TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 人生を変えられる人と、変えられない人の違い


人生を変えられる人と、変えられない人の違い

 

人生を変えられる人と変えられない人の違い

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第80回
人生を変えられる人と、変えられない人の違い

 

┃人生を変えられる人の共通の特徴

 
世の中には、生きづらさを抱えながらも人生を変えられる人がいます。
 
一方、その苦しみから脱け出せず、なかなか人生を変えられない人がいます。
 
その違いはいったいなんなのでしょうか?
 
カウンセリングのなかでも、ご相談者様とよくその問題に向き合うことがあります。
 
じつは、人生を変えられる人と変えられない人には大きな違いがあります。
 
人生を変えられる人には、ある共通した特徴があるのです。
 
それは、
 
「できない理由をあげない」
 
ということ。
 
私たちはよく、目の前の問題に対して「できない理由」をあげますよね。
 
「できない理由」をあげることなら苦も無くできる。
 
その問題が大きければ大きいほど、「できない理由」を延々とあげつづけることができてしまうのです。
 
たとえば・・・、
 
・忙しいから
 
・お金がないから
 
・時間がないから
 
・才能がないから
 
・もともとの性格だから
 
・親が口うるさいから
 
・どうせいつかは死ぬから
 
そのような個人的な問題だけではありません。
 
・景気が悪いから
 
・社会の構造がおかしいから
 
・日本の文化は世界的に見ても遅れているから
 
・地球にとって人間は必要ないから
 
・宇宙もいつかは終わるから
 
・そもそも人生に意味なんてないから
 
こんなふうに、社会から宇宙から人生まで巻き込んで、できない理由が次から次へとあふれ出てくる。
 
まさにとめどなく無限に「できない理由」が生み出されてくるのです。
 
私たち人間は「できない理由」をあげる能力にものすごく長けています。
 
その能力に足を取られてしまえば、「あれがあるからできない」「これがあるからできない」と言って寿命が尽きるのを待つだけの人生になります。
 
つまり「できない理由」をあげながら死んでいくことだって可能だということです。
 
この不毛さに気づいた人が、生きづらさを脱け出すために人生を変えていく。
 
そして「どうすれば実現できるのか?」という一本道に人生を絞り込んでいくのです。
 
目の前の問題に対して「できない理由」を考えていくのではない。
 
「どうすれば実現できるのか?」と考えていく。
 
ここが、人生を変えられる人と変えられない人の大きな違いだと言えるでしょう。
 
 

┃人生を変えるプロフェッショナルになる

 
とは言え「できない理由」をあげるなと言われて、はいそうですかとすぐにできれば苦労しませんよね。
 
だからこんなふうに考えてみるといいかもしれません。
 
人生を変えていくというのは、言い換えれば「人生を変えるプロフェッショナル」になるということだ、と。
 
仕事でも、アマチュアの人であればあるほど「できない理由」ばかりをあげてしまいがちです。
 
あなたの職場にもいないでしょうか?
 
仕事を頼もうとすると、まだろくに説明もしていないのに「できない理由」ばかりあげてくる人。
 
「スケジュールが厳しい」とか「技術的に難しい」とか「時間がかかる」とか「言うほどかんたんじゃない」とか「はじめに言って欲しかった」とか…。
 
とにかく、マシンガンのように次から次へと「できない理由」だけを連射してくる人。
 
そのような人はプロフェッショナルとは言いがたいでしょう。
 
なぜなら「できない理由」は子供でもあげられるからです。
 
プロフェッショナルというのは「どうすれば実現できるか?」を考えつづける人のことだと私は考えています。
 
できないならできないなりに、その事実を受け入れ、残された選択肢で「どうすれば実現できるか?」と考える。
 
そして予算や時間を見据えて、冷静に落としどころを考える。
 
それがプロフェッショナルでしょう。
 
人生も同じではないでしょうか?
 
できないならできないなりに、残された選択肢を使って「どうすれば人生を変えられるのか?」を考える。
 
それが「人生を変えるプロフェッショナル」です。
 
 

┃人生を変えられる人と変えられない人の分かれ道

 
「人生を変えるプロフェッショナル」になるということ。
 
それは「それくらい前向きに考えてみようよ!」という、のん気なポジティブシンキングではありません。
 
私は日々、「ギリギリの状態で踏ん張っている人」のご相談をお受けしております。
 
ギリギリであるがゆえに、理想論では生きづらさに決して太刀打ちできないことを、ご相談者様とともに身に染みて感じています。
 
生きづらさを抱えた方は、本当に真面目な人が多い。
 
だから「できない理由」をあげるなと言われると、「しっかりできること」「完璧にできること」を無理にでも探そうとされる方がほとんどです。
 
無理やりポジティブに考えようと努力する。
 
じっさい世の中にはそのように教える方法ばかり見かけます。
 
しかしその反動で、「でも、私にそこまでできることなんて…」と「できない理由」があがってきてしまう。
 
そして、その「できない理由」にからめとられて身動きがとれなくなってしまうのです。
 
とても苦しいですよね。
 
だから、人生を変えるために重要なのは「しっかりできること」「完璧にできること」を探すことではありません。
 
「できない理由」をあげないことに集中するのです。
 
つまり「する努力」よりも、できない理由をあげないという「しない努力」を大切にするのです。
 
すると「まあ、これならできるかもな」ということが、しぶしぶながらも浮かび上がってきます。
 
「できない理由」をあげないことに集中すれば、自然と「どうすれば実現できるか?」という選択肢が浮かび上がってくるのです。
 
そして、「どうすれば実現できるか?」という一本道に人生が重なりはじめます。
 
だから、無理をして「しっかりできること」「完璧にできること」を探す必要はありません。
 
静かに、そしてたんたんと「できない理由」をあげないようにするだけでいい。
 
どうしても「できない理由」が浮かんできたときも、自分を責めないでいい。
 
「またできない理由をあげちゃったな」と冷静に受け入れて、「しない努力」に戻ってくればいい。
 
その都度、戻ってくればいいのです。
 
そんな自分への優しさをもつことこそが、人生を変えられる人と、人生を変えられない人の分かれ道です。
 
少しくらい脇道にそれても大丈夫。
 
「できない理由」をあげないようにしていれば、いつかきっと「どうすれば実現できるか?」という道の真ん中を全力で走れるようになるはです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

 
キャンセル一席発生!
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。