TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 集団になじめないなら「思いどおり」にやろう


更新日:2020年10月2日

集団になじめないなら「思いどおり」にやろう

 

集団になじめないなら思いどおりにやろう

LinkIcon目次はコチラ   
 

生きづらい人生の歩き方

 

第101回
集団になじめないなら「思いどおり」にやろう

 

┃あなたは「思いどおり」にやるのが向いているタイプ

 
このコラムを読んでおられるということは、あなたは長年、集団のなかで苦しんできた方ではないでしょうか?
 
もしそうなら、あなたは「思いどおりにやる」のが向いているタイプかもしれません。
 
じつは世のなかには、大きく分けると二つのタイプの人間がいます。
 
一つは、
 
「人に言われたことをやった方がうまくいく」
 
というタイプ。
 
これはルールに疑問をもたず、言われたとおり、前例にならってものごとをこなせる人です。
 
学校の生徒や会社員は、みなこのタイプであることを求められます。
 
ちなみに学校で「不良」と言われる生徒の多くも、じつはこちらのタイプです。
 
なぜなら、疑問をもたず前例にならって、みな似たような「不良の格好」をして「不良な行動」をとっているからです。
 
つまり、不良を上手にこなし、不良グループという組織になじんでいるわけですね。
 
二つ目は、
 
「思いどおりにやった方がうまくいく」
 
というタイプです。
 
こちらは、どうしても周囲の人と感性がズレてしまい、ルールや前例に疑問を感じ、なおかつ妥協できない人。
 
教室やオフィスに必ずいる、どうしても「浮いてしまう人」ですね。
 
かくいう私もその一人です。
 
そのため、学校や会社でそれはもう本当にトラブルつづきでした。
 
もちろん、人間が完全にこの二つのタイプに分かれるわけではありませんよね。
 
誰もが両方の性質をもっているでしょう。
 
しかし少なくとも、集団になじめない人は、圧倒的に「思いどおりにやった方がうまくいく」という性質が強い。
 
言い換えると「人に言われたことをやった方がうまくいく」という性質がかなり薄い(苦笑)
 
そのために、どうしても集団になじむことができないのです。
 
だから、集団から脱け出して思いどおりにやった方がうまくいく。
 
というより「思いどおりにやらないとうまくいかない」のです。
 
 

┃「思いどおりにやっていい」と言われるととまどってしまう

 
しかし、じつはここで大きな問題が起きてきます。
 
カウンセリングの現場でも、みなさんここで悩んでおられます。
 
それは、集団になじめない人が思いどおりにやろうとすると、頭が真っ白になってしまうという問題。
 
いざ思いどおりにやろうとしても、とまどうばかりでどうしていいかわからなくなってしまうのです。
 
これはいったいなぜでしょうか?
 
もちろん、いろいろな理由が考えられると思います。
 
もっとも大きな理由の一つは、「思いどおりにやることを禁じられてきたから」だと言えるでしょう。
 
自分の「思い」を出すと、いつも怒られた。
 
自分の「思い」を出すと、いつも笑われた。
 
自分の「思い」を出すと、いつも責められた。
 
そのために、自分の「思い」を封じこめざるをえなかった。
 
そして、自分の「思い」がわからなくなってしまったのです。
 
世間というのは、感性が違う人に対して容赦のないものです。
 
そして、ルールや前例にしたがって、誰もがみな同じことを同じようにこなすことを要求してきます。
 
もしそこからはずれれば、容赦なく怒り、あざけり笑い、責めつづける。
 
さらにそのようなルールや前例に疑問をもとうものなら、
 
「自分勝手なことを言ってはいけない」
 
「我慢が足りない」
 
とその感性をさらにつぶしにかかる。
 
そして、
 
「私たちと同じ感性になりなさい」
 
「私たちと同じ行動をとりなさい」
 
と強要してきます。
 
幼いころから、このような抑圧をくり返されていれば・・・。
 
自分の「思い」に気づけなくなってしまうのは当然のことだと言えるでしょう。
 
だから、長年集団になじめずに苦しんできた人が思いどおりに生きるには、まず自分の「思い」に気づく必要があるのです。
 
では、どうすれば、自分の「思い」に気づくことができるのでしょうか?
 
 

┃自分の「思い」に気づくための二つの方法

 
自分の「思い」に気づくためには、二つのことを実践する必要があります。
 
一つは自分の「違和感」を大切にすること。
 
「思いどおりにやろう」と言われると、「好き」とか「やりたい」といったポジティブな「思い」をイメージするかもしれません。
 
しかし「イヤな感覚」の方が、自分の危険に直結しているために原始的で感じやすい。
 
つまり「違和感」こそが、自分の「思い」に気づく手がかりになりやすいのです。
 
いったい自分はなにに「違和感」を覚えているのか。
 
そう考えていくことが「思い」に気づくための第一歩です。
 
二つ目は「一人になること」です。
 
一人になれば、自分の感性を否定する人はいなくなります。
 
自分の「思い」が、少なくとも集団のなかにいるよりは表面に浮かびやすくなってくる。
 
だから自分の「思い」に気づくためには、一日のなかで一人で過ごせる時間を、少しずつでも、今よりもてるようにしていくことが鉄則です。
 
そうしてはじめて、思いどおりにやるためのスタートラインに立つことができるのです。
 
 

┃この社会で思いどおりに生きるには?

 
ただし、思いどおりにやろうとすると、周囲の人から反発されます。
 
ましてや「思いどおりに生きる!」と宣言しようものなら、さまざまな批判を受けるでしょう。
 
身近な人から文句も言われるはずです。
 
だから、ひっそりとやりましょう。
 
さりげなく世間から脱け出して、その外側から都合のいいところだけで世間とかかわっていけばいいのです。
 
私のオススメする「脱世間起業」は、まさにそのための秘策と言えるでしょう。
 
一人で稼ぐチカラを身につけて、自分の思いどおりに生きるのです。
 
今までは「言われたことを上手にこなす人」が成功する社会でした。
 
つまり、思いどおりにやると、学校や会社から弾き出されて、まともに生きていくのも危ぶまれるような状態だったのです。
 
それがインターネットやプラットフォームの発達で、感性が違う人も「思いどおり」にやれるようになってきた。
 
集団になじめない人も、のんびりとうまくやっていける時代になった。
 
これは、とてつもなくラッキーな状況だと言えるでしょう。
 
 

┃思いどおりにやってうまくいくのは才能のある人だけ?

 
にもかかわらず、「言われたことを上手にこなすにはどうしたらいいか?」と悩んでいる人が、今でもたくさんいます。
 
そして、集団になじもうと必死の努力をつづけているのです。
 
なぜなら「思いどおりにやったら生きていけない」と思いこまされてきたからです。
 
思いどおりにやった方がうまくいく人がたくさんいるのに、です。
 
こんなお話をすると、
 
「思いどおりにやってうまくいくのは才能のある人だけだ」
 
と感じる方もおられるようです。
 
もしかするとそれは「うまくいく」の定義を、いわゆる世間の言う「成功」に重ねてしまっているからかもしれません。
 
つまり「大金を稼ぐ」「著名になる」といったイメージですね。
 
私たちはもう、そういう「成功」のイメージにとらわれなくてもいいのではないでしょうか?
 
それは結局、ステレオタイプにハマるということです。
 
それでは、また同じことのくり返しになってしまうでしょう。
 
たとえば、集団になじめず思いどおりにやりたいと願うAさん。
 
Aさんは、一大決心をして会社を辞めました。
 
にもかかわらず、「成功」という言葉に釣られて有名な自己啓発セミナーに通いはじめます。
 
そして結局、講師の言われたとおりに言われたことを上手にやろうとしてしまった。
 
その結果「成功したい人」のステレオタイプになってしまい、自分の「思い」を見失い、その集団のなかの「その他おおぜい」の一人として、成功もできずに終わってしまったのです。
 
もちろん、そのようななかでもほんの一握りの「成功者」は生まれるでしょう。
 
そして、そのような人が、
 
「思いどおりにやったらうまくいった!」
 
と勘違いをして、同じような自己啓発セミナーを開き、苦しむ人を増やしていくという負の連鎖を生み出していくのです。
 
 

┃まずは「思い」を大切にする

 
本当に思いどおりにやりたければを「成果」を気にせず、まずは「思い」をしっかりと見てあげましょう。
 
それこそ年収やらフォロワー数といったよく耳にする「成果」に引っ張られずに、いかに「思い」を大切にしてあげられるか。
 
それが重要なのではないでしょうか。
 
そのなかで、生きていればどうしたって「思い」と「成果」のバランスを取らなければならない分かれ道が必ず現れます。
 
「成果」はそのときはじめて気にすればいいのです。
 
もちろんこれは、むやみやたらに人を傷つけてしまうような「思い」でも、とにかく実行してしまえと言っているわけではありません。
 
それは、ご賢明なあなたなら充分理解してくださっていることと思います。
 
ただ「成果」を気にして自分の「思い」を頭から封じこめていたら・・・。
 
それは、あなたが長年苦しめられてきたことを、自分自身にしつづけていることに他ならないということです。
 
だからまずは「思い」を大切にする。
 
「思い」の声に耳を傾ける。
 
そのうえで、しっかりと「思い」と「成果」の納得のいく落としどころを見つけていく。
 
「思いどおりやる」ためには、それが欠かせない「たしなみ」なのです。
 
それでは今夜も信夫 克紀さんに、『心地よい人生』が訪れますように。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

 
【残り2席!】
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催
 

生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう
90.「ありのままの自分」というやっかいな問題
91.「お金」以外に8つの基準をもとう
92.どうしてこんなにつらいのに誰にも伝わらないのだろう?
93.仕事が恐い、職場が恐い - その恐怖の正体と解決策
94.「恩知らずな人」を許せない
95.他人を不愉快にさせてしまう
96.「等身大の自分」という言葉にひそむ罠
97.有効な「貯金」の仕方を身に着けよう
98.「なぜ怒っているのかわからない」と言われてしまう
99.頑張っているのに結果が出ない・・・
100.自分を「弱い」と感じている人へ
101.集団になじめないなら「思いどおり」にやろう
 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。