この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第31回
信号

 
この世界は、
時間という『手段』を使って、
意識に表現されている。
 
前回は、
そんなお話をしました。
 
時間の流れがまずあって、
そこに私たちの日常空間が乗り、
一緒に流れているわけではない。
 
この世界の状態がまずあって、
それを目印やルールにそって並べたもの。
 
それが、意識において、
『現実』として表現される。
 
時間は、
そのための『手段』だ、と。
 
私たちは、
その並べられた
世界の状態を観ることで、
時間の流れを感じ、
 
あたかも時間が
存在するかのように感じる、
というわけです。
 
あなたも、
器用なクラスメートが、
教科書のハシに書いた、
パラパラマンガを見たことがないでしょうか?
 
もしかしたら、
ご自分で書いたこともあるかもしれません。
 
ページを素早くめくり続けることで、
まるでその絵が動いているように見える。
 
そして、
そこに時間を感じるわけです。
 
ただし、すべての絵は、
すでにそこにあります。
 
すでにあるのです。
 
しかし、
それが一つの物語として
表現されるためには、
 
どうしても、
時間が必要なのです。
 
それが、
「時間は手段である」
ということの意味です。
 
では、
私たちの意識において、
 
パラパラマンガの
『絵』にあたるものとは、
いったい何なのでしょうか?
 
時間という手段を使い、
意識はいったい
何を並べているのでしょうか。
 
意識はいったい、
何を映し出しているのでしょうか。
 
あなたの意識の中に
読み取られる『現実』とは、
いったい何なのでしょうか。
 
それは、
 
『信号』
 
です。
 
私たちは、
『信号』を読み取って、
意識の中に表現をしているのです。
 
『信号』を読み取り、それを、
意識として映し出しているのです。
 
ここで、
一つ気をつけたいことがあります。
 
それは決して、
この世界がデジタルで出来ている、
と考えたり、
 
目の前の世界が、
映画『マトリクス』のように、
プログラムされた別の意識空間だと
言っているわけではない、ということです。
 
はじめに申し上げたとおり、
このコラムは、
 
生きづらさを脱け出すために、
自然史に当てはめて、
この世界の仕組みを理解する、
という目的を持っていましたよね。
 
だから、
『信号』という言葉も、
 
あくまで、私たちが
この世界の仕組みを
理解するめに必要な、
一つの表現技法に過ぎない、
 
その程度でお考えください。
 
さて、あなたは、日々、
目覚めているあいだ、
絶えることなく、
 
さまざまなものを見て、
音を聞いているでしょう。
 
においもかぐでしょうし、
食べ物も味わい、
物にも触れるでしょう。
 
あなた感じている、
そのすべてが『信号』なのです。
 
例えば、
あなたの目の前に、
赤いカップがあるとします。
 
これは、
『赤いカップ』が実際に
目の前にあるのでしょうか?
 
カップが、
赤い色をしているのでしょうか?
 
そうではありませんよね。
 
カップに光があたり、
赤以外の色を吸収し、
赤だけが反射した結果、
あなたに赤く見えているわけです。
 
つまり、
『何の色もないカップ』に、
光が当たって赤く見えているだけ。
 
言い換えれば、
それは、
 
“赤い『信号』”
 
を発しているだけ。
 
それをあなたの目が“受信”し、
意識に『赤いカップ』として
表現しているわけです。
 
では、あなたの目の前には、
『何の色もないカップ』という、
何だか不気味な物体が
置いてあるということでしょうか。
 
その物体が、
そのカップの形をして、
その位置に置いてあるということでしょうか。
 
いえ、
 
『形』も『位置』も、
やはり信号なのです。
 
その『形』であるという信号と、
その『位置』であるという信号、
 
それをあなたが読み取って、
意識において、
 
『その形で、その位置にある赤いカップ』
 
として表現しているのです。
 
それは、音も、
においも、味もそう…、
 
すべては『信号』なのです。
 
すべては、
『信号』という状態で、
この世界に存在しているのです。
 
言うなれば、
私たちは常に、
 
『信号にさらされて生きている』
 
ということになるでしょう。
 
人間は、それを読み取って、
意識に表現しなおしているのです。
 
これは、
日常空間で例えると、
人間は、
 
“温度計”
 
のようなものと
いえるかもしれません。
 
温度というものは、
目に見えません。
 
手に取ることもできません。
 
そこにあるのは、
『状態』です。
 
つまり、
『信号』があるだけです。
 
それを温度計が読み取り、
何℃ですという数字で表現しなおす。
 
つまり、
『信号』を受け取り、
別の形で表現しなおしているのです。
 
まさに、
人間とこの世界の関係と、
とても似ていますよね。
 
この世界には、
『信号』が満ちあふれている。
 
その『信号』を、
人間が読み取り、
意識に表現しなおしているのです。
 
それを、
『時刻』という目印に合わせ、
一定のルールで並べることによって、
 
意識において、
現実が映し出され、
 
そこに時間の流れが、
感じられるのです。
 
では、いったい、
 
現実を映し出し、
時間の流れを感じさせる
その“一定のルール”とは、
いったい何なのでしょうか?
 
 
Brain with Soul代表
 
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。