この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第32回
物理空間プログラム!?

 
この世界は、
『信号』に満ちあふれている。
 
その『信号』を読み取り、
意識という形で表現しなおしている。
 
それが意識と、
この世界との関係だと、
前回お話ししました。
 
ただ、
それを読んであなたは、
こんな疑問をお持ちになったかもしれません。
 
「では、その信号を
 読み取っているのはいったい誰だ?」
 
確かに、
読み取られる信号があるのならば、
 
それを読み取るものも
いなければなりません。
 
いったい誰がどこから、
その信号を読みっているのか?
 
信号を読み取っているもの。
 
それは、
もちろん人間です。
 
私たち人間が、
信号を読み取り、
脳で意識を産み出しているのです。
 
ただし、
 
ここで解りにくいのは、
人間そのものも『信号』だということ。
 
あなたも、私も
『信号』だということです。
 
そして脳も、
『信号』だということです。
 
つまり、
“読み取る側”が、
“読み取られる側”でもある。
 
以前、例えとして使った、
“CDに入った音楽”と、
決定的に違うのは、この点です。
 
つまり、
人間とこの世界の関係においては、
 
CDの音楽の中に、
CDプレーヤーも、
聴く人も入ってしまっている、
 
ということになります。
 
つまり、
色、形、におい、位置といった
信号だけではなく、
 
信号を読み取る仕組みも、
それを映し出す画面も、
それを観る者すらも、
みんな同じ場所に存在しているのです。
 
そして、
“読み取る側”が、
“読み取られる側”を映し出す。
 
自らをもふくめて、
映し出すのです。
 
そのとき、信号は、
『時刻』という目印ごとに、
結びつけられています。
 
その結びつけられた信号が、
一定の『ルール』にしたがって
意識に並べられていくことで、
 
信号は『現実』にかわり、
そこに時間の流れという感覚が
生じるのです。
 
その感覚を生じさせる
一定の『ルール』こそが、
私たちが古典的な
 
『物理法則』
 
と呼んでいるものです。
 
未来も過去も含めて、
この世界の中に満たされた信号。
 
それが意識に読み取られ、
映し出され、
『物理法則』というルールに
したがって並べられた状態。
 
それが私たちにとっての
『現実』であり、
『世界』なのです。
 
その現実と世界を感じているものを、
『自分』と呼ぶのです。
 
そして、
その状態を、私たちは、
時間が流れていると感じるのです。
 
例えば、
目の前にあるガラスのコップが、
テーブルから落ちて割れる。
 
粉々にくだけ散る。
 
つまり、
この世界の信号が、
『物理法則』という一つのルールに
したがったとき。
 
私たちは時間の流れを感じます。
 
『現実』を感じます。
 
このルールは、
『因果』という言葉で、
言い換えることもできるでしょう。
 
つまり、
原因があり結果が生じる。
 
もしそのコップが、
はじめから床で粉々に砕けていて、
次の瞬間コップの形になり、
テーブルに戻ったら。
 
私たちは混乱します。
 
『因果』で理解できないからです。
 
もしくは、
コップが床に着いた瞬間に、
バラの花束に変わったら。
 
『現実』かどうか、
しばらく信じられないでしょう。
 
手品かと考え、
タネを探すかもしれません。
 
つまり、
“原因”を見つけようとするのです。
 
もし、
それが見つからないとき。
 
それでもやはり、
自分の知らない“原因”があると
考えようとするでしょう。
 
もしくは、
 
この『世界』を、
そして『自分』を疑うでしょう。
 
この世界は、
信号という状態です。
 
流れる時間もありません。
 
それを『物理法則』という
因果にしたがい、
意識に表現しなおした状態。
 
それを私たちは、
 
“正常な現実”
“正常な世界”
“正常な時間”
 
と呼んでいるのです。
 
そしてそれを感じているものを、
 
“正常な自分”
 
と呼んでいるのです。
 
もちろんこれは、
“正常な現実や世界”を
人間に感じさせるために、
 
『物理法則』が存在している
という意味ではありません。
 
人間はこの世界を、
このような仕方でしか
とらえることができないだけだ、
ということです。
 
その結果として、
「これが正常だ」と感じている。
 
あくまでも、
自分たちの前に広がる情景をもとに、
その自分たちの感覚を中心にして、
 
「これが現実」で、
「これが世界」で、
「これが時間」であると、
 
この世界を
とらえてしまっているに過ぎません。
 
世界は見たまま、感じたまま、
この通りに存在し、
時間は絶え間なく流れている。
 
その見たまま、
感じたままの空間に
人間は生まれ、存在している。
 
それこそが、
この世界だと信じている。
 
自分がいて、
その自分の“外側”に、
世界があるのだ、と。
 
しかし、
そう考えている限り、
 
生きづらさから
脱け出せないことは、
すでに見てきたとおりです。
 
『世界=自分』。
 
この世界には、
信号がまずあって、
 
それを読み取ることで、
現実や世界が意識に映し出される。
 
そして、
 
信号を読み取り、
意識に映し出す自分でさえも、
信号として存在している。
 
信号を読み取る仕組みも、
それを映し出す画面も、
それを観る者すらも、
みんな同じ“場所”に存在している。
 
それは言うなれば、
 
『物理空間プログラム』
 
とも呼べる “場所” なのです。
 
そこには、
『物理法則』という
一定のルールが働いています。
 
では、その“場所”とは、
いったいどんな存在なのでしょうか?
 
仏教などで語られるような、
いわゆる『空』(くう)と
同じようなものなのでしょうか?
 
また、
『物理法則』にしたがう
その“場所”において、
夢や想像というイメージの世界は、
どのように説明されるのでしょうか?
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ