TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | この人と結婚していいのか?


この人と結婚していいのか?

 

この人と結婚していいのか?

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第78回
この人と結婚していいのか?

 

┃結婚への不安の二つのパターン

 
カウンセリングのなかで、ご結婚する予定のある方からご相談をお受けすることがあります。
 
「この人と結婚して本当にいいのだろうか?」と考えてしまう。
 
とくに生きづらさを抱えた方であれば、自分のこの独特の感性をもったままパートナーとうまくやっていけるだろうか。
 
そんなふうに不安になってしまう方がおられるのです。
 
そのような結婚の不安に対するご相談によくあるのが、次の二つのパターンです。
 
パートナーは私に対してこういうことをしてくれるだろうか、私のああいうところも理解してくれるだろうか、ちゃんと私を満足させてくれるだろうか、と心配してしまうパターン。
 
もう一つのパターンは、私はパートナーに対してこういうことができるだろうか、パートナーのああいう面を理解できるだろうか、ちゃんとパートナーを満足させてあげられるだろうか、と心配してしまうパターン。
 
言いかえれば、「自分が幸せになれるかということばかり心配している人」と「相手を幸せにできるかということばかり心配している人」。
 
この二つにパターンに、大きく分かれるのです。
 
 

┃結婚は誰のためにするものか?

 
そこで「自分が幸せになれるかということばかり心配している人」に、
 
「ではあなたは、結婚したらパートナーにどんなことをしてあげられますか?」
 
「あなたはパートナーに、結婚によってどんなメリットを与えてあげられるのですか?」
 
と質問をさせていただくことがあります。
 
すると、ほとんどの方が「えっ??」と驚いて言葉に詰まります。
 
つまり、自分のことばかりに気が向いていて、相手を満足させられるかどうかという観点がスッポリ抜けて落ちてしまっているのです。
 
一方、「相手を幸せにできるかということばかり心配している人」に、
 
「ではパートナーは、結婚したらあなたにどんなことをしてくれるでしょう?」
 
「パートナーはあなたに、結婚によってどんなメリットをもたらしてくれるのですか?」
 
と質問をさせていただくことがあります。
 
すると、やはりほとんどの方が「えっ??」と驚いて、言葉に詰まります。
 
こちらは、相手のことばかりに気が向いていて、自分が満足できるかどうかという観点がスッポリ抜けて落ちてしまっているのです。
 
結婚とは自分のためにするものではありません。
 
ましてや相手のためにするものでもありません。
 
結婚とは、二人のためにするものです。
 
お互いがお互いを幸せにしようという人同士が結ばれて、はじめて結婚はうまくいく。
 
言われてみれば当然のことなのですが、私たちはついつい結婚という「大舞台」を目の前にすると、そのことを忘れてしまいますよね。
 
相手への期待が大きくなったり、自分に対する信頼のなさがわきあがってきて、ついつい「自分のことばかり」か「相手のことばかり」で目の前が覆われてしまう。
 
そして、三組に一組が離婚するような状態になる。
 
たとえ離婚しなてくも、しぶしぶ一緒にいるだけの破綻した関係を、何十年もつづけていくことになるのです。
 
 

┃結婚は異文化交流

 
ではなぜ、結婚は二人のためにするものという一見かんたんなことを、私たちは実践することが苦手なのでしょうか。
 
それは「対話」ができない人が多いからです。
 
お互いがお互いを満足させようとするためには、「対話」が必要です。
 
どういうところを改善して、どんなふうに夫婦関係を良好に保っていくのか。
 
腰を落ち着けてそのような「対話」ができないのであれば、夫婦関係はよくなりません。
 
結婚とは異文化交流です。
 
風呂の温度にはじまり、料理の味付け、エアコンの風向き、休日の過ごし方、ありとあらゆる文化が違う人同士が結ばれるのです。
 
そして一緒に暮らすのです。
 
なまじ言葉が通じるので、似たような文化の人だろうと思ってしまいますがそんなことはありません。
 
じっさいは、完全に違う文化の人同士が一緒に住むことになると思った方がいいでしょう。
 
だからどうしても、異文化の溝を埋めるために「対話」が必要なのです。
 
「でも、同じ価値観ですごく自然に円満な夫婦関係を築いている人もいるじゃないですか?」
 
たしかにいます。
 
でも、カウンセラーという仕事の経験上言えるのは、そのほとんどのケースは「そういうふうに見せている」か、「とてつもなくラッキーだった」かのどちらからです。
 
他人の自己顕示につき合う必要はありませんし、宝くじに当たった人をうらやんでも仕方ありません。
 
じっさいの多くの結婚には「対話」が必要なのです。
 
 

┃結婚のポイントは「対話」ができるか

 
ただし、この「対話」がことのほか苦手な人が、男女問わずけっこういらっしゃいます。
 
「対話」しようとすると茶化したり、冗談を言ってごまかしたり、露骨に話をそらしたり、聞く耳をもたずテレビを見ながら生返事するのです。
 
ただこのような人は、基本的には対話「しない」のではなく 対話「できない」人が多い。
 
つまり「Don't」ではなく「Can't」だということ。
 
だから「対話」しようとなんど試みても、茶化したり、冗談を言ってごまかしたり、露骨に話をそらしたり、テレビを見ながら生返事してくるのです。
 
そような人は、お互いがお互いを満足させ合おうとするという結婚の条件を満たすのは、かなり難しいと言わざるを得ないでしょう 
 
結婚する時に、パートナーが「対話」できる人かどうかちゃんと見極めた方がいい。
 
これから結婚を考えている方に、私がアドバイスできるとしたらそれだけです。
 
その見極めが甘いと、「対話」しようとする人の方がジリジリとガマンするだけの夫婦関係になる可能性が高いでしょう。
 
そして、いつか暴発してしまう…。
 
まったく違う文化の人同士が一緒に暮らすわけですから、「対話」が成り立たないのであればそれは必然の結果でしょう。
 
お互いがお互いの幸せを考え合う関係でなければ、 異文化交流は「破綻する方が当たり前」なのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

 
残り1席!
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。