この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第30回
時間とは?

 
私たちは普段、
時間を感じて生きています。
 
たとえ手に取れなくても、
目に見えなくても、
 
私たちの生活の奥底で、
絶えず進みゆき、
変わらず流れているもの。
 
あなたもきっと、
そんな時間の存在を感じながら、
日々を送っているのではないでしょうか。
 
その流れる時間の中の
ある一点が、
 
意識の中に『現実』として
表現される瞬間。
 
あなたは、
それを『今』だと感じるわけです。
 
しかし、
その『今』は、合成された
『今っぽいもの』に過ぎなかった。
 
だとしたら、『今』は、
どこにあるのでしょうか?
 
私やあなたの意識が、
決して触れることのできない、
“正しい時間”の上に
存在しているのでしょうか。
 
意識の内側にある
この世界の中で、
時間とはいったい何なのでしょうか?
 
それは、
こう表現できるでしょう。
 
時間とは、
 
『手段』
 
である、と。
 
これだけでは、
何のことだか解りにくいですよね。
 
ここで、あるものに例えて、
時間とは『手段』である
ということについて考えてみましょう。
 
あなたには、
大好きな曲がありますか?
 
この曲を聴くと、
気持ちが安らぐ。
 
この曲を聴くと、
懐かしいあの頃を思い出せる。
 
そんな曲が、
ありますでしょうか。
 
あなたが、
その大好きな曲を聴くためには、
 
どうしても時間という
『手段』を用いる必要があります。
 
あなたの大好きな曲は、
この世界の中にすでに存在しています。
 
Waveファイルや、
MP3ファイルにもなっています。
 
CDとして発売されていれば、
そのCDを手に取ることもできます。
 
すでにそこにあるのです。
 
しかし、
 
その中に入っている曲を聴くためには、
どうしても『時間』が必要になるのです。
 
どんなにMP3ファイルを、
プレイヤーに入れても、
時間がなければ再生できません。
 
どんなにCDを、
CDプレイヤーにセットしても、
時間がなければ再生できません。
 
時間という『手段』を使わなければ、
その曲はこの世界の中で表現されない。
 
その曲を表現するためには、
時間という『手段』が
どうしても必要になってくるのです。
 
もちろん、
映画でも同じことが言えるでしょう。
 
あなたの大好きなあの映画は、
すでにこの世界に存在しています。
 
DVDやBlu-rayといった、
ディスクに収められています。
 
そのディスクを、
手に取ることもできる。
 
「この映画」が好きだと、
友人に指し示すこともできる。
 
しかし。
 
やはり、
 
その映画を観るためには、
どうしても時間という
『手段』を使う必要があるのです。
 
どんなにすでに存在していても、
それを表現するためには、
時間という『手段』が必要なのです。
 
同じように、
 
この世界を、
意識の中で表現するためには、
時間という『手段』が必要だということ。
 
つまり時間とは、
 
この世界を
意識内において表現するための、
『手段』なのです。
 
この世界の内容を表現するための、
一つの『手段』だということです。
 
奥底に流れる時間に、
私たちの日常空間が乗っかり、
共に流れているわけではない。
 
この日常空間が、
時間によって
再生されているということ。
 
すなわち、私たちが、
何時何分何秒と呼んでいる『時刻』は、
流れる時間の上にある一点を
指しているわけではなく、
 
私たちが過去や未来と呼ぶ
すべてのこの世界の状態の中から、
特定の状態を取り出す目印なのです。
 
だから、
 
時間がまずあって、
それが常に流れているわけではない。
 
世界がまずあって、
その内容をある一定のルールで
意識の中にズラッと並べている。
 
それを、私たちは、
連続して絶え間なく流れている、
 
『時間』
 
だと感じているのです。
 
しかし、ただ並べればいい
というわけではありません。
 
あるルールにのっとって
並べなければ、
あなたは時間を感じられないでしょう。
 
あるルールにのっとることで、
意識の中で違和感なく
『現実』として表現されています。
 
そして、私たちは、
時間を“流れている”とすら感じ、
 
目の前にある『現実』を、
常に『今』だと感じられているのです。
 
では、そのあるルールとは、
いったい何なのでしょうか?
 
いえ、その前に、
いったいそのルールにのっとり、
意識に何が読み込まれているというのでしょうか?
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ