この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第4回
ネットワークの結果

 
今回は『意識』もふくめて、
 
『世界=自分』
 
という感覚について、
くわしく見ていきましょう。
 
この『世界=自分』という言葉。
 
世界というものと、
それを外側から見ている自分。
 
それが、
イコールで結ばれている。
 
本来別々であるはずのものが、
イコールで結ばれているわけです。
 
これが、
どうも話を解りにくくさせている
原因かもしれません。
 
そこで、世界と自分の間に、
別の言葉を入れてみたらどうでしょうか。
 
世界=それ、
自分=それ、
といえるような、
世界と自分に共通の例えです。
 
今回は、その例えに、
 
『ネットワーク』
 
という言葉を入れてみようと思います。
 
つまり、
 
『世界=ネットーワーク=自分』
 
ということです。
 
さらに今回は。
 
そのネットワークを、
『テレビの放送網』で表現してみたいと思います。
 
テレビ放送では、
よく全国同時に生放送をしていますよね。
 
画面に映像を映し出す。
 
そのテレビ画面の映像。
 
そこには、
さまざまな要素が入っています。
 
出演者やセット、
音楽やセリフ、
画像の鮮明さや明るさ、
色合いや音量など。
 
この映像を映し出すのに必要なのが。
 
『テレビの放送網』
というネットワークです。
 
そのネットワークの中には、 
撮影スタジオやテレビ塔
スタッフや出演者、
脚本家やカメラマン、
各地方の技術者やアンテナなど、
お互いに関係なさそうな
人や施設で構成されています。
 
でも、そのどれか一つが欠けても、
そのネットワークにはならない。
 
そのたった一つの
ネットワークの生み出した結果が、
テレビ画面に映る映像というわけです。
 
この映像の“内容”を変えようと思ったら。
 
撮影スタジオにいる出演者を変えたり、
台本を書きかえたり、
セットを変えればいいわけです。
 
しかし、これはなかなか
大変なことですよね。
 
また、
画面の鮮明さや色合いという、
映像の“状態”を変えようと思ったら。
 
自宅のアンテナや、
テレビを調整すれば変えられます。
 
これは、比較的簡単に
できるかもしれません。
 
では、その映像を、
あなたの
 
『意識』
 
に置き換えてください。
 
あなたの『意識』は、
宇宙、地球、外国、日本、
人間、動物、植物、物質といった、
『世界』というネットワークによって
生み出されています。
 
だから、
『意識』の内容を変えるためには、
その『世界』というネットワークの内容を
変える必要があります。
 
これは、なかなか難しいことです。
 
しかし、  
『意識』の “状態” を
変えたいのならば、
 
『自分』の脳や体、職場や家という、
身近なネットワークを調整すればできます。
 
身近な『世界』を調整すれば、
その結果として、
嫌でも『意識』が変わってしまうのです。
 
いかがでしょうか。
 
「世界=ネットワーク=自分」
 
一度読んだだけでは解りにくいかもしれません。
 
ぜひ、何度も何度も読んでみてください。
 
もちろん、
今回も身近なものを使った例え話です。
 
『世界=自分』を、
完全に表現できているわけではありません。
 
ネットワークという、
どこか『自分の外側』をイメージさせるような
説明の仕方でもありました。
 
そこで、次回は。
 
自分の内側、
意識の内側から『世界=自分』を
実感してもらえるようなアプローチで説明してみたいと思います
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ