう。
 
それどころか怖い、気持ち悪いとさえ言われる。
 
そのうえ、弱い、情けないとなじられ、「言い訳にするな!」と怒られることすらあります。
 
だから「心の空間の住人」であることを、かんたんに知られるわけにはいかないのです。
 
といっても「物質空間の住人」がひどいとか、「心の空間の住人」がおかしいということではまったくありません。
 
単純に「住んでいる空間」が違う。
 
そのために、「心の空間の住人」には「二重の苦労」が生じやすいということなのです。
 
日常的に「二重の苦労」を背負っていたら、誰だって気が休まりませんよね。
 
そこで、せめて「心の空間の住人」であることを隠す苦労だけでも、手放してしまいたいものです。
 
心の空間の住人」であることがバレないように生きることは、本当にしんどいことです。
 
だから、「心の空間の住人」であることが当たり前の環境に、できるだけ自分の身を置くようにする。
 
完全には無理でも、「物質空間の住人」より「心の空間の住人」の方が多いと思える場所を見つけ、その環境を中心に生きていくことです。
 
ふだん働く職場も、そのような環境を選べればなおいいことでしょう。
 
そう言われると、メンタルケア業界が思い浮かぶかもしれませんが、この業界も驚くほど「心の空間」の話が通じない人が多い(笑)
 
だから一番いいのは、一人で仕事ができる環境をつくりあげていくことです。
 
私が脱世間起業をしたのも、それが大きな理由の一つです。
 
脱世間起業をすることで、自由な時間も増えて、本を読んだり映画を観たり、思う存分「心の空間」を満喫することができます。
 
また、自分と「悩みの階層」が近い人が集まるワークショップやセミナーに参加してみるのもいいでしょう。
 
自分と感性が近い人と出会える可能性もあり、しかもその場かぎりで割り切ってお話ができるので気も楽です。
 
「不安アルアル」や「心が敏感アルアル」など、日常では決して考えられない話題で盛りあがることもあるでしょう。
 
せっかく「心の空間の住人」として生きているのならば、「心の空間」をいかに楽しめるか。
 
そこにこそ労力を集めてみるのです。
 
物質空間の住人」のふりをして気の休まらない息苦しい毎日を送るより、その方が快適で効率的だと思いませんか?
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。