TOP | コラム一覧 | Brain with Soul現象 | 濃さの違い


この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第3回
濃さの違い

 
今回は、『 世界=自分』という感覚について、もう少し解りやすく説明したいと思います。
 
私たちが実際に日々見ている、この世界。
 
目の前の物や景色を使って、『 世界=自分』という感覚を表現してみたいと思います。
 
あまり厳格に考えずに、一つの例え話だと思って気軽に読んでください。
 
あなたは、空を見るのはお好きですか?
 
晴れた日の空は、青く見えます。
 
夕暮れ時は、赤く見えます。
 
これは、光の波の長さが違うから、
 
そんなことを、理科で教えてもらいましたよね。
 
光の波が、波打ちぎわに寄せるような短い波の時、私たちには光が青く見えます。
 
かわって、沖合で大きく揺れるような長い波の時、私たちには光が赤く見えます。
 
晴れた日に昼の空が青く見えるのは、空気中に浮かんだ細かい物質のせいです。
 
太陽と地球の距離が近いため、細かい物質に光が反射して、短い波のまま地表に届くのです。
 
それで青く見えるわけです。
 
その物質がもっとたくさん集まると、光が乱反射して白く見える。
 
『雲』になるわけです。
 
つまり、『空』の濃いぃところが『雲』なのです。
 
決して、青い空に白い雲が浮かんでいるのではない。
 
ここから空、ここから雲と、明確に分かれているわけではない。
 
空と雲は、濃さの違いなのです。
 
さらに、その細かい物質がたくさん集まりギュッと凝縮されると。
 
それは、時に石になったり、木になったり、土になったりします。
 
そして、私たち『人間』になったりもします。
 
重たくて、青い空に浮かんでいられないから、空の延長線上である地上にいるだけです。
 
つまり、空のすごく濃いぃところが物や生物、そして私たち人間なのです。
 
すべてはつながっていて、濃い薄いていどの差しかない。
 
だから『世界』と『自分』を分けるハッキリとした境界線はないということ。
 
つまり、今目の前に広がっている物質世界ですら、『 世界=自分』と言えるような状態なのです。
 
少し大雑把な説明ですが、イメージは伝わりましたか?
 
もちろん、この説明では、肝心な私たちの『意識』がどこにも登場していません。
 
世界=自分』と納得するには、まだまだ物足りないですよね。
  
そこで次回は、いよいよ私たちの『意識』もふくめて、『 世界=自分』について具体的に説明していきたいと思います。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 
参考文献
「レイリー散乱」Wikipedia
「ミー散乱」Wikipedia
 
 
キャンセル一席発生!
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。