TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | なぜメンタルが弱いのだろう…?


なぜメンタルが弱いのだろう…?

 

なぜメンタルが弱いのだろう…?

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第66回
なぜメンタルが弱いのだろう…?

 
「メンタルが弱い」という言い方があります。
 
なにか言われるとすぐ傷つく
 
ささいなことで動揺してしまう。
 
人と話すだけで緊張する。
 
だから、言いたいことが言えず、相手に不満をもっても言い返せない。
 
つまり、心が敏感さが原因となって生きづらさを感じている状態のことです。
 
あなたも、
 
「なぜ、私はこんなにメンタルが弱いのだろう…?」
 
と悩んだご経験がありますか?
 
そして、「メンタルが弱い」ご自分のことを責めてしまうことがありますでしょうか?
 
周囲の人からも、心が敏感であることを「弱い」と責められてきたかもしれません。
 
「メンタルが弱い」と言っているにもかかわらず、容赦なく追い打ちをかけられるわけですから、よけいに苦しくなってしまいます。
 
さらには、
 
「努力が足りない」
 
「意志が弱い」
 
とまで言われることもある。
 
世間では、人の弱い部分を責めることは卑怯者のやることとされています。
 
しかし、それは「メンタルが弱い」という問題については適用されることがありません。
 
私は常々言っていますが、心が敏感な人は、心が敏感だからこそ「強い」のです。
 
心が敏感なことは、たしかに生きていくうえで不利な条件となりうるでしょう。
 
生きづらいという重荷となるかもしれません。
 
ただ、それだけの重荷を跳ねのけながら毎日を生き抜いてきた。
 
だからこそ、間違いなく「強い」。
 
心の敏感さは「強さの証明」なのです。
 
しかし、そんな話をしても周囲の人には通じません。
 
だから心が敏感な人は、
 
「かわす技術」
 
を身につけることが、心地よい人生を送るために重要になってきます。
 
「メンタルが弱い」と悩んでいる人は、自分の苦手な面を真っ向から消し去ろうとする傾向があります。
 
傷つきやすいという面を、鈍感にしようとする。
 
動揺してしまう面を、なにごとにも動じないようにしようとする。
 
緊張する面を、いつでも平常心でいられるようにしようとする。
 
もちろん、社会生活を送るうえで、このような努力をしていくことはとても大切なことでしょう。
 
人のせいにせず、自分の問題として取り組む姿勢は、本当に誠実だと思います。
 
努力もせずに開き直って「できな~い」と言う人に比べたら、比較にならないほど実直です。
 
しかし、限界があります。
 
私たちすべての人間が、努力をすれば必ずイチロー選手のような結果を残せるわけではありません。
 
それどころか、キャッチボールすらおぼつかない人だっておおぜいいるでしょう。
 
「個体差」です。
 
越えられない壁がある。
 
人によって、その壁のある位置も高さも、厚さもまったく違うのです。
 
なかには「遺伝子に手を加えれば…」とおっしゃる方もおられますが、その遺伝子の情報をもとに、長いあいだ時間をかけてつくられたのが今の自分の脳と人生です。
 
今さら遺伝子の情報に手を加えたところで、すでにできあがった脳と人生が大きく変わるということは、冷静に考えてみれば、少々考えにくいことではないでしょうか。
 
だから無理に強くならなくていい。
 
ただかわせばいい。
 
自分の苦手な面を変えていく努力をする一方で、かわす努力にも力を入れていくのです。
 
それが有効な対処法です。
 
ボクサーも、何万発の強烈なパンチを打たれてもビクともしない強靭な肉体に鍛え上げることができれば、負けることはないでしょう。
 
しかし、じっさいにそんなことは不可能です。
 
だから、スウェーやダッキングというかわす力を鍛える。
 
肉体を強くすると同時に、かわす技術を磨き上げていくわけです。
 
「メンタルが弱い」と感じている人も同じです。
 
かわす技術を磨いていく。
 
そして心でかわす。
 
体でかわす。
 
環境でかわす。
 
苦手な状況や苦手な人を、三理一体でかわしていくのです。
 
カウンセリングでも、よくそのワークに取り組んでいきます。
 
周囲の人が妄信している「弱い」という判断に踊らされる必要はありません。
 
あなたはすでに「強い」のですから。
 
(参照:「あなたは強い」という事実
 
だから、堂々とかわせばいい。
 
苦手な面を鍛えることだけに目を奪われるのではなく、同時にかわし方を身につけていけばいいのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。