TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | あと一歩が踏み出せない


あと一歩が踏み出せない

 

あと一歩が踏み出せない

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第65回
あと一歩が踏み出せない

 
離婚や転職など、自分の環境をガラリと変えようと思うとき。
 
私たちは、あと一歩を踏み出すことができません。
 
それはいったいなぜでしょうか?
 
もちろん家族が崩壊したり、子供に会えなくなるのがつらい。
 
キャリアに傷がついたり、人から逃げたと思われるのがつらい。
 
そんな、本人にとって重大な問題も立ちふさがっています。
 
しかし、その問題に心の整理がついたとしても、まだ一歩を踏み出せないときがあります。
 
いったい何が、次の一歩を踏みとどまらせているのでしょうか。
 
「先の見えない不安がある。」
 
たしかにそうですよね。
 
環境が変われば、なにが起こるか想像がつかない…。
 
ただこれもよく考えると、今の環境にいたとしても、今後なにが起こるかはわからないはずです。
 
別れようと思っていたパートナーの方から、先に離婚を突きつけられるかもしれません。
 
転職する前に会社が倒産するかもしれません。
 
明日天災が起こるかもしれないし、大きな病気にかかるかもしれない。
 
先が見えないのは、今も同じはずです。
 
ではなぜあと一歩を踏み出すことを、私たちは避けようとするのでしょうか?
 
なぜ踏みとどまってしまうのでしょうか?
 
それは、離婚や転職した先が本当は見えているからかもしれません。
 
そしてその見えている先とは、
 
「快適」と「快楽」
 
を失うかもしれないという未来です。
 
離婚や転職でよく起こるのは、収入の低下です。
 
収入が低下すれば、今まで当たり前のように得ることのできていた「快適」と「快楽」を失う可能性があります。
 
住む部屋を狭くしなければならない。
 
外食の回数を減らし自炊しなければならない。
 
エアコンの使用量を節約しなければならない。
 
仕事帰りにコンビニでスイーツを買って帰れない。
 
お風呂の追い炊き機能をあきらめなければならない。
 
飲みに行く回数を減らさなければならない。
 
タバコを吸う本数を減らさなければならない。
 
休憩時間の缶コーヒーをガマンしなければならない。
 
読書は立ち読みと図書館で済まさなければならない。
 
ドライブするには車を借りなければならない…。
 
私たちは、一度手に入れた「快適」と「快楽」を手放すのが、ことのほか苦手です。
 
たとえば自動車に乗ることは、私たちの社会に多大な「快適」や「快楽」をもたらします。
 
しかし、その自動車による交通事故死者数は年間1万人を超えています。
 
もし自動車を導入する前の国で、
 
「車という乗り物を導入すると年間1万人以上の死者が出ますが、導入してもいいですか?」
 
と質問されて、OKを出す人はまずいないのではないでしょうか。
 
でも、じっさいに今の日本で、自動車文化を排除しようとする動きは見られません。
 
それは、一度手にした「快適」と「快楽」を失うことにつながることが、あきらかに見えているからでしょう。
 
だから、交通事故を未然に防ぐことには熱心であっても、自動車が存在すること自体による問題点は目に入ってこない。
 
「社会を維持するため」「経済を維持するため」という一言で、本当の理由をサッと覆い隠してしまうのです。
 
「快適」と「快楽」を得ようとすることは、エゴを満たそうとすることの代名詞と言えるかもしれません。
 
ただし、エゴを満たすことは群れ社会において「はしたない」と禁じられています。
 
だから、私たちは「快適」と「快楽」をこれでもかと望んでいるにもかかわらず、それを見ないようにする。
 
人からも見えないように、覆い隠そうとしてしまうのでしょう。
 
人間は「行動パターン」を変えることを本能的に嫌います。
 
つまり、安全な環境を維持し、欲求を満たしつづけることのできる状態を確保しようとするのです。
 
(参照:人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
 
「快適」は、安全な環境が維持できているかの基準です。
 
そして「快楽」は、欲求を満たせているかの基準です。
 
人間であれば誰でも感じる本能。
 
もっていて当然の感覚です。
 
せめて自分には、正直にその本能を見せてあげましょう。
 
「快適」と「快楽」を求めていることを認めてあげましょう。
 
あなたがあと一歩踏み出せない理由は、その本能のなかにあるのかもしれません。
 
それを冷静に認めることができたとき、次の一歩を踏み出すための心の準備が整うはずです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。