なぜ自分ばかりが苦しいのか?

 

虐待の後遺症のイメージ

LinkIcon目次はコチラ 
 

虐待の後遺症

 

第3回
人に嫌われてしまう(後編)

 
虐待の後遺症を抱える方が、
人に嫌われてしまうという問題。
 
この難しい問題にたいして、
私たちはいったいどのように
取り組んでいけばいいのでしょうか?
 
まずは、
この問題を解決するために、
誰もが取り組む、
よくある2つの方法をみてみましょう。
 
一つ目は、
『相手に好かれようとする』
という解決方法です。
 
確かに周囲の人に、
自分のことを好きになってもらえれば、
人に嫌われるという問題は解決します。
 
そこで、
自分の良い点をアピールしてみる。
優れた点をアピールしてみる。
 
何が得意で、
こんなすごい経験をして、
こんな実績ももっている。
 
口先だけではなく、
仕事は率先しておこない、
誰よりも早く終えて、
自分の優秀さを周囲の人に示す。
 
明るく元気に
大きな声で話をして、
誰にでも親しく声をかける…。
 
もうお気づきのことと思いますが、
これらの行動は虐待の後遺症である、
『自己顕示』そのものになってしまっています。
 
これが自然に無理なく、
嫌味なくできる人も確かにいます。
 
しかし、逆に、
意識してやればやるほど、
その不自然さが目につき、
押しつけがましさは目にあまり、
 
その結果、努力は報われず、
余計に嫌われてしまうのです。
 
残念なことです…。
 
そこで二つ目の方法。
 
こんどは、
『自分を変えてみる』
という方法に取り組んでみようと
思い立ちます。
 
迎合、攻撃、自己顕示、
心の領空侵犯。
 
これらの行動を、
自分の中から消し去ろうとする。
 
そんな行動をとらない自分に
変わろうと努力する。
 
しかし、この方法も、
なかなかうまくはいきません。
 
なぜなら、
前回お話したとおり、
『自尊心』がしおれている限り、
 
迎合、攻撃、自己顕示、
心の領空侵犯という行動を、
 
“自然と”
 
とってしまうからです。
 
それこそが、
虐待の後遺症だからです。
 
しかもそれらの行動は、
普段の行動全体に広まっていて、
その回数があまりにも多すぎて、
とても一つ一つに対応しきれないのです。
 
にもかかわらず、
自分を変える努力を続けてしまう。
 
でもうまくいかない。
 
努力を続ける。
 
でもうまくいかない。
 
やがて、
その無理が限界をむかえ、
 
激しい怒りを
周囲にぶちまけてしまったり、
大声で泣きわめいたりして、
決定的に嫌われてしまうのです。
 
一つ目の
『相手に好かれようとする』
という方法も、
 
二つ目の
『自分を変えようとする』
という方法も、
 
いずれも、
努力に努力を重ねた結果、
より嫌われてしまう。
 
そんな報われない状態に、
なってしまうことが多いでしょう。
 
では、いったい他に、
どのような方法があるのでしょうか。
 
人に嫌われてしまうという問題に、
虐待の後遺症を抱える方は、
どのように取り組んでいけばいいのでしょうか。
 
実は、
その問題解決のためには、
 
“4つの取り組み”
 
が必要になってきます。
 
順に説明してまいりましょう。
 
まずはじめに取り組むべきこと。
 
それは、
 
『Don't』と『Can't』の違いを知る、
 
ということ。
 
例えば、
人に嫌われてしまうという問題は、
言いかえれば、
 
“良好な人間関係を築けない”
 
ということです。
 
果たしてこれは、
 
良好な人間関係を
築こうと思ったらできる、
 
もっと努力すればできる、
 
でも「やらない」、
 
ということなのか、
 
そもそも良好な人間関係を
築くことが「できない」
 
ということなのか。
 
『Don't』なのか、
『Can't』なのか、
 
そのどちらなのかを、
しっかりと見極めるということです。
 
もし『Don't』なのだとしたら、
さらに努力を続けていけば、
いつか人に嫌われなくなるでしょう。
 
しかし、
もし『Can't』なのだとしたら。
 
いくら努力しても、
人に嫌われつづけるでしょう。
 
そこで、
二つ目に取り組むこと。
 
もし『Can't』なのだとしたら、
それこそが“自分”なのだと自覚する。
 
その“自分”を受け入れる。
認めてあげるということ。
 
過去の自分や、
将来、目標としている自分ではなく、
その『Can't』を抱えた自分こそが、
 
“今の自分”
 
だと自覚するのです。
 
受け入れ、
認めてあげるのです。
 
そして、
三つ目に取り組むこと。
 
それは、
 
『努力の方向を変える』
 
ということ。
 
私たちは、
問題の解決方法を、
 
知らず知らずのうちに、
『世間一般』の常識に合わせる
傾向があります。
 
つまり、無自覚のうちに、
『世間一般』の常識という方向に
合わせて努力を始めてしまうのです。
 
人に嫌われるという問題であれば、
それを解決するために、
 
『良好な人間関係を築こう』
 
という努力を始めることになります。
 
しかし、もしこれが
『Can't』ならば。
 
この方向を変えなければなりません。
 
別の方向を探しあて、
その方向へと努力する必要があるわけです。
 
『自分固有の方向』を見出し、
その方向にこそ努力していくのです。
 
そうしてはじめて、
良い結果がついてくる。
 
自分に合った問題の解決方法で、
自分を無理に苦しめることなく、
 
人に嫌われるという問題を
解決していけるようになるのです。
 
とはいえ、
いくら『Can't』だからといって、
 
『世間一般』の常識から、
大きくはずれた方向ばかりにむけて
努力をしていたら
 
周囲の風当たりも強くなり、
余計なトラブルを産み、
より生きづらい人生を
おくることにもなりかねません。
 
そこで、
4つ目に取り組むことは、
 
『努力の配分を考える』
 
ということ。
 
たとえば、
良好な人間関係を築くことが、
総じて『Can't』であっても、
それを形成する行動の中には、
 
一瞬であればできること、
 
一日くらいなら、
なんとか取りつくろえるもの、
 
人に会っているあいだ程度なら
我慢できるもの、
 
そんなものも、
わずかながら含まれているはずです。
 
それを見つけ出して、
一瞬だけは、一日だけは、
 
もしくは、
人と会っているあいだだけは、
 
それをできるように
(できているように見えるように)
努力するのです。
 
そして、その努力と、
 
三つ目で決めた
『自分固有の方向』への努力との間で、
 
心身のバランスを
崩さなくても済むような、
“努力の配分”を決めていくのです。
 
やがてそれは、
自分の人間関係における、
指針となっていきます。
 
そして、それこそが、
かけがえのない、
 
『自分固有の生き方』
 
となっていき、
自分に合った人間関係の
スタイルが確立されていくのです。
 
これが、
 
“4つの取り組み”
 
です。
 
実は、今ご紹介した取り組みは、
人に嫌われるという問題だけに
とどまりません。
 
虐待の後遺症を抱える人が、
あらゆる問題に取り組む上で、
共通の考え方です。
 
そして、やがて、
虐待の後遺症そのものを、
やわらげてくれる取り組みなのです。
 
自分の中の『Can't』を見極め、
その自分を自覚し、受け入れ、
努力の方向を変え、
努力の配分を決める。
 
これをつづけることで、
自分の中に生きる指針が固まってくる。
 
自分固有の基準が生まれる。
その基準にしたがう心が育まれていく。
 
そう。
 
『自尊心』を
取り戻すことができる。
 
しっかりとした『自尊心』が、
自分の中に育まれれば、
虐待の後遺症はやわらいでいきます。
 
そして、
人生の行きづまりが解消され、
生きづらさから脱け出すことができるのです。
 
人に嫌われるという問題を
あらためて例にとってみれば、
 
迎合、攻撃、自己顕示、
心の領空侵犯という、
虐待の後遺症を抱えながら、
 
『世間一般』の求める、
良好な人間関係を築くこと。
 
その方向にたいして、
努力して努力して努力して、
何年も何年も何年もトライして、
それでも築けなかったのだとしたら。
 
心身が崩れ落ちてしまったのなら。
 
それは、
 
『Can't』
 
なのです。
 
「築かない」わけでもなく、
「努力が足りない」わけでもない。
 
「築けない」のです。
 
『やらない』のではなく、
『できない』のです。
 
『Don't』ではなく、
『Can't』なのです。
 
だからその虐待の後遺症を自覚し、
“今の自分”を受け入れる。
 
その上で、
“今の自分”にできる
人間関係の築き方を探してみるのです。
 
『自分固有の方向』を見出すのです。
 
そして、その方向と、
『世間一般』の求める方向とのあいだで、
“努力の配分”を決めてみるのです。
 
そんな、
 
『自分固有の生き方』
 
を発見するのです。
 
虐待の後遺症がもたらす問題は、
本当にさまざまです。
 
その一つ一つに対して、
たった一人で『自分固有の生き方』を
発見することは確かに大変でしょう。
 
しかし、そこにはその都度、
 
「やっと探し当てた…!」
 
という、とても深く
濃密な感慨が待ち受けています。
 
そして、それとともに、
虐待の後遺症に振り回されない
『自尊心』がムクムクと
精気を取り戻していくのです。
 
そうすれば、
たとえ、そこで発見した、
 
『自分固有の生き方』
 
が『世間一般』から見て
首をかしげるようなものであったとしても、
 
自分にとっては、
味わい深く充実した生き方だと
素直に感じられる、
 
そんな、心地よい人生を、
歩んでいくことができるでしょう。
 
そのために、次回からも、
虐待の後遺症がもたらす
一つ一つの問題をしっかりと読み解き、
 
『自分固有の生き方』
 
の発見方法について、
解説していきたいと思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ