TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 上司や部下に言うことを聞いてもらえない


上司や部下に言うことを聞いてもらえない

 

上司や部下に言うことを聞いてもらえない

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第84回
上司や部下に言うことを聞いてもらえない

 

相手になにを言っても響かない

 
会社勤めをしていると、当然、上司や部下ができます。
 
そしてコミュニケーションを取らなければなりません。
 
上司に意見をするときもあれば、部下にお説教をするときもあるでしょう。
 
ただ、そのいずれにおいても「自分の言うことを聞いてもらえない」という人がいます。
 
上司に意見をすると「理屈はいいから早くやれよ」と言われてしまう。
 
部下に説教しても「はい、はい」と面倒くさそうに返事をされるだけ。
 
なにを言ってもぜんぜん相手に響かないのです。
 
そこで「伝える技術」「部下のやる気を出す方法」といった本を読んでみる。
 
そしてそのとおりやってみる。
 
論理的に説明したり、褒めたり、笑顔を練習したり。
 
それでもやっぱり、自分の言うことを聞いてもらえないのです。
 
 

┃上司や部下が言うことを聞いてくれない理由

 
なぜ、自分の言うことを上司や部下は聞いてくれないのでしょうか?
 
もちろん、そこにはさまざまな理由が考えられます。
 
ただ、ひとつだけ言えることがあります。
 
それは、コミュニケーションには「なにを」と「誰が」の組み合わせが重要だということです。
 
「伝える技術」「部下のやる気を出す方法」といった本には、「なにを」言うかはたくさん書いてあります。
 
でも、それを「誰が」言えば効果があるのかが、まったく想定されていないのです。


「上司のタイプ別コミュニケーション法」や「部下のタイプ別やる気を出す褒め方」といった項目はよく見かけます。
 
しかし「誰が」それを言うのかには、まったく触れられていない。
 
まるで誰がいっても同じ結果になるように書かれているのです。
 
じっさいの社会では、そんなことはありません。
 
「なにを」よりも「誰が」がとても重視されます。
 
極端ですが、わかりやすい例を出しましょう。
 
「天使のような女子中学生」が使ったストローは高額で売買されますが、「50歳に近いのオッサン」である私が使ったストローは完全な汚物として扱われます。
 
そのストローに付着している成分に違いはありません。
 
なんならアラフィフのオッサンの方が、カウンセラーという対面の仕事をしている分、1時間ごとにマウスケアをするのでキレイかもしません。
 
しかし、オッサンの使ったストローは「完全な汚物」としてしか扱われないのです。
 
これはまさに、「なにを」よりも「誰が」が重要だということです。
 
 

┃キャラクターに合った発言をする

 
コミュニケーションの世界でも、同じことが起きています。
 
「お前バカだなぁ~」と言って許される人もいれば、「あなたって本当に素敵!」と言って嫌われる人もいます。
 
その人のもっている雰囲気や、顔の表情、声の質、年齢、立場・・・。
 
さまざまな要素が相まって、その人のキャラクターをつくりあげています。
 
そして、そのキャラクターに合った発言でなければ、相手はなかなか言うことを聞いてくれないのです。
 
上司や部下が言うことを聞いてくれないのも、その「誰が」に合った発言でないからという可能性があります。
 
控えめでおとなしいキャラクターなのに、堂々と威厳をもって意見しても、なかなか言うことを聞いてもらえないでしょう。
 
また、一人で黙々と作業するキャラクターなのに、「俺についてこい」タイプの説教をしても、なかなか言うことを聞いてもらえないでしょう。
 
さらに、たとえこの「キャラクター」に合った発言をしても、上司や部下が言うことを聞いてくれないことがあります。
 
いったいなぜなのでしょうか?
 
 

┃相手が自分の言うことを聞く本当の条件

 
それは、私たち人間は相手の「経験を重要視している」ということです。
 
しかもその経験が、上司や部下に意見や説教をしたとしても
 
「納得せざるをえない経験」
 
であるかどうか。
 
それがとても重要なのです。
 
経験もしたことない人の意見や説教には、なかなか耳を貸せないですよね。
 
パプアニューギニアに行ったことがない人に、
 
「パプアニューギニアはいいぞぉ、ぜひ行って来いよ!」
 
と言われても、まったく行く気にはならないでしょう。
 
裕福な家庭で、優しい親に育てられ、体も丈夫で、毎日、明るく楽しく元気に生きている人に、
 
「悩んだって仕方ないよ!」
 
と言われても、あまり聞く気にはなれないでしょう。
 
つまり、経験が重要なのです。
 
さらにその経験が、相手が「納得せざるをえない経験」でなければ、なかなか耳を貸してもらえないでしょう。
 
ビクトール・フランクルという精神科医がいました。
 
彼は「人生にはどんなときも意味がある」と言いつづけたことで有名です。
 
ユダヤ人であるフランクルは、第二次世界大戦時に、ナチスの強制収容所に入れられてしまいます。
 
そこで四年間にもわたる凄惨な日々を過ごします。
 
そして、なんとか生き抜いて解放されます。
 
しかし、そこに待っていたものは、他の場所に収容されていた家族の死の知らせでした。
 
その彼に「人生に意味はある」と言われたら。
 
誰もが耳を傾けざるをえないのではないでしょうか。
 
もちろん、フランクルは経験だけではなく、自身の素晴らしい理論と体系という裏付けがあることも見落としてはなりません。
 
でも、いくら理論が素晴らしかったとしても、いっさい苦しんだこともない人に
 
「人生は意味がある」
 
と言われても、その言葉はまさしく「虚しく響く」だけでしょう。
 
納得せざるをえない経験にもとづく言葉だから、彼の言うことを聞く人がたくさんいるのです。
 
上司と部下がどうしても言うことを聞かないのであれば、それを理論やテクニックで聞かそうとしても難しいかもしれません。
 
それよりも、自分の経験が「価値あるもの」として扱われる場所を見つけた方がいい。
 
つまり、自分の話を聞いてくれる人がいるところにいった方がいい。
 
私はそう思います。
 
「なにを」にとらわれず、「誰が」という軸で人生をとらえる。
 
会社勤めという狭い世界の中で、せっかくの自分の経験を押し殺して生きるより、その方が「自由な人生」とは言えないでしょうか。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

 
【残り1席です】
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。