TOP | コラム一覧 | Brain with Soul現象 | ウォントユニット


この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第26回
ウォントユニット

 
前回紹介した
ニードユニットが活性すれば、
モラルユニットがしずまってきます。
 
しかし、
それだけでは足りません。
 
なぜなら、
ニードユニットのもたらす、
“静かで穏かな落ち着き”
だけでは社会生活の中で対応し切れないからです。
 
そこで活躍するのが、
 
ウォントユニット
 
です。
 
つまり、
何かを欲しがる時に、
働くユニットです。
 
ではいったい、
何を欲しがる時に、
ウォントユニットは活性するのでしょうか。
 
それは、
 
『かいらく』
 
です。
 
昨今の
社会的なブームの一つとして、
この『かいらく』を控えようという
動きも多くみられますよね。
 
ただし、 「かいらく」が
悪いものになるのだとしたら、
 
それはあくまでも、
質と量の問題です。
 
ではいったい、
どんな『かいらく』を、
どの程度欲しがればいいのか。
 
それは、
 
『ひつよう』という料理を、
よりおいしくしてくれる
スパイスとなる程度の『快楽』です。
 
実は『ひつよう』がもたらす
“静かで穏かな落ち着き”は、
モラルが重視される社会生活の中において、
吸引力が弱いのです。
 
だからずっとずっと単独で
活性させることはとても難しい。
 
そこで『かいらく』という
スパイスを利用することで、
より『ひつよう』を優先させられるようになる。
 
つまり、
モラルユニットを
しずめやすくなるということなんです。
 
ニードユニットと、
ウォントユニットを
日々活性させていれば、
 
モラルユニットは、
働く場を失っていき、
自然としずまっていきます。
 
使われなくなったユニットは、
やがて活性しにくくなってきます。
 
すると、
毎日生み出される意識画素は、
ニードユニットと、
ウォントユニットからのものが
中心になってきます。
 
つまり意識の中心が、
『生きる』ために
『ひつよう』なことがもたらす、
“静かで穏かな落ち着き”と、
 
それにいろどりを添える、
“適度なかいらく”が中心になってくる。
 
そして、
生きづらい人生が、
心地よい人生へと変わっていくのです。
 
ただし、
ウォントユニットを活性させるには、
ある『宿命』があることを、
十分に理解する必要があります。
 
それは、
どのようなものなのでしょうか?
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。