TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 生きづらい人が幸せになりたいなら


生きづらい人が幸せになりたいなら

 

生きづらい人が幸せになりたいなら

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第77回
生きづらい人が幸せになりたいなら

 
私たちは「幸せになりたい」と願います。
 
とくに生きづらさを抱えている方は、より強くそう願っておられるかもしれません。
 
カウンセリングの現場でも、
 
「こんなに幸せになる努力をしているのに、どうして苦しい人生がつづくのでしょうか…」
 
と悲痛な本音を漏らす方もおられます。
 
そのような方は、私から見ても明らかに他の人よりも幸せになる努力をされています。
 
それでもやっぱり苦しい人生がつづいてしまう・・・。
 
そんな苦しみつづける方たちに、世間は次のように説きます。
 
足元にある幸せを見よう。
 
すでにたくさん与えらえていることに気づこう。
 
私たちは幸せになるために生まれてきたのだから、と。
 
とても優しい言葉ですよね。
 
しかし私は、生きづらさの専門家として、その言葉をここで全否定しなければなりません。
 
私たちは幸せになるために生まれてきたわけではない、と。
 
この世界は、そんなにのん気な世界ではありません。
 
それは、あなたも身に染みて感じおられるのではないでしょうか?
 
幸せとは、
 
「特殊な状態」
 
なのです。
 
日本という国のように、比較的平和で安全な環境がここまで日常化しているのは、長い人類の歴史のなかで初めてのことではないでしょうか。
 
だから幸せになることが当たり前だと思わされてしまっている。
 
しかしじっさいには、いじめや虐待、DV、災害、交通事故や詐欺、強盗、それにまつわる死や心の傷、無差別テロ、戦争、飢餓、隕石の衝突、太陽フレア、星の爆発、宇宙の終焉・・・。
 
私たちの周りには、つらく厳しい現実がこれでもかと渦巻いています。
 
つい数十年前まで私たちの国は戦争をしていて、今も毎年のように大きな災害に見舞われ、今このときも虐待を受けている子供がいます。
 
幸せが当たり前という感覚は、完全な誤解なのです。
 
たしかに足元にある幸せを見ることは大変重要です。 
 
与えられてるものに気づくことも同じようにとても重要でしょう。
 
でもあなたは、すでにそのことに充分取り組んできたのではないでしょうか?
 
それどころか、生きづらい分、他の人より多くそのことに取り組んできたかもしれません。
 
それでもごまかしきれない不幸がある。
 
ごまかしきれない苦しみがある。
 
だからこそ、あなたは今も苦しんでいるのではないでしょうか?
 
にもかかわらず「足元にある幸せに気づこう」「与えられたものに気づこう」とあなたに言いつづける人がいるのなら。
 
その人はきっと、ファンタジーの世界に住んでいるのでしょう。
 
ドラクエと現実の区別がついていないのです。
 
あなたは現実の世界で、とてつもない生きづらさを抱えて生きている。
 
足元にある幸せを見つける程度で楽になれるのなら、あなただってとっくに幸せになっているはず。
 
そんなにかんたんな話ではないのです。
 
くり返しますが、足元にある幸せを見る努力や与えらえているものに気づく努力をつづけることは大切です。
 
それを怠ってはならないでしょう。
 
しかし、それだけではどうにもならない。
 
それだけでは乗り越えられない苦しみが、現実の世界にはあるのです。
 
ではどうすればいいのでしょうか?
 
生きづらさを「チカラ」に変えていくのです。
 
生きづらいからこそ生きられる人生を生き抜いていく。
 
生きづらさを、他の人のためへと役立てていく。
 
キレイごとで言っているのではありません。
 
むしろその反対です。
 
生きづらさに打ち克つためには、それしか道がないと言っているのです。
 
生きづらさを幸せでごまかせないのなら、生きづらさを「チカラ」に変えるしかない。
 
そこには「実存の充実」があります。
 
心の芯から伝わる熱が全身のすみずみにまで広がるかのように、みずからの存在そのものが静かに熱く満たされていく感覚。
 
幸せとは比べものにならないほどの、魂の奥底から湧き上がるような充実感。
 
幸せなどというものは、そこにぶらさがっているオマケのようなものでしかありません。
 
幸せを求めてもいい。
 
幸せに気づく努力も重要。
 
しかし、生きづらさを抱えたあなたにもっとも必要なもの。
 
それは生きづらさを「チカラ」に変える覚悟なのかもしれません。
 
その覚悟が決まり、一歩を踏み出し、そして歩きつづけ、「実存の充実」が果たされれば。
 
幸せなんて、後から勝手についてくるのです
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

 

生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。