TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 誰も心配してくれない


誰も心配してくれない

 

誰も心配してくれない

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第73回
誰も心配してくれない

 

┃「大丈夫?」と声をかけてもらえない

 
「大丈夫?」と声をかけられると、腹が立つという人がいます。
 
燃え尽き症候群でよく見られる状態です。
 
心配されると、自分の弱みを指摘されたようで、「私はそんなにヤワな人間ではない」と反発してしまうのです。
 
その一方で…。
 
生きづらさを抱えた人は、そもそも「大丈夫?」と誰にも声をかけてもらえない人が多い。
 
誰も心配してくれないのです。
 
生きづらい人は、毎日これでもかと悩んでいます。
 
そして心がボロボロになるほど苦しんでいます。
 
にもかかわらず誰も心配してくれない。
 
あなたにもご経験がありますでしょうか?
 
どんなに望んでも、いつまでもたっても、あなたの耳に「大丈夫?」という声は聞こえてこないのです。
 
 

┃気軽に「苦しい」と言えない

 
あなたが誰にも心配してもらえないのだとしたら。
 
もしかすると次の三つの理由のうち、いずれかに当てはまっているのかもしれません。
 
第一に考えられるのは、人に苦しみを伝えるのが苦手だということ。
 
じつは、苦しいと言いたい。
 
本当は、しんどい態度を取りたい。
 
でも、それを幼いころから身近な大人に禁じられてきたり、バカにされてきた。
 
「かんたんに疲れたと言うな」
 
「苦しいと言うから、よけい苦しくなるんだ」
 
「これくらいでだらしないなぁ」
 
「お前はそうやってすぐ大げさに苦しがる」
 
こうして、気軽に苦しいと伝える道をシャットアウトされてきた。
 
そのために、他人からはあなたが苦しんでいることがまるでわからないのです。
 
 

┃「しんどいアピール」に周りがヘキエキしてしまう

 
第二に考えられるのは、「しんどいアピール」に周囲の人がうんざりしているということ。
 
つまり、先ほどとは反対に、いかに自分が苦しいのかをアピールしすぎてしまう。
 
しかも、直接口にするのではなく、しんどそうな態度や苦しそうな表情をこれでもかとしてしまう。
 
はじめのうちは「大丈夫?」と心配してくれる人もいます。
 
すると、うれしくなって、もっともっと心配してもらいたくなる。
 
「しんどいアピール」が、大きくなる。
 
やがて周囲の人たちはヘキエキしてきて、心配してくれなくなる。
 
すると、心配してもらうために「しんどいアピール」はさらに大きくなる。
 
周囲の人たちはさらにヘキエキして、まったく心配してくれなくなる。
 
この終わりなき悪循環の結果、やがて誰も「大丈夫?」とは、気軽に聞いてくれなくなるのです。
 
 

┃あなたを心配すると都合の悪い人たち

 
そして最後、第三に考えられるのが、もっとも切実なケースかもしれません。
 
それは、
 
「あなたの苦しみを認めると都合の悪い人」
 
が、あなたを取り囲んでいるケースです。
 
たとえば、あなたの親、兄弟、姉妹、夫、妻、友人、会社の上司…。
 
あなたを都合よく使っている人たちが、あなたの苦しみを決して認めまいとしているのです。
 
あなたが苦しんでいることがわかったら、今までどおり都合よく使えなくなってしまう。
 
あなたに「大丈夫?」と声をかけて、「大丈夫ではない」と言われると困ってしまう。
 
だから知らんふりをしている。
 
見て見ぬふりをしている。
 
あなたに大丈夫であって欲しい、そうでなくては困ってしまう、という身勝手な心の奥の思いが、あなたの「苦しみ」を決して見ないようにさせているのです。
 
たとえば、あなたが長時間の残業でボロボロになり、蒼白な表情で夜の12時に帰っても、
 
「大丈夫?」
 
「こんな時間まで仕事させるなんてブラック企業じゃないの!?」
 
「もうそこまでしなくていいよ」
 
とは決して心配しない。
 
反対に、
 
「今日は、早かったじゃない。」
 
と言って、平然と世間話につき合わせはじめる。
 
週末はどこに行くかと聞き、あれを食べに行きたいと要望を突きつけはじめる。
 
あなたが「大丈夫」でないことは、一目瞭然なのに、決してそれを認めようとしない。
 
なぜなら、あなたが「大丈夫」でないことを認めてしまうのは、自分の生活が崩れてしまうことを意味するからです。
 
だから、決してあなたを本気で心配しようとはしないのです。
 
あなたは、この三つのケースのいずれかに当てはまってはいないでしょうか?
 
自分自身のために、一度真剣に考えてあげてみてください。
 
人からの心配よりも、まずは、自分で自分を心配してあげられているか?
 
たいせつな自分のために、そこから見直してみることをおすすめします。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。