TOP | コラム | 生きづらい人生の歩き方 | 生きづらさは誰のせい?


生きづらさは誰のせい?

 

生きづらさは誰のせい?

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第59回
生きづらさは誰のせい?

 
「24時間死者数」という言葉があります。
 
事故発生から24時間以内に亡くなった方を「交通事故死者」とする。
 
極端に言えば、24時間1分目で亡くなった方は、
 
「交通事故のせい」
 
で命を失ったのではないということ。
 
「今日は交通事故で何人が亡くなりました」と警視庁が発表しているのは、この人数です。
 
あくまでも統計上のお話しですが、なんとなくスッキリしないものを感じる人もいるかもしれません。
 
「~のせい」とは、そんな不条理なものではない。
 
「あいつのせい」「このできごとのせい」とハッキリと突きつけられるものだ、と。
 
では、こんなお話をご存知でしょうか。
 
それは私がしたことなのか - 行為の哲学入門」(古田徹也:著)のなかで紹介されている実話です。 
 
ある小学生が、校庭でサッカーをしていました。
 
そのボールが校外に出て、バイクに乗っていた高齢の男性がそのボールを避けようとして転倒。
 
足を骨折しました。
 
治療のため入院しましたが、認知症の症状が出はじめ、一年半後、食べ物が誤って肺に入り、残念ながら肺炎で亡くなったのです
 
男性の家族は、1年半前にボールを蹴った少年に男性を死亡させた責任があると主張。
 
少年の保護者を相手に損害賠償を求める民事訴訟を起こしたのです。
 
じっさいの裁判の結果は、大阪地裁が、
 
「少年のせい」
 
であると認めて1,500万円の損害賠償を命じる判決が出ました。
 
少年の保護者は控訴をしましたが、大阪高裁でも1,100万円の損害賠償を命じる判決となりました。
 
ここまでお読みになって、あなたはどう思われたでしょうか?
 
「24時間」と「1年半」。
 
「~のせい」という性質の、言いようのないむずかしさをお感じになったかもしれません。
 
生きづらさを感じている人は、苦しみの原因を「誰かのせい」にしたいと、毎日悩んでいます。
 
もちろん、すべてを「自分のせい」だと感じている人もいます。
 
しかしあまりの苦しさに、「誰かのせい」にせずにはいられなくなる。
 
カウンセリングの現場でも、その恨みや憎しみをこれでもかと吐き出す方がたくさんおられます。
 
親のせい、兄弟のせい、姉妹のせい、夫のせい、妻のせい、子供のせい、親戚のせい、学校のせい、クラスメイトのせい、会社のせい、上司のせい、部下のせい、同僚のせい、社会のせい…。
 
「誰のせい」なのか、ハッキリさせたい。
 
そうしなければ、この苦痛からは逃れられない。
 
それほどまでに生きづらい
 
苦しい。
 
ただ、やがて気づくのです。
 
「~のせい」という延々とつづく鎖の長さに。
 
親のせいにしたら、親はまたその親のせいにしてしまう。
 
その親は、そのまた親のせいにし、その親はそのまた親のせいにする。
 
いくらでもどこまでも、過去のせいにすることができる。
 
ゆくゆくは石器時代を超え、アメーバのような原始生物にたどりつく。
 
そして、どんなできごとであっても、相手が誰であっても、すべては、
 
「ビッグバンのせい」
 
にいきついてしまう。
 
本当に、「誰かのせい」であると決めることなんてできるのだろうか?
 
そんなふうに感じはじめる方が多いのです。
 
許すか、許さないか」でも述べたとおり、かかわるとろくなことにならない問題というものがあります。
 
生きづらさについて「誰のせいか?」と問いつづけることも、まさにそのなかの一つと言えるかもしれません。
 
これは、誰も恨んではいけないということではありません。
 
また、「誰かのせいにしても、その人も誰かのせいでそうなっているんだよ」と無理やり相手を思いやろうという道徳でもありません。
 
単純に、
 
「きりがない」
 
ということです。
 
日々感じる生きづらさについて、
 
「誰かのせいにしなければやっていられない」
 
という思いと、
 
「誰かのせいにしてもはじまらない」
 
という思いの板ばさみに葛藤し、その問い自体を手放せたとき。
 
私たちは、生きづらさから脱け出す出口に、一歩近づくことができるのかもしれません。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ