考え方のパターンを変える技術

 

思考のアミダくじ書きかえ法

 

考え方のパターンの画像

 

第8回
根本的な考え方のクセを直す方法

 
私たちの脳の中にある思考のアミダくじには、
 
『根本的な考え方のクセ』
 
が埋め込まれています。
 
特に心の不調に悩む人の
思考のアミダくじには、
 
「逃げてはいけない」
「立ち向かわなくてはいけない」
「休んではいけない」
 
という『根本的な考え方のクセ』が
埋め込まれていることがとても多いのです。
 
あなたはどうでしょうか?
 
今回は、私たちを苦しめる
この『根本的な考え方のクセ』を
思考のアミダくじから取り除く方法を
ご紹介いたします。
 
その方法とは。
 
ある法則にそって
“目標” を設定し 、
 
ある法則にそって
“行動” をおこすのです。
 
この二つの法則にそった“目標” と“行動” で、
思考のアミダくじから『根本的な考え方のクセ』が
自ら勝手にはずれていってしまいます。
 
経験すると解りますが、
これは本当に快感です。
 
ではこの二つの法則とは、
いったいどんなものなのでしょうか。
 
まずは、“目標の法則” を
見てみましょう。
 
それは、
 
『ありたい自分』
 
を設定するという法則です。
 
『ありたい自分』?
いったい何でしょう?
 
私たちは目標を設定するときに、
ついつい、
 
『なりたい職業』
『したいこと』
『欲しい物』
 
から設定してしまいますよね。
 
これらの目標を達成するためには、
試験に合格したり資格を取ったり、
お金を得る必要があります。
 
人の許可が必要になってしまう。
 
つまり、
 
“不自由”
 
な状況になってしまうのです。
 
あなたもすでにご存知の通り、
私たちの脳がもっとも嫌い
冷静に行動できなくなる状況が、
 
『自分ではどうにも出来ない状況』
 
という “不自由” な状況です。
 
この状況では、
『根本的な考え方のクセ』を
はずすどころの話ではありません。
 
そこで、目標には、
 
『ありたい自分』
 
を設定するのです。
 
『ありたい自分』とは、
将来の目指すべき自分の『心の状態』です。
 
あなたの『心の状態』ですから、
誰の許可も必要なく、すべてあなたが決めることができます。
 
つまり完全にあなたの “自由” です。
 
あなたが 真に“自由”な目標を設定することで、
不自由の象徴である 『根本的な考え方のクセ』 が、
思考のアミダくじからボロボロと勝手にはずれていくのです。
 
しかし、『ありたい自分』を自由に設定しても、
いつの間にか、不自由な 『根本的な考え方のクセ』 の
内側に引きずり戻されてしまう可能性があります。
 
いえ、たぶんその確率の方が高いでしょう。
 
アミダくじの横棒が、
完全にははずれきっていないからです。
 
それほどまでに、
アミダくじの横棒は強力なのです。
 
その時に役立つのが、
2つ目の法則。
 
“行動の法則”です。
 
次回は、この“行動の法則”について
ご紹介いたします。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ