TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 誰に相談したらいいかわからない


誰に相談したらいいかわからない

 

生きづらい人生の歩き方第53回 誰に相談したらいいかわからない

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第53回
誰に相談したらいいかわからない

 
自分の悩みを、誰に相談したらいいのかわからない。
 
生きづらさを抱えている方の多くは、そのように感じています。
 
苦しみのあまり、誰かに頼りたいと思う。
 
この切実な思いを聴いてもらいたいと思う。
 
そして、じっさいに誰かに相談してみる。
 
でも、悩みが伝わらない。
 
共感も得られない。
 
やがて孤独を深めていき、誰に相談していいかわからなくなってしまうのです。
 
生きづらい人の悩みが伝わらないのは、周囲の人たちと「悩みの階層」がずれているから。
 
私は以前、そのようにご説明しました。
 
生きづらいという悩みは深く複雑なため、「悩みの階層」がずれしまっていて、相手にその切実さが伝わらないのです。
 
ではなぜ「悩みの階層」がずれていると、相手に切実さが伝わらないのでしょうか?
 
それは、
 
「臨場感」
 
がないからです。
 
相談を受けた相手が、その悩みに「臨場感」を感じることができないため、共感できず、その悩みの本質を理解できないのです。
 
私たちが他人の悩みに共感するには、「臨場感」が必要です。
 
たとえば、
 
「高速道路でものすごくオシッコしたくなっちゃってさ。その途端、渋滞にハマっちゃって。それから1時間ずっとガマンしたの!」
 
と言われたら、たいていの人にはその切実さが伝わるでしょう。
 
なぜなら、みんなオシッコをガマンした経験があり、ありありとした「臨場感」をもってその苦しみをイメージできるからです。
 
反対に、「臨場感」がない悩みには、それがいかに重大な問題であったとしても、私たちはまるで無頓着になってしまいます。
 
たとえば、先日NHKから次のような重大な報道がありました。
 
私たちのメールが、日本の諜報機関に収集されている。
 
日本政府は、アメリカから提供された監視システムを導入しており、私たちのメールを盗み見れる状態になっているというのです。
 
このNHKの報道を見て、
 
「なんだって!それはたいへんだ!」
 
と、今日からメールを使うのをやめようと考えた人は、あまりいないのではないでしょうか。
 
政府にメールを傍受されていること、またそれによって起こると予想される問題に「臨場感」がないからでしょう。
 
一方、もしあなたの会社の同僚が、あなたがトイレに行っていたすきに、あなたのスマホを手に取りながら、ニヤニヤとメールを盗み見ているのを見つけたらどうでしょうか?
 
あなたはとても不愉快になり、その同僚とプライベートでつき合うのをやめ、スマホにしっかりパスワードをかけなおし、会社側に事情を説明して席の移動を申し出るのではないでしょうか。
 
元アメリカ自由人権協会リーガル・ディレクターのスティーブン・シャピロ氏は、じっさいに大学の生徒に同様の質問をしたそうです。
 
すると、政府に盗み見られていることはまったく気にならないが、知り合いに盗み見られるのは「プライバシーの侵害だ」と全員が答えたそうです。
参考文献:「スノーデン 監視大国日本を語る」/エドワード・スノーデン,国谷裕子ほか/集英社
 
つまり、「臨場感」のない問題は、問題としてあつかわれることはない。
 
「臨場感」のない悩みは、あくまでも「他人ごと」なのです。
 
では誰かに相談するときに、「臨場感」をたっぷり出して語ればいいのでしょうか?
 
もちろん、ただ相談するよりかは伝わりやすいかもしれません。
 
しかし、似たような苦しみをまったく経験していない人に、いくら「臨場感」を出して話しても、肝心な部分は決して伝わらないでしょう。
 
「大げさだな」と思われるだけで終わりという、残念な結果になることがほとんどです。
 
これは、相談相手がプロフェッショナルであっても同じです。
 
プロの心理カウンセラーにならと思って相談してみたけれど、神妙な顔つきでフムフムうなずかれるだけで、ちっとも悩みの本質が伝わった感じがしない。
 
あなたも、そのような不全感をおもちになったご経験があるかもしれません。
 
だから、生きづらい人が相談相手を選ぶさいに重要なのは、相談相手が同じような経験をしたことがあるかどうか。
 
同じような悩みを抱えてきたかどうかなのです。
 
相談相手に「臨場感」を感じられるだけの経験がなければ、いくら熱心にあなたの苦しみを訴えても、相手には伝わらない。
 
相手は、共感したくても「できない」のです。
 
もしあなたが、周囲の人と「悩みの階層」がずれていると感じ、悩みが人に伝わらないと思っているのなら。
 
そして、誰に相談したらいいかわからないと感じているのなら。
 
まずは、自分と同じような経験をしている人を探してみましょう。
 
もちろん、相手は話を聴くプロフェッショナルであることが大切です。
 
さらに、その人がどのような悩みを抱えてきたのかを、しっかりと見極めてみましょう。
 
その結果「この人なら」と思える相手が見つかったのなら。
 
じっさいに、あなたの切実な生きづらさを打ち明けてみましょう。
 
きっと「対話」が成り立ち、あなたの人生が新しい展開を迎えるはずです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。