TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 集中しすぎてしまう


集中しすぎてしまう

 

のめり込んでしまう

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第60回
集中し過ぎてしまう

 
ものごとに集中しすぎる。
 
これは、生きづらい人の多くがもっている特徴と言えるでしょう。
 
と言っても「休日に大好きなプラモデル製作に集中する」という状況とは少し違います。
 
日常生活のあらゆることで、気がつくとすぐに集中しすぎているのです。
 
そうなると、かんたんには脱け出せない。
 
体は硬直し、頭はフル回転。
 
誰に話しかけられても、邪魔もののように感じて、心が乱され、強いストレスを感じる。
 
貴重な休憩時間も削られ、心も体もヘトヘトになってしまうのです。
 
言うなればそれは、
 
「脳の回転数」
 
があがりすぎている状態。
 
脳がオーバーヒートしているようなものだと言えるでしょう。
 
もちろん「脳の回転数」というのは「例え」です。
 
じっさいの脳のなかには、回転するギアは入っていません(たぶん)。
 
でも、生きづらい人集中し過ぎているとき。
 
頭のなかで本当に「ウィ~~ン!!!」という回転音がなっているかのように感じるときがあります。
 
あなたにもご経験があるかもしれません。
 
考えごとをしていても、仕事をしていても、テレビを見ていても、「脳の回転数」があがるとまわりが見えなくなる。
 
回転数が高いので、止めようとするとものすごい力が必要になる。
 
他人に無理に止められると、すさまじい摩擦(ストレス)がおきるのです。
 
周囲の人とのトラブルの種にもなります。
 
周囲の人からすれば、あなたはただボーッとしているだけであり、ただ仕事をしているだけであり、ただテレビを見ているだけにしか見えません。
 
だから気軽に回転を止めようとしてくる。
 
どんなに説明しても理解してもらえないのです。
 
これは本当にしんどい状況なので、自分でもなんとか対処したいと思っている。
 
ただ、気がつくと集中し過ぎている
 
瞬時に「脳の回転数」があがっていて、「ウィ~~ン」と音がなっているのです。
 
それにしても、生きづらい人はそもそもどんなときに「脳の回転数」があがってしまうのでしょうか?
 
よくある傾向としては、
 
「思いどおりにしよう」
 
というこだわりが高まるタイミングがあげられるでしょう。
 
自分でも気づかないうちに、
 
「早く終えて次のことをやりたい」
 
「もらすことなく伝えたい」
 
「失敗なくおさめたい」
 
「気持ちよさ、楽しさにひたっていたい」
 
「いい結果、いい成績を出したい」…。
 
そんな「思いどおりにしよう」とこだわる気持ちが強くなると、「脳の回転数」があがってしまうのです。
 
そのタイミングは人によって違い、それぞれパターンがあります。
 
たとえば、
 
・メールを打っているとき
 
・ブログや報告書など文章を書いているとき
 
・料理をしているとき
 
・掃除をしているとき
 
・スマホでなんとなくネットサーフィンをしているとき
 
・テレビゲームをしているとき
 
・テレビを見ているとき
 
・マンガを読んでいるとき
 
・音楽を聴いているとき
 
・映画を見ているとき
 
・小説を読んでいるとき
 
・考えごとをしているとき
 
など、一人でなにかをしていることがタイミングになる人もいれば、
 
子供の着替えを手伝うとき
 
・相手に自分の話をするとき
 
・他人の見事な仕事ぶりを見たとき
 
・結果や成績を確認するとき
 
など、他者がからむ行動がタイミングになる人もいます。
 
そのパターンを見極めるだけで、「脳の回転数」があがるのを未然に防ぐことができるようになってきます。
 
一度回転数があがってしまうと、意志の力で止めることは本当に難しいものですよね。
 
止めるとしても、膨大なストレスがかかってしまいます。
 
だから、回転数があがる前に気づき、落ち着いて「脳の回転数」を見守るのです。
 
もちろん、なかには集中し過ぎて当然のこともありますよね。
 
映画などの作品は、集中してのめり込むために観るようなものでしょう。
 
でも、のめり込める環境を整えてからのめり込むのと、気がついたらのめり込んでいるのとでは、あとでかかるストレスが違ってきます。
 
同じ映画を見るのでも、自宅で家族が帰ってくるかもしれないギリギリのタイミングで見はじめてしまうのと、映画館で見るのとでは環境に大きな差があります。
 
重要なのは、集中しすぎる前に、これから自分が集中しすぎることを自覚できるようにしていくということなのです。
 
カウンセリングでも「脳の回転数」があがるパターンを見極めるワークによく取り組みます。
 
それによって、「のめり込み上手」になる方が多くおられます。
 
ものごとに集中してのめり込めること自体は、一つの能力です。
 
その能力のおかげで、芸術や娯楽をより深く堪能することができます。
 
また冷静に状況を見て、深く考え抜くこともできる。
 
私は、クヨクヨ考えることが人生を豊かにすると思っています。
 
それも、集中してのめり込めるからこそです。
 
しかし、むやみにのめり込んでしまうことは、強烈なストレスを生み出しつづける結果となるでしょう。
 
また、日常のなかで、頻繁に「脳の回転数」があがっていると、オーバーヒートしやすくなります。
 
少し休めればたしかに動くようにはなりますが、またすぐオーバーヒートしてしまいます。
 
だから悠然とのめり込む。
 
そのために、自分の「頭の回転数」があがるタイミングを知り、見守っていきましょう。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。