TOP | コラム一覧 | Brain with Soul現象 | 今っぽいもの


この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第29回
今っぽいもの

 
今までこのコラムでは、
 
生きづらさから脱け出すために、
意志や感情というものを通して
この世界の仕組みを見てきました。
 
そして、
脳の扁桃体ユニットといった、
心の空間を広く自由に飛ぶための
仕組みについても詳しく見てきました。
 
とはいえ…、
 
やはり、
今、自分の前に
ありありと見える『この世界』とは、
いったいなんなのだ?
 
手に触れ、ぬくもりすら感じる、
明らかに『目の前に在る』この世界とは、
いったいなんなのだ?
 
そんな根本的な疑問が、
心の中央にドスンと
残ってしまっているのではないでしょうか。
 
確かに、
 
「目の前にあるこの世界は何なのだ」
 
と問われると、
今まで見てきた内容だけでは、
やはり上手く説明できないような気がします。
 
そこで、いよいよここからは。
 
目の前にありありと見える
『この世界』そのものの仕組みについて、
詳しく見ていきたいと思います。
 
その先に、
自分がなぜ『この世界』の中で
生きていくのかという、
 
『生きる意味』
 
の手がかりが見つかるかもしれません。
 
目の前の『この世界』。
 
あなたは、今、
目の前に三次元の空間を
感じ取っていることでしょう。
 
そして、同時に、
刻々と流れていく時間を、
感じ取っていることでしょう。
 
まさに『今』、この瞬間も。
 
では、この『今』とは、
いったい何なのでしょうか?
 
私は『意識の正体』の中で、
 
「意識が感じ取る0.4秒前に、
 脳は意志を決めている」
 
というお話をしました。
 
これは、私たちが自分では
『今』だと思っていた『今』は、
実は『今』ではなかったということです。
 
あなたは、
この話を目にしたとき、
何だか不思議な気持ちになったかもしれません。
 
もしかすると、
不安にもなったかもしれません。
 
『今』は、
『今』じゃないのか…、と。
 
では0.4秒前が、
『今』なのでしょうか?
 
そんなことはありません。
 
それぞれの感覚器官から入った情報が、
脳へたどり着く時間は、
まったく一緒ではありません。
 
わずかながら、
少しずつずれています。
 
そのような、
バラバラのタイミングで
受け取った情報を組合わせたものを、
あなたは『今』だと感じている。
 
つまり、
 
あなたの意識に映る『今』は、
違う時間に存在していた情報を
合成して造り上げられた『今』なのです。
 
言い換えれば、それは、
『今』があるというよりも、
 
『今っぽいもの』
 
があるだけだということ。
 
それが、普段、
私たちが感じている『今』です。
 
では、
私たちが感じていないとき。
 
私たちの意識をとおさないとき。
 
そこにはいったい、
何があるのでしょうか。
 
独立した『今』があるのでしょうか。
 
純粋な『今』という時間が、
存在しているということなのでしょうか?
 
誰にも見られることも、
聴かれることも、
触れられることもない、
 
とてもさみしい
『今』の空間があるのでしょうか。
 
それとも、
何か別のものがあるのでしょうか。
 
何もないのでしょうか…。
 
この問いに答えるためには、
『今』のおおもとである、
 
『時間』
 
について見ていく必要があります。
 
時間とは何なのか?
 
次回はそのことについて、
探っていきたいと思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。