この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第20回
意識の内容が決まる仕組み

 
前回は、
 
『意識画素』
 
についてお話ししました。
 
脳内のプロセスが、
『意識画素』を生み出し、
 
それが集まって、
 
『一つの意識』
 
になる、と。
 
では、
意識の内容の複雑な割合は、
いったいどのように決まるのでしょうか?
 
“感情”を例にとってみましょう。
 
脳内のプロセスで生まれる
『意識画素』の 
一つ一つには性質があります。
 
例えば、
 
『怒り』の性質、
『喜び』の性質
『恐怖』の性質、
『悲しみ』の性質、
 
などなど…。
 
それらの『意識画素』の中で。
 
同じような性質を持つものが、
ある一定の量、集まると、
 
それがいわゆる、
 
“感情”
 
となって意識の中に現れる。
 
つまり。
 
意識画素の、
同じような性質を持つものが、
 
『意識画素グループ』
 
ともいえる集団となったとき、
意識の中で存在感を増す、
 
ということです。
 
怒りの性質を持つ
『意識画素』がたくさん生まれれば、
 
怒りの性質を持つ
『意識画素グループ』を構成し、
 
あなたの意識の中に、
『怒りという感情』が現れる。
 
同様に。
 
生きづらい性質を持つ、
『意識画素』がたくさん生まれれば、
 
生きづらい性質の
『意識画素グループ』を構成し、
 
意識の中に、
生きづらい感情が現れます。
 
その勢力が増せば増すほど、
他の感情をしのぎ、
 
やがて意識は、
 
“生きづらさに覆われる”
 
ということになってしまうのです。
 
これが、
『意識画素』によって、
意識の内容が決まっていく仕組みです。
 
ではなぜ、生きづらい人には、
生きづらさを感じる
『意識画素』ばかり生まれてくるのでしょうか?
 
次回は、
その仕組みについてお話ししたいと思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ